好きな本、好きな映画、おもろい人々、泣かずに遊ぼ!


by kateido2000
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

JALの株価

1円まで落ちて上場廃止の憂き目にあったJAL。対岸の火事と見てられない。
わたしは10年前ANAの株を買った。優待券が欲しいだけで、株を売り買いしてもうけようなんて気はさらさら無い。多分わたしのような優待券と、ほんのちょっとの配当金を頂けたらいいわ、という人もかなりいらっしゃったはず。それなのに、1円まで落ち、あげく上場廃止とは・・!
確定申告前に野村證券から「あなたの株」とかいう名目で書類が送られてくる。それで自分の所有する株価がどんだけのもんかわかるのだ。どれどれと、久しぶりにANAの株価を見る。なんせ売る気がないから、全く興味がない。でもANAだっていつどうなるかわかったもんじゃない。ANAの株価は250円くらいだった。300円で買った記憶があるから、あらら50円下がり~?
うちの税理士のS先生はANAの株を何千株か持っていらっしゃる。S先生から時々情報が入る。それによれば1年くらい前には確か400円になっていたはず。だとすると、それから150円も落ちているのね。<破綻>という文字が浮かぶが、ま、そん時ゃしょうがないわ。
それにしてもJALが飛ばなくなると、宮崎から福岡に行くのに電車かバスかしか手段がなくなる。困る人もいるよね、きっと。その時はANAが飛ぶかな~。
うさ子(娘)が大学から関西に行き(現在までに至る)優待券欲しさに、1番便利なANAの株を買った。伊丹からの最終便はここ何年とANAが独占している。なんでだろ?国内便はANAが強くて、国際線にも参入して、国内線でマイルを貯めた人が海外にANAを使って、「あらいいじゃない」となって、どんどんJALが遅れをとったように思うが、違うか?
ところで私はもう一社株を買っている。「日東工器」という会社。1500円で買った株が何年か前からず~っと2000円で上がりも下がりもしない。ここの株主優待は「図書券」である。毎年律儀に2000円分の図書券が送られてくる。それに年2回何千円かの配当金がつく。投資額は15万円。「日東工器」は一部上場の会社に間違いはない(と思う)が、正直何をやっている会社かよく知らない。株主優待で選んだだけだから。
売ったり買ったりしない株主は、メリット、デメリットはあるかもしれないが、気楽である。
by kateido2000 | 2010-01-21 23:10 | つれづれ日記