好きな本、好きな映画、おもろい人々、泣かずに遊ぼ!


by kateido2000

<   2007年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ナンシー関亡き後誰がこの路線を引き継ぐのだろうかと、暗澹とした気持ちになりましたが、いました。この人斎藤美奈子。斎藤は文芸評論家が本職のようだが、鋭い切り口は何に大しても矛先が緩むことはない。ナルホド!とヒザをたたく。あと小倉千加子さん。この二人がいるからナンシーさん大丈夫。
d0073646_2026660.jpg

2001年から2006年、婦人公論の彼女のコラム「女のニュース 男のニュース」を纏めた本。例えば2001年は
「歴史は60年期間でくりかえす、という説がある。中略・・この説はどうも本当らしい気がしてくる。1980年代、「女の時代」とか「女子大生ブーム」とかいっちゃって世の中浮かれてました。1920年代というのもまったくそうで、銀座の街には断髪洋装のモダンガールが闊歩し・・・・。」
by kateido2000 | 2007-01-31 20:33 | 好きな本好きな映画

ののちゃん

「いしいひさいち」は大好きな漫画家。大だいダイ好きです。朝日新聞は長い間「サザエさん」を連載していました。サザエさんは今でもTVで相変わらずの高視聴率。あの「水戸黄門」もサザエさんには負けています。(余談ですが、笑点の根強い人気にも驚かされます)で、引き継がれたのが「ののちゃん」です。「ののちゃん」では、ののちゃんが主役ですが、同じ顔ぶれで「となりの山田くん」はののちゃんのお兄ちゃんが主役です。ののちゃんの担任藤原センセが主役の、「女に向かない職業」というのもあります。タブチせんせが主役は「がんばれタブチくん」ののちゃんの主治医の広岡センセが主役のは「ホン!」です。誰かがコラムで「朝日新聞」は「ののちゃん」でもっている、って書いてました。同感です。
ところで以外に知られていませんが、「スタジオジブリ」が「ホーホケキョ となりの山田くん」という映画を製作しており、名作です。ジブリでは唯一素晴らしいアニメだと思います。
d0073646_03499.jpg

d0073646_017924.gif
山田まつ子(母)
年齢は42~43歳くらい。関西弁をしゃべる専業主婦。かなりの怠け者。
悩み事はその日その日の晩ご飯のおかずをどうするかということ。
d0073646_0174118.gif

山田たかし(父)
年齢は43~45歳くらい。地方都市にある企業の雑務課長を務める。
関西出身らしいが、言葉は標準語を使っている。
都合のいい時だけ一家の大黒柱を気取る。趣味は日曜大工とパチンコ。
d0073646_0191374.gif

山田のぼる(長男)
山田家の長男で中学2年生。学校では野球部に所属している。
母親譲りの意志薄弱で楽をしたがり、何をやっても中途半端。
テストの成績もつねに平均をキープと、偉大な平凡さを発揮。
d0073646_0194819.gif

山野しげ(祖母)
年齢は70歳くらい。まつ子の母親で関西弁を使う。
現在の住居を建てたのは婿のたかしだが、土地の名義はしげである。
そのため、「土地は私のもの」が口癖である。若者には厳しい
d0073646_0513277.gif

藤原先生
のの子の担任で年齢は20代後半
d0073646_0535059.gif

キクチババ
のぼるのクラスメイト、キクチマミの祖母。のの子のクラスメイトのキクチヒサヒコの祖母でもある.息子が経営する「キクチ食堂」を時々邪魔する。「キクチ食堂」はA定食とかとんかつ定食などと一緒にうどんもラーメンもある。夏は冷やし中華もかき氷も出てくる。
by kateido2000 | 2007-01-31 00:05 | 好きな本好きな映画

平塚哲ちゃん 

沖縄にトレーニングに行く前に「会いにきたよ」って来てくれた。ウソでも(絶対ウソ)宮崎のおかんとしてはうれしい。哲ちゃんは本当にかわいらしい?。後輩の乾 貴彦プロに(甲賀カントリー所属)「哲ちゃんのキャディーさん?」なんて失礼なことを言ってしまい、「いえ僕はプロなんです。平塚さんの足元にも及ばないですが」  ぎゃーっ!ご、ごめんなさい。(しかもこの写真を撮ってもらった)でも哲ちゃんは後輩の人たち、(例えば矢野東くん)からすっごく慕われているのでもその人柄が偲ばれます。
d0073646_18485931.jpg


足が痒いと言うので見せてもらった足だが、その筋肉のすごさに絶句。遊んでいるばっかりに見えるけど(ホント)やるこたやってるんだね。
足の痒いのは老人性掻痒症?
d0073646_1851625.jpg

                    乾君です
by kateido2000 | 2007-01-28 18:51
「枕草子」をやさしく書いた本は数あるが、その中で異彩を放つのがこの「桃尻語訳 枕草子」。秀逸!橋本治は天才いや鬼才だと彼のエッセーなどを読むたび思います。彼はゲイですが、ある種ゲイの人の優れた才能は普通の人(ストレートって言うんだそうです)の追随を許さないところがあります。
・・春はあけぼの やうやう 白くなりゆく・・・・・で始まる枕草子ですが、桃尻語に訳すとこうなります。

春って曙よ!
だんだん白くなってく山の上の空が少し明るくなって、紫っぽい雲が細くたなびいてんの!

夏は夜よね。
月の夜はモチロン!
闇夜もねエ・・・・・・。
蛍がいっぱい飛びかってるの。
あと、ホントに一つか二つなんかが、ぼんやりボーッと光ってくのも素敵。雨なんか降るのも素敵ね。

秋は夕暮れね。
 夕日がさして山の端にすごーく近くなったとこにさ、鳥が寝るとこに帰るんで、三つ四つ、二つ三つなんか、飛び急いでくのさえいいのよ。ま・し・て・よね。雁なんかのつながったのがすっごく小さく見えるのは、すっごく素敵!日が沈みきっちゃって、風の音や虫の音なんか、もう・・・たまんないわねッ!

冬はつとめて(早朝)よ。雪が降ったのなんか、たまんないわ!
霜がすんごく白いのも。
あと、そうじゃなくっても、すっごく寒いんで火なんか急いでおこして、炭の火持って歩いてくのも、すっごく”らしい”の。
昼になってさ、あったかくダレてけばさ、火鉢の火だって白い灰ばかりになって、ダサイのッ!

をかし・いとをかし・を現代語に訳すと、たまんないわねッ!となります。

枕草子を今で喩えるなら、「情報誌」例えばアンアンとかノンノンとかおそろしくミーハーな物だと橋本氏は後書きで書いてます。そして清少納言について橋本は《彼女の価値観は”ミーハー”・”センチメンタリズム”・”小姑根性”で、この三つを冷静な観察力がつなげている。知性を獲得した女にとって”自由とはこういうものであったろう。「千年も昔にこういう女がいたのよ!」は「千年経っても相変わらずこういう女」ということでもある。》
昔も今も女は女だし、男はやっぱり男。食べる物やファッションに若い世代は興味津々だったみたい。
d0073646_19294927.jpg

by kateido2000 | 2007-01-26 19:30 | 好きな本好きな映画
7編の短編からなる小説。巻末は「お狐様の話」いや~、怖かった~。背筋がすーっと寒くなるような怖さ。マイキーの学生、山下と杉木(どちらも獣医の卵)に「狐がさ~、女の子に憑りつくのよ」って教えてあげようとしたんだけど、「は?キツネが?」「憑りつくってナンですか?」「んも~!だから昔から言うでしょ、キツネツキって。」「え?ヨーコのことですか?」私はナンのこっちゃ、と「ヨーコ??」って聞いたら妖狐だってさ。「九尾の狐とか?」
もういい!話にならん!
by kateido2000 | 2007-01-25 01:46 | 好きな本好きな映画
今回の選挙は宮崎県民一揆と位置付けられると思います。日本を代表するエリートの元官僚二人の得票の合計でやっと上回れる得票を獲得すると予想出来た人は殆どいなかったでしょう。私自身は自分の所属区の選挙で否定されながら、自民党のお家の事情だけで推薦された方でなく、即戦力を期待出来、直接お会いして好感が持て、陳情に行ってお人柄も町村長から知られた方を応援致しました。このことには何らの恥じるような間違いは無かったと自負しております。正直言って、当選された東国原英夫氏については、過去に2回は警察沙汰になった芸能人と認識しており、それに引き換えなり立ての林野庁長官の職を投げ打ってまで宮崎県政の立て直しを引き受けようとされる方は魅力的でしたし、今もその思いは変わりません。ただ、県民は「そのまんま東」氏を選びました。私は今からの4年間、新知事の行政手腕・品性を冷静に見つめ、評価していきたいと思っております。宮崎県の顔としてふさわしい人か否か見極めたいと思っています。私は現在の都知事には初めから嫌
悪感を抱いております。エリート臭を周囲に撒き散らして憚ることなく、宮崎に来ては、日向の地で豚小屋を腐し、宮崎のヨットハーバーに来てはトンボ帰りして宮崎県を馬鹿にした石原慎太郎氏は許せません。地元出身の東国原氏にはそのような横暴な面は無いのかと思います。警察沙汰になった理由は彼のホームページの中では、飲酒後の若気の至りによるものと、正義感から出た暴力事件とのことです。これが真実であり、再犯の虞が全く無いのであれば県民が笑い者になる可能性は少なくなると思います。今回の選挙の最大の収穫は二つあると思っています。一つは県の自民党を牛耳ってきた幹部が全国に向かって赤恥をかいた事、二つは保守王国と言われた宮崎も、日本国の選挙のあり方を改革する発信地になるかも知れないということです。そうなれば、東国原氏は風雲児として、また革命児として歴史に名を残すでしょう。そうでなく、ただの芸能人上がりの仕事しか出来なかったら、青島幸男や横山ノック並みのピエロの評価になるでしょうし、宮崎県は再び全国でも最低レベルの
民度として寂しい低迷を続けていくことになることでしょう。私達は今からそうならないよう、しっかり今後の県政の舵取りに眼を光らせていかなくてはなりません。
by kateido2000 | 2007-01-24 00:57
2006年
①「ミリオンダラー・ベイビー」クリント・イーストウッド監督
②「Ray/レイ」テイラー・ハックフォード監督 (レイチャールズの曲がドラマに力を与えた。主演ジェイミー・フォックスもレイの魂が乗り移ったかのようだった。
③「サイドウエイ」アレクダンダー・ペイン監督(人生の形が見えたような見えないような中年期の微妙さを面白く描きだした
④「バッドアス!」マリオ・ヴァン・ビーブルズ監督(ガッツもユーモアもみなぎる快作)
⑤「亀も空を飛ぶ」バフマン・ゴバディ監督(独特の幻想性に引き込まれる。子供たち(素人)の表情やしぐさにも目を奪われる。
⑥「セルラー」デヴィッド・R・エリス監督(脚本が良くできている。携帯電話を重要な小道具として使った映画。アイディアに富んでいて、テンポもいい。
⑦「愛についてのキンゼイ・レポート」ビル・コンドン監督(キンゼイ父子の人物像がいかにもアメリカ的。
⑧「おわらない物語 アビバの場合」トッド・ソロンズ監督(おちこぼれを描かせたら世界一.思い切ったアイディアによる演出。
⑨「イン・ハー・シューズ」カーティス・ハンソン監督(どんなドラマでも上手に、品格を持ったものに仕上げる監督。キャメロン・ディアスが初めていい女優に見えた。
⑩「シンデレラマン」ロン・ハワード監督(主人公とマネージャーの友情が泣かせる。わき役陣も充実)


ところでハリウッドは今日「アカデミー賞のノミネート。と前後して「ラズベリー賞」というサイテー映画に贈られる不名誉な賞がある。過去数回「デミ・ムーア」がこれを受賞している。「キャット・ウーマン」であのハル・ベリーも受賞しているがその彼女は授賞式に堂々て出向きトロフィーを手に艶然と微笑んで大物感を見せつけました。ジョン・トラボルタも常連のようです。う~ん、何かわかる。
そして我が日本もこれを真似て「きいちご賞(ラズベリーの日本語訳)」を週刊文春が作りました。順位は次の通り。

位「ゲド戦記」
2位「日本沈没」
3位「ダ・ヴィンチ・コード」
4位「涙そうそう」
5位「PROMISE」
6位「LIMIT OF LOVE 海猿」
7位「連理の枝」
8位「ラフ ROUGH」
9位「アンジェラ」
10位「7月24日通りのクリスマス」
「ゲド戦記」は酷評です。最低最悪なんだそうで。興味のある方は「週刊文春」の1月25日号をご覧ください。この号はあの「バラバラ殺人事件」も詳細に載ってます。香織容疑者を「のこぎり妻」と名づけてました。不謹慎かもしれないけど、うまいな~って思いました。
by kateido2000 | 2007-01-23 23:42 | 好きな本好きな映画

そのまんま東当選

「あらま、当選しちゃった」開票速報5分後に「当確」!保守県だと思ってたのに、やっぱりみんなアキアキしていたのね、政治家の政治家による政治家の選挙とその後に。1ぺんくらいやらせてみっか~、のノリでしょうね。それもアリかなって思ってたら、今日そこらへんのあんちゃんがやって来て、「いつものヤツ!」って言うのよね。覚えていないんだけど、とりあえず「お久しぶりです」って言ったら、「選挙で忙しくてよ~」「え?どなたの?」「東よ。今からじゃかいね、あれも、ちゃんとさすっかいよ~、びしっとよ~」ときた。げんなり!どこまでがホントかわかんないけど、あんな輩がついているんだよね。あ~ヤダヤダ!!そのまんま東大丈夫か~!!!?

    初旅の 髪なびかせて 燃へるもの    信子
by kateido2000 | 2007-01-23 02:04

明日は知事選

自宅から店に自転車で行く途中、知事候補のそのまんま東が、宮崎駅から山形屋までランニング。はからずも同じ道を自転車で走る私は彼とナニゲに伴走。山形屋までたどり着くとそこには大勢の報道陣がいてビックリ!
d0073646_1826591.jpg
d0073646_18271076.jpg

ところで先日読んだアガサ・クリスティの「葬儀の後で」で殺人事件に「フェルメール」の絵が絡む。フェルメールの絵は世界に、(真贋に疑問の残るものも含め)たった36点しかその作品が残されていない。「真珠の首飾りの少女」という題名の映画になったのは去年だったかな?静謐なイメージ通りの映画。アガサ・クリスティの作品に出ているので驚いたが、あの食人鬼「ハンニバル」にもフェルメールのことが出てきます。
d0073646_19181523.jpg


            水仙の 万花の揺れて 迷ひけり     信子
by kateido2000 | 2007-01-20 18:27

尾崎さんと

尾崎牛のうまさは、今や世界1。(えっと、日本1を制すればおのずと世界1では、なのだ)京都の、あの有名な三嶋亭でも尾崎さんちのお肉が食べられるのです。今度は割烹の老舗「桜田」のご主人が尾崎牛に出会い(シェラトンで)、その味に惹かれ、尾崎さんに会いに来宮なさるとか。尾崎さんちの肉は、「みょうが屋、なおき、ふじき、おおでら」で食べられます。
私のタンシチューも尾崎さんの肉がなければ話にならないのです。
d0073646_19495353.jpg


         落葉降る 又降り赤子 熟睡す        信子
         ちいママ逝く ネオンの街は 霧の海     信子
by kateido2000 | 2007-01-19 19:56