好きな本、好きな映画、おもろい人々、泣かずに遊ぼ!


by kateido2000
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:浅田次郎( 18 )

一路

一生不離叢林 只管打坐
生涯修行の場を離れず、ひたすら座り続ける。権威とも利欲ともいっさいかかわりなく、悟りを求めて座禅に打ち込む。経文も学問も要らぬ。ただ菩提樹の下に黙して座り続けたお釈迦様に倣うて、世事煩悩を去り、おのれを滅する。
尊敬してやまぬ道元禅師の訓えを、和尚は呟き続けた。
それにしてもじきに死ぬるというになかなか煩悩が去らないのは、、、、、
同じくたばるにしてもせめて嫁が欲しかった。、、、、
いい目を見るのは、永平寺あたりからやってくる見知らぬ坊主かと思えばやはり納得はできぬ。
d0073646_21215991.jpg


相変わらず、面白すぎる。浅田次郎先生真骨頂。
こんなお坊さん現実にいれば、世の中も面白いのに…。
by kateido2000 | 2014-07-02 21:24 | 浅田次郎
浅田次郎の本を読むと、たま~にドツボにはまって、しゃくりあげて泣くことがある。
この本もそうでした。
え?どこで泣くの...なんて言われたりもするけど、人それぞれツボが違うのね。

謎めいた女の手引きで降霊の儀式に導かれた初老の男。死者と生者が語り合う禁忌に魅入られた男が魂の遍歴の末に見たものは……。
至高の恋愛小説であり、一級の戦争文学であり、極めつきの現代怪異譚――。まさに浅田文学の真骨頂!


内容は初老の男(浅田次郎氏の年回り)が、一人暮らす山奥の別荘で、出会う不思議な体験。
それが「降霊会」なのです。
戦後間もなくのころの不幸な同級生の男の子(キヨ)の死の真相がこの降霊会で解き明かされていく。
ここの件りで私は号泣したわけです。

犯入はこいつじゃない。いゃ、たしかに犯入にはちがいないのだが、事件の決着をつけた手応えを俺は少しも感じなかった。どうして
その答えは知れ切っていた。わきめもふらずに復興した日本が、キョを殺したのだ。そしてその「復興」とは、けっしで国民生活の安定ではなく、国家の威信の恢復だった。
いったい何が起こったかもわからず、昏れゆく夏空をぽんやりと見上げているこの男は、単なる実行犯に過ぎない。そして真犯人は.東京タワーを見上げ、オリンピックに浮かれ騒ぐすぺての日本国民だつた。


もうひとつのエピソードは男が若き学生時代に捨てた恋人にまつわるもの。ここいらは、「椿山課長の7日間」に似ている。
浅田次郎本人はオカルトティックなものは全く信じていないそうです。なのに彼の小説にはかなり頻繁に幽霊の類いが登場する。
あの「蒼穹の昴」にさえ。
幽霊も浅田氏が書くといきいきと面白く、切なく、いとしくなってくるから不思議。
ところで、うさ子、こないだこの本京都に置いていったけど、読み終えたかい?
d0073646_136416.jpg


<<たね坊のぬか床>>
ネットで検索して探し当てた、「たね坊のぬか床」
だめもとで購入。
かきまぜないで良い。冷蔵庫保存でOK。最初からおいしい。
などがウリ。実はわたくし、ぬかづけ大好きなんだけど、おいいしいぬかづけが売っていない。昔昔住んでいた雁が音団地の中にあった野菜やさんに、おかみさんが漬けたおいしいぬかづけが売っていた。
今は白菜漬けで食中毒をおこすというじゃない。ここはもう自分で漬けるしかない!!
といわけで、「たね坊」ぬかで漬けたキューリもニンジンも大根もたいそうおいしく、
「足しぬか」も又購入。
嫁ちゃんにも大好評。
うさ子買ってあげようか???
 d0073646_1482856.jpg
d0073646_1484885.jpg













<お中元>
今年の頂き物は大当たり。
いくみちゃんがくれた宮古島のマンゴーは宮崎のに勝るとも劣らず、美味~。
(いくみちゃんは宮古島の橋向こうの池間島出身なのだ)
コータがこないだ持ってきた福岡の葡萄は彼の同級生の実家の農園だと言う。
あたしはこれまでこんなに美味しい葡萄を食べたことがなかった。
「田中清敏巨峰園」です。
「コータ、来年もちょうだいねっ!」
d0073646_153914.jpg
d0073646_1533697.jpg
by kateido2000 | 2012-09-02 01:54 | 浅田次郎

上洛の目的

11日から京都へ行って参りました。「マンマミーア」が見たくて、マイルもたまったので、2月とってもヒマなので、京都へ行ったの~。
マンマミーアに昔何度か遊んだことのある女の人が「ターニャ」という役で出演しています。八重沢真美さんといいます。あたしが知り合ったころはまだ市村正親さんの奥様でした。これが見たかったのね。八重沢真美さんはいわば主役の1人で、ず~っとここ何年かはこの役一筋にやっています。カーテンコールのためにペンライトももらって、最後は客席全員総立ちでちょ~興奮のルツボ。
http://www.youtube.com/watch?v=3olOB_o9104

2泊しました。京都グランヴィアホテル。四季劇場と隣接しているからとっても便利。
遅くなってうさ子も来たんだけど、次女が熱発しちゃって、この後あたしは1歩もホテルから出ないで次女ちゃんの看病でした。
d0073646_0242317.jpg

<ちょっと自慢の1冊>
うとうとしている次女ちゃんを看病しながら、「プリズンホテル:春」を持参して本当に良かったと再度読み返す、この本。実は浅田次郎氏の直筆サインと落款が入ってるの。
「プリズンホテル」はあたしの座右の書だと改めて思う。この1冊(正確には春夏秋冬の4冊)があれば、どんな時でも何とかやり過ごせる、稀有な本です。浅田先生、あなたに着いていきます。
d0073646_0274588.jpg

<作中の小説>
美貌のヴァィオりニストヒと、ポルサリーノの似合う新聞記者がサンマルコ広場ですれ違ったとたんに炎のような恋におちる。カフェフローリアンのテーブルを挟んで見つめあったまま、女はいきなり言うのだ。
「アマデウスも、シベリウスも退屈だわ。あなたを愛していい?」
男はボルサリーノの庇を下げて答える。
ぼくのこの腕の中もあんがい退屈かもしれませんよ。シベリウスほどではないにしろ」
かくてて二入は「溜息の檮」の下にゴンドラを止めて、「熱く狂おしい、たがいの弦を奏でるような口づけ」を交わすのである。

クサい。クサすぎる。だがこういうクサい恋愛小説を書くことのできる作家はただものではない。・・・・。
因みにこの小説の題名は「哀愁のカルボナーラ」で続編が「郷愁のペスカトーレ」、第三部が「涙のぺペロンチーノ」と続くのです。

<オーマイゴッ!マイルが!>
往復のフライトはマイルで。
マイルで旅する場合、時間より前の飛行機でも空席があればシフトできる。
最初宮崎発15時半を予定していたけど、それでは開場に間に合わない。1つ前のフライトに空きがあったのでそれに乗り換えた。こっちはスムースにいった。
伊丹発は18時50分。17時10分に間に合いそう。それにチェンジしてもらおう。カウンターに行ったら、なんということ!!あたしは11日と13日と2枚とも宮崎発伊丹行きを手に入れていたのだ。
去年まではマイルを使う場合、往復じゃないとゲットできなかったのが、今年から往路だけでも使えるようになっていた。あたしのパソコンの操作ミスで2枚とも往路になっていたのです。どうしよう!!帰れない。
「どうにかなりませんか?」ANAのグランドホステスさんが一生懸命骨おってくれて、あたしは無事17時10分の宮崎行きの飛行機に乗れました。
マンマミーアは見たけど、伊丹と京都のホテルを往復しただけの旅行でした。
by kateido2000 | 2012-02-14 01:07 | 浅田次郎

一刀斎夢録 下

ドラえもん誕生まであと100年~、なんだって。
世知辛い。師走となればなおいっそう。
やっと「一刀斎夢録」の下巻読み終える。次ぎの人が待っている~。早く返却しなきゃっ!

「壬生義士伝」から「輪違屋糸里」・・・あれから数年、満を持して「一刀斎夢録」。新撰組三部作がここにやっと簡潔。目出度い!!

斉藤一を語り部に、その凄絶な生涯を解き明かしていく。
因みに坂本竜馬、中岡慎太郎を斎藤一がたった一人で切ったとゆう筋書きです。
浅田次郎氏は中学生のころ読んだ、子母沢 寛の「新撰組始末期」をずーっとノンフィクションだと思ってたんですって。ある日それが子母沢 寛のつくった話だと知り、いつかはご自分も新撰組を題材に書こうと思ったんですって。
だから斎藤一が坂本竜馬を暗殺したというストーリーも浅田先生のオリジナル、なんだけど本当にそうかもしれないと思わせるド迫力です。

「輪違屋糸里」にもちょこっと、「一刀斎夢録」にもちょこっと出てくる、でもかなり重要とゆうか浅田次郎のどの本でもすごく良く書かれている、「松平容保」。実は何年も前TVでこの役を風間壮夫が演って、ぞっこん惚れちゃったあたし。めっちゃ興味ある「松平容保」
大河ドラマ「江」最終回に出た、秀忠の隠し子幸松(のちの保科正之)が会津松平家の初代当主で、『会津家訓十五箇条」」はつとに有名で、「会津藩たるは将軍家を守護すべき存在であり、藩主が裏切るようなことがあれば家臣は従ってはならない」の訓えに子々孫々背くことはなく、会津の悲劇が訪れるのであります。

考えてみれば会津人が長州人とあいまみえるべからず、として今なお続くわだかまりは至極もっともな話しだと大いに納得。
斉藤一が語るには、「長州は元々反幕府だったが、後で寝返った薩摩は許せん」とゆうわけです。

終盤の斉藤一のセリフです↓
この世に神仏なるもののましますとせぱ、それはいったい、どのようなお姿をしておられるのであろうの。まさか神像や仏像のような、人のかたちをなさってはおられまい。おそらくは苔むした巌や千年の大樹の精となり・あるいは火や水や雨や風にお姿を隠して、そうと気付かれぬよう愚かしき人間どもの営みを眺めておられるのではあるまいか何もなさらずましでや加護など垂れ給ねず,おん自らが設えた芝居を、面白おかしゅうご覧になっているだけたろうよ。

※今年は最悪の大震災がありました。福島の人もままならない年越しだろうと察するに余りあります。会津魂(そんなものがあると信じて)で乗り切ってほしいと切に願います。
d0073646_2114062.jpg


※ず~っと疑問だったこと。
何故戊辰戦争では官軍だった西郷隆盛が西南の役では朝敵になったのかが、何となくわかった気がした1冊でした。
by kateido2000 | 2011-12-22 21:14 | 浅田次郎
本著は浅田次郎氏の「新撰組三部作」の3作目です。
1作目「壬生義士伝」は盛岡南部藩の吉村貫一郎、「輪違屋糸里」は島原遊郭の太夫の目から見た土方歳三や芹沢鴨がそれぞれの主役。
3作目の「一刀斎夢録」の主役斉藤一は新撰組の中でも、沖田総司、永倉新八に並ぶ強さだったといいます。
だからこそ昭和まで生き延びたと、浅田次郎氏が語っています。(注:永倉新八は明治まで)

前の2作に比べると物語はわりと平坦。斉藤一を逆さに詠んで「一刀斎」なのですが、これは浅田先生のお考えでしょうか。

斉藤一が昭和の時代の近衛将校に語って聞かせるという形態をとっています。
ところどころに吉村貫一郎も登場して、少し得した気分は浅田先生のサービスでしょうか。

「いやむなしくも(1867年)大政奉還」、そのあたりのゴタゴタぶりがこの本を読めばわかります。
鳥羽伏見の戦いに続く戊辰戦争はそんなに遠い昔のことではないのですが・・・。

まぁそんなこんなのたいそう面白いこの1冊。浅田次郎の腕はイヤ、筆は冴えわたります。

ところで吉村貫一郎が新撰組に入隊した年端もいかない少年にコンコンと諭す場面があります。年端もいかずに壬生狼と恐れられる新撰組に入隊するのだから、それなりの可哀相な深い事情があります。それを吉村貫一郎は全てを聞いた後2人に向かいこう言います。

「一つだけ約せよ。苦労は男子の本懐だが、その苦労をけっして看板にしてはならぬ。君たちの苦労はこの吉村がすぺて承知したゆえ、二度と口にするな。苦労は口に出したとたん身につかずに水の泡となってしまう。」
うんうんいい言葉です。心が洗われるとゆうか、反省っ!とゆうか・・・。

ところで斉藤一はこう言います。

おのれの欲せざるところは、人に施すなかれ、か。
おのれを先にして人を後(のち)にすることなかれ、か。
いちいちもっともであるな。武士道なるものは無私の精神にほかならぬであろう。
軍人であり、政治家であり、あらゆる法を司る立場にあった武士は、まずおのれを滅して民草に仕えよ、ということがすなわち武士道であった」・・・・・

武士道を以って政治にあたる政治家がいなくなったのが今の日本の原因なんですね。
無私?そんな言葉があったのよね。

「おぬしも帝國軍人ならば、武士道をわきまえよ。お国のために死するが誉れではない。滅私奉公の結果として、生くるも死ぬるも可とするが軍人の本分である」
この本に書かれている内容が事実に基づいているのが半分としても、斉藤一って一体何人の人を斬り殺したんだろう。晩年警察官になっているもんね。「勝てば官軍負ければ賊軍」の混沌とした時世だから許されたことなんでしょうね。

d0073646_252157.jpg


先だって京都に行ったことは書きました。 「どこへ行ったの」「壬生寺、と八木家」
ほとんどの人が「あんだって???」なもんだから、もう教えたくないよ~。
清水寺や金閣寺だけが京都じゃないぞ~っ。色んなお寺は観光客も少なくひっそりと楽しめるよ。
阿舎利餅よか屯所餅のほうがうまかった。「屯所餅」は八木家十五代当主八木喜久男が営まれる「鶴屋」というお菓子やさんのお餅。今度は屯所餅買いに行きたいくらいです。
d0073646_214466.jpg

by kateido2000 | 2011-10-28 02:05 | 浅田次郎

日輪の遺産 映画

あらすじ: 昭和20年8月10日、帝国陸軍の真柴少佐(堺雅人)は、軍トップに呼集され、ある重大な密命を下された。それは現在の価値で約200兆円のマッカーサーの財宝を隠すというもので、真柴は極秘任務を遂行するが、やがて任務の終わりが見えたころ、勤労動員として駆り出された20名の少女たちに非情極まる命令が出され……。

「終わらざる夏;上下巻」と合わせて読むとより面白いかも。
近衛第一師団・少佐真柴少佐の役を堺雅人が凛々しく背筋を伸ばして演じている。軍服は男を上げる。かっこ良すぎです。
後、東部軍経理部・小泉中尉の役を福士誠治 という俳優が。これが又極だって良かった。こんな男優いたんですね。知らんかったな。
勤労動員として駆り出される20名の少女たちの一人にあの「ちびまるこちゃん」。大きくなったのね、まるこ。
少女たちを待つ過酷な運命。
映画の中で少女たちが歌っている「出てこいニミッツ、マッカーサー。出てくりゃ地獄へ逆落とし」
マッカーサーを知っている若者はもうほとんどいないのでは・・・。
d0073646_1181969.jpg
d0073646_1203992.jpg












<天一の伊勢海老
とある会社の社長さまと今日はデートでした。うちの2階の「居酒屋天一」でまたまた伊勢海老を堪能。
口福口福。
ところでこの社長さまは昭和14年生まれだそうで、昨日観たばかりの「日輪の遺産」の話題に触れたあと「社長は玉音放送って聞かれてませんよね」ってお尋ねしたら、小学校1年(清武小学校)になったばかりの夏で皆で講堂に集まって聞かされた、んですって。「え~っそうなんだ~。あたしリアルタイムで玉音放送聞いた人に初めて会った~」もしかしたら父や母や祖母に聞けばそんな話し聞けたかもしれないのに、やっぱりもっと戦争について戦中戦後を生きた人は後人に語り継いでいかなきゃ。そういく環境(教育)を作らなきゃ。そして早く早く今のうちに戦争を体験した人たちに聞けることは聞いておきたい。語り継ぐ先人と後人、どちらにもその義務があると思いますが、どうでしょうか。
d0073646_13148100.jpgd0073646_1315774.jpg
by kateido2000 | 2011-09-06 01:21 | 浅田次郎
終わらざる夏;上巻
を読了したのは半年も前。下巻までなかなか順番が回って来なかったが、やっと借りられた。

番組で三宅センセが「これを読みなさい」って言ってましたが、いくら「戦争は愚かなこと」と声を大にしても地球のどこかで戦いは行われている。
この本で浅田次郎は、本来そうであっただろう日本人(慎ましく、矜持を持っていた)を余すところなく書いています。

<日本国は1945年(昭和20年)8月15日の天皇の詔勅により、すべての戦争は終わったと思われていますが、事実はそうではなかったのです。日本の固有領土の一番北の端であった、北千島の占守島(シュムシュ島)で戦争が行われていたのです。>

帯には「終戦から65年。今こそ読むべき新たな戦争文学の金字塔」

この戦争の真の悲劇は敗戦ではない。国民の意思にかかわらず戦が始まり、それを国民の意志と断定して継続したあげくに、敗けたのだ。すぺての民主的な手続きを無視し、勝手に戦い、勝手に敗けた。

「戦争に勝ったも敗けたもねえからだよ.そんなものはお国の理屈で、人間には生き死にがあるだけだ・アメ公だってそれは同じさ・勝ったところで親兄弟がくたぱったんじゃ、嬉しくも何ともあるめえ・だから敗けたところでくやしいはずはねえんだよ「よくわからない」「そんじゃ、わかるように言ってやる」「ニ度と、戦争はするな・戦争に勝ちも敗けもあるものか。戦争をするやつはみんなが敗けだ。大人たちは勝手に戦争をしちまったが、このざまをよく覚えておいて、おめえらは二度と戦争をするんじゃねえぞ・一生戦争をしねえで畳の上で死ねるんなら、そのときが勝ちだ。じじぃになってくたぱるとき、本物の万歳をしろ。わかったか」

本著の裏表紙に占守島や幌筵島(パラムシル島)を含む千島列島の地図が掲載されているが、正直そんな島があることすら私は知らなかった。日本と日本人の明日を守るため8月15日以降にやむなく戦った人たちがいたことを私は知らなかった。 敗戦後間もなくの教育を受けた私たちの世代は、それらを教えることは色々な意味で適わなかったのかもしれない。でももう今は近代歴史、それもほんの一世代前の本当の歴史を、もっと教えるべきだと思う。

「カムイ・ウン・クレ」という言葉がしばしば出てくる。アイヌ語で「神われらを造りたもう。」という意味だそうだ。
それをあたしたちはもっとちゃんと自覚するべきです。
d0073646_22582440.jpg


☆可愛いでしょっ、「クラブ M」のスターたち。
d0073646_0551027.jpg

by kateido2000 | 2011-08-27 22:58 | 浅田次郎
1945年の8月14日にポツダム宣言が受諾され、翌15日には天皇陛下の玉音放送があり、日本は終戦を迎えた・・・・・・・はずだった。
「終わらざる夏 」は1945年8月15に以降にも戦かわざるおえなかった人々の話しです。
表紙の帯には「1945年| 8月15日戦争が始まる」

上下巻の長い小説ですが、随所に浅田次郎のツボ話が織り込まれます。例えば↓

味つけの確かさには一緒になったとたんから驚いていたのだが、それを言えば死んだ女房に申し訳ない気がした。千和は自分の料理が舌に合わないのだろうと、考えこんでしまったにちがいない。
 どうして一言声をかけてやらなかったのかと、大屋は今さら悔やんだ。もともと愛想のない男なのだから、毎度うまいと言えるわけはないが、たった一言で千和は救われたはずだった。    そう言っちゃ何だがな、チハ。おまえのこさえる飯は、前の女房よりうまいぞ。
千和はたぶん、「そんなことおっしゃったらバチが当たりますよ」と、たしなめたにちがいない。だが、きっと救われたはずだ。
忘れることと忘れぬことの、いったいどっちが大切なのだろうと大屋は悩んだ。

d0073646_23314013.jpg


南部ことば、つまり盛岡弁もてんこ盛り。5月にやっぱり岩手に行こう!!
by kateido2000 | 2011-03-09 23:34 | 浅田次郎
うさこへ  行けなくて残念だね!!
浅田次郎氏の講演会(大阪)が13日催された。うさ子が抽選に当たり席を取ってくれたのに、どーしてもフライトの時間の都合(午後1時開演なのに伊丹着が12時45分。1つ前の便は早朝過ぎて無理。宮崎は陸の孤島に逆行しつつある)行かれない。しょうがない読みかけのこの本でも読もう。内容↓
定年を四年後に控えた、しがない財務官僚・樋口慎太郎と愚直だけが取り柄の自衛官・大友勉。二人が突如再就職先として斡旋されたJAMS(全国中小企業振興会)は、元財務官僚の理事・矢島が牛耳る業務実体のない天下り組織。その体質に今イチ馴染めない樋口と大友は、教育係となった秘書兼庶務係の立花葵から、ある日、秘密のミッションを言い渡される…。

物語のプロローグの部分で何と浅田次郎氏本人が登場する。元貧乏で今は売れっ子作家という設定は決して間違ってはいない、過去に背負った借金を踏み倒した経緯もかなりホントくさいわ。
中味の部分は浅田先生得意の自衛隊の内輪話が満載で、ウソかホントか面白い!
天下りの実態をユーモラスに且つ深くえぐった1冊。

「人間誰しも、年齢ともに垢抜けてくるのは焼香の作法と屁の音である」
「かってわが国は260余年に及ぶ平和で幸福な時代があった。そうしたいわゆる封建社会が、不公平なものと決め付けるのは後世の価値観であろう」
「樋口は気をとりなおして娘を見た。ちょっと会わぬ間に、バカに磨きがかかったような気がする。いわばどこに出しても恥ずかしくないバカであった。」
「そもそもクリスチャンなんてめったにいない国なのにどうして1ヵ月も前から・・・・・・まるで365日の頂点がこの日とでもいうような大騒ぎになる。イエス・キリストの生誕を心から祝福する人々は教会に行って敬虔な祈りを捧げるにちがいない。子どもにとって幸福な日であることはたしかだった。上京して独り暮らしをはじめたとたん、この日がイエス・キリストの誕生日というタテマエの商業主義記念日、一大イベントであると気づいた。」


最後の部分は   レストランの中に喝采が沸き起こり、ボーイは華やかにシャンパンの栓を抜いた。幸福な定年。いや、幸いなるかなわが人生。喝采の意味は、きっとそれに違いない。
読んでいてワクワク、はらはら、うるうる、笑い、が交互におこる。浅田次郎氏本領発揮の1冊。
愉快痛快な物語。読後生きる希望が湧いてくる1冊だよ~!!
d0073646_19271750.jpg

うさ子が誕生日にくれた傘(去年)とレインコート(今年)
d0073646_19282237.jpg

by kateido2000 | 2010-05-15 19:28 | 浅田次郎

新撰組読本 浅田次郎

黒鉄ヒロシ(漫画:新撰組の作者)、八木喜久男(八木家十五代目当主)、高橋利樹(輪違屋十代目当主)、土方家の子孫の女性3人、などなどの方たちとの対談なども掲載されている。
八木家は見学できるそうなので1度行ってみようと思う。「新撰組」にたいする浅田次郎氏の思い入れは並大抵ではなく、だから私もズッポリと「新撰組」にはまっていく。浅田氏が書いてなかったら、きっと一生見向きもしなかったはずの「新撰組」。吉村貫一郎、糸里、斉藤一、本を開けば我が心幕末へとタイムスリップ~!!
ところでこの本の中で浅田氏への質問コーナーみたいのがあって・・・。
・・・お好みのブランド(スーツ)は?・・・
「ソニア・リキエル・オムですね。エルメスも好きですけど、エルメスはふけますね。・・・・・エルメスは60歳くらいのジェントルマンじゃなければおかしい。同じようにチビのアルマーニとか、デブのグッチとかは似合わない」
さすが長年アパレル関係の仕事をしてらしただけはある。言えません、「ソニア・リキエル」なんて!彼は江戸っ子のイキというのをとことん大事にしている。お祖父さんの口癖が「まずいものは毒だ」「汚い身なりは恥だ」そうで、別に高級がいいと言っているわけではないのは、まぁ当然です。江戸っ子の躾だそうです。
「粋で鯔背」などという言葉は「江戸」が「東京」に変わって、死語になったのかな?浅田次郎さんの世代が辛うじて、その心意気を持っている・・人は持っている?
d0073646_2254177.jpg

by kateido2000 | 2009-06-17 02:25 | 浅田次郎