好きな本、好きな映画、おもろい人々、泣かずに遊ぼ!


by kateido2000
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

青空市場

青空教室などに使用されるときの意味は天井が無いの意ですが、青空市場は固有名詞。
今日は雨なので駅前からバスに乗り、デパート前で降車せず、橘通り2丁目まで行く。
目指すは「へちま屋」
私の知る限りウスイのえんどう豆はもうここにしか置いてない。
豆ごはんはウスイの豆でなければいけない。こさんだけも合わせて購入。これは味噌汁。
かつて栄えた青空市場にまだ残っているお店は魚屋が1軒、鶏肉や、花や、乾物屋が1軒ずつで、正月に黒豆を買い今からはラッキョウを買う「稲口商店」など、数件が抜け落ちた後の歯の形で残っている。
代わりに居酒屋が2軒できていた。いわゆる昭和居酒屋みたいな形で。そこのスタッフが店の外で携帯で話していた。たばこを吸いながら。
咳が出るのあたし!だいたい、いいのか?!食べ物やのスタッフがタバコを吸って?
こないだ買ったカツオの刺身がおいしかったから、やっと残っている魚屋さんに行く、刺身に引いてもらう間タチウオが分厚くっておいしそう、「これもください」
「あそこの居酒屋さんの人たばこ吸うなんて信じらんない。」すっごい感じの良い、人の良さそうなご夫婦でやっているこの魚屋さんに、愚痴る。「食べ物扱うのにね~っ」
特におとうさんのほうは本当に好もしい佇まい。
「おとうさんは吸いませんよねぇ~」
そうしたらモジモジしてる。
おかあさん答えました
「吸うんですよ」
「え~っ!!!だったらここで買うのイヤかも~」
モジモジするお父さん。
「でもこの刺身引いたのはおかあ」さんのほうだったよね」
うなずくお母さん。
禁煙しようよおとうさん。残っててほしいお店だから。
向かいの乾物屋で干しわかめを買う。
「これください」
「これ国産だから高いですけどいいですか?」
「え?いくらですか?」
「810円です」
確かに高いが
「え?じゃぁ私が今まで食べていたカットわかめって国産じゃぁなかったの?!
そっちのほうにガ~ン!!
今度からカットわかめはここで買おう。
by kateido2000 | 2014-04-28 17:49 | つれづれ日記