好きな本、好きな映画、おもろい人々、泣かずに遊ぼ!


by kateido2000
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

叔父が・・・

従姉妹のM子から久しぶりに電話・・・ん~?「父が死んだ」
ジュンジュン叔母が今年5月に逝った。半年後に彼女の夫も後を追った、ということか。今年の七夕に叔父は短冊に「じゅん子よ生き返ってください」と書いたそうだ。M子によると叔父の顔は安らかに笑っていたそうで、愛する奥さんに会えると安心して旅立ったに相違はない。こう書くと悲しくもに美しい話ではあるが、ところがジュンジュン叔母は「え~っ、もう来たの!」と嫌がるかもと親戚中皆思っている。マッタク叔母の叔父に対する態度といったら、そりゃ鬼嫁そのもの。叔母が私の血縁なのだが、これがあの歳で珍しく一人っ子。だもんで叔父は叔母の元には養子に入った。そういうわけで威張り放題の叔母。そんな叔母に叔父は優しく献身的に仕えた。だから叔母に先立たれた叔父は、もう生きていく希望も必要もなくなったのかもしれない。
男と女、とくに夫婦の場合妻に先立たれた男は本当に可哀想。そのてん女は花開く。夫がいなくなって、ノビノビと生き生きと生きていく。どうかすると新しい恋なぞを見つけたりもする。そんな女の人をいっぱい見ている。
逆のパターンもあるにはあるが、女は太陽で男は月。叔父はジュンジュン叔母という太陽を失って、輝くことを忘れた。
きっと黄泉の世界では2人仲良く、は無理かもしれないが、月は光を取り戻す、かな?合掌。
by kateido2000 | 2009-11-27 01:49 | つれづれ日記