好きな本、好きな映画、おもろい人々、泣かずに遊ぼ!


by kateido2000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

王妃の館 下巻

11月29日
「王妃の館 下巻」今日図書館で借りる。市立図書館はネットで予約すればそれぞれの地域の公民館に配本してくれる。すっごい助かる。私は中央公民館が近いので、専らここで借りている。「王妃の館上巻」がめっちゃ面白かったので、下巻が待ち遠しかった。ワクワク!!

フランスにツアーに行く人たちの物語。ツアー客12人と、ツアコン2人。
時々話がルイ14世の時代に飛ぶ。(ベルサイユ宮殿を建造した人)
ルイ14世がバカな子供(王子 王女)を慨嘆する表現が秀逸。少し読む?

「王太子が天衣無縫のバカ、オーギュストが古今無双のバカならば、フランソワーズは完全無欠のバカ、アレクサンドルは乾坤一擲(けんこんいってき)のバカであろう、と王は思った。そして・・・・・この先さらなる王子王女が生まれたとしても、それらは多分、起死回生のバカにちがいない。」
d0073646_2262582.jpg


この日は山村先生が来た。天衣無縫のバカ?
d0073646_23361257.jpg

by kateido2000 | 2006-11-29 22:07 | 浅田次郎

お宅訪問

11月28日
クラブRのママにパソコン指導に伺いました。お引越しされたばかりのお宅は調度品も素晴らしく、センスの良さが抜群です。許しを得て写真公開します。


d0073646_2074468.jpgd0073646_2075622.jpg








バルコニーは広く14階建ての南側は前面窓。花火大会の日は呼んでいただこうかな?

d0073646_21565236.jpg

d0073646_21534551.jpg
by kateido2000 | 2006-11-28 20:11

愚痴

11月26日
高校時代の先輩が客として我が店に現れた。10年周期くらいで彼と偶然会う。10年前はSホテルのホテルマンか何かだった。それなりにルックスも良く知性もありそうに見える。しかし、あ~やっぱり団塊の男はバカだった。以下会話
私「お久しぶりですね」
先輩「久しぶりだね、ところで結婚したの?」
私「は?」
先輩「離婚したんでしょ。再婚は?」
私「・・・・・」
先輩「結婚はいいよ。結婚しなさい」
私「・・・・・」
バカか!?ど~見ても幸せそうには見えない。お腹はでっぷり出て、頬はだらしなくたるんでいる。あんたから身上調査される覚えはな~いっっ!!
こないだ見たTV。江口洋介扮する若者にこういう台詞があった。「おれ、団塊のヒトって苦手なんだよね~。な~んかさ、扱いにくいしさ」私だって団塊。だけど男の団塊よりかはマシだと思っている。ま、反論もあるでしょうけどね。話題がドメスティックな人って老若男女にかかわらずいやですね。
孫自慢、しないよう気をつけよう。
by kateido2000 | 2006-11-27 01:08

内館牧子

11月25日
子供を愛し続けることはできる。だが、一人の男や一人の女を、生涯脇目もふらずに、恋愛時代と同じように熱く「愛し続けるのは無理である」と考える。
 むろん、「愛」の形や温度が変化しつつ、「大切な人」として深い縁を契り続けることはできる。それも「愛し続けること」ではあるが、そこに至るまでにはお互いに相当な努力と犠牲を払ったことだろう。ひとつ間違えば「別れていた」かもしれないと、そう思う人も多いのではないか。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「愛し続けるのは無理である」   前書きより・・・・・・・・・・・・・・・
d0073646_2234475.jpg


内館牧子さんが大好きで新刊が出れば買う、出れば買う・・でおっつきません。エッセイも小説も好き!!
by kateido2000 | 2006-11-25 22:36 | 好きな本好きな映画
11月24日


マリーアントワネットが頭に船を載せたヘアスタイルが再現されていました。その事(ヘアスタイル)に関しては、以前からどうやったんだろと興味があったので・・。小麦粉をたくさん使って、髪を固めたそうです。ファッションリーダーだったマリーを真似る女が多く小麦粉が足らなくなったとか。マリー・アントワネットが肖像画通りだとすると、やっぱり美人です。
でも何故かキャンディボックスの蓋の絵はマリア・テレジア。d0073646_1914194.jpg
d0073646_19141269.jpg

by kateido2000 | 2006-11-24 19:15 | 好きな本好きな映画
11月23日
昨日の「椿山・・・」に続き、今日は「メトロに乗って」をイオンまで見に行きました。いくつかのシアターがありますが、満員御礼は「DEATH NOTE」だけ。先日TVであったばっかりだから、続きが見たくて皆来てるのかな。高校生が多い。「プラダを着た悪魔」も見たい。メリル・ストリープがぶりっ子演技かなぐり捨てるのは「永久に美しく」以来かな?それはともかく「メトロ・・・」やっぱり泣きました。号泣っつうか、嗚咽。大沢たかおが素晴らしい。元々大好きな俳優さんだけど、主演の堤真一さんを完全に食ってました。それと常盤貴子が良かった。浅田次郎さんにはいつも泣かされます。いいです、気持ちいいから。製作者の思うツボ?ツボに心地よくはまってしまいます。息子や娘に見てほしい映画です。
d0073646_2037716.jpgd0073646_20371892.jpg
「メトロに乗って」サイト ↓http://www.metro-movie.jp/
by kateido2000 | 2006-11-23 20:28 | 浅田次郎

椿山課長の7日間

11月22日
「椿山・・」は朝日新聞の連載小説でした。この小説があるばっかりに朝日新聞をの購読をやめることができませんでした。連載を終え単行本も買いました。ドラマかTVになればな~と思ってたら映画で上演。で、今日早速見てきました。西田敏行は椿山課長そのものだったし、懸念してた伊東美咲は、その存在感の無さがかえっていい影響をこの映画に出してました。
泣きました。15人ほどの観客数ですが、皆手にハンカチを持ってました。本と違うところはもちろんありましたが、いい感じに脚本が出来上がってて、映画は映画でよかったです。
明日は「メトロに乗って」を見に行きます。
椿山課長のサイト→   http://www.tsubakiyama.jp/
d0073646_19372751.jpg

by kateido2000 | 2006-11-22 22:18 | 浅田次郎

王妃の館

11月22日
またまた浅田次郎で恐縮なんですが、やっぱ面白い。クサイと言われようがダサイと言われようが浅田様を私は信奉する。
「王妃の館」 美容院でカットやってもらいながら読んで、吹き出してしまって・・。お客さんがほかに1人もいなくて良かったわ。
d0073646_22172256.jpg


「王妃の館 上巻」
「他人の幸福をうらやむのって、とても不幸なことよ。少なくとも女の幸福は男から与えられるものじゃないわ」
「幸福と不幸は神様がコントロールしているわけじゃないわ。人間が選んでいるわけでもない。ひとりひとりが、幸か不幸かを勝手に決めているだけ」
 美貌と才知に恵まれたツアーコンダクターが、傷心旅行でパリツアーに参加した香に語るくだ り。
by kateido2000 | 2006-11-22 22:10 | 浅田次郎

小倉千加子さんについて

11月20日
週刊朝日に連載中の小倉千加子さんのエッセー、単行本に早くしてほしいな。小倉千加子の本は全部読んでも10冊くらいなので、まだまだ読みたいのに困る~。ジェンダーを語るののにこの人くらい切り口のおもろい人はいない。「シュレーディンガーの猫」「幸福論」「赤毛のアンの秘密」「女の人生すごろく」「松田聖子論」などの名著あり。
あと斉藤美奈子がお奨めですが、斉藤は元々文芸評論が専門。でも男女構わずバッサバッサと斬りまくるから気分爽快。そう言うお前はどないや!なんというツッコミはこの際ヤボというもの。自分の事は棚に上げ鍵をかけておきましょ。
橋本治ちゃんもステキです
by kateido2000 | 2006-11-20 01:17 | 好きな本好きな映画
11月17日
相変わらずはちゃめちゃぶりが楽しい哲ちゃん。会うとうれしくなって、ついつい甘やかしてしまいます。東君はイケメンに磨きがかかったみたい。おっかけがいるそうです。
ママにチュー?
d0073646_23154240.jpg


井上 信 Makoto Inoue
2004年の『ABCチャンピオンシップ』でマンデートーナメントから勝ち上がり、初優勝したシンデレラボーイ。05年はその真価が問われた年となった。
結果は賞金ランキング52位で賞金シードをキープ。前半15試合では予選落ちと棄権が7戦と苦境に陥ったが、後半戦に入って猛チャージをみせた。『フジサンケイ』で5位タイとなって賞金シードをたぐり寄せると、所属コースで開催された『ブリヂストンオープン』では、その
メリットを生かして4位タイフィニッシュ。獲得賞金を一気に2000万円台に乗せた。
戦い方のわからないシード初年だったが、最後までフル参戦できたことは大きな自信になったはず。この教訓を成績アップに結びつけるのが今季の課題。
自慢のドライバーショットの精度を上げ、アイアンに磨きをかければパーオン率が向上し、バーディチャンスも増える。そうなったときには念願の2勝目に手が届くだろう。
         左端が井上信プロ 平塚哲二プロ 矢野東プロ(夕べに続き店で酒盛り)

d0073646_23225668.jpg
d0073646_2323835.jpg

by kateido2000 | 2006-11-17 23:23