好きな本、好きな映画、おもろい人々、泣かずに遊ぼ!


by kateido2000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2009年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ルーブル展

今東京では2つのルーブル展が開催されている。一つは上野の博物館の隣にある「国立西洋美術館」、片方は六本木にある「国立新美術館」。2箇所で「ルーブル展」が開催されているとは、さすが東京だな~と思う。どちらの美術館も押すな押すなの大盛況というのがやはりスゴイ。宮崎ではどんな展示会がやって来ても、並んだりすることはまずない。今回私は「阿修羅像展」のついでに「ルーブル展」に行ったのだが、そこで思いがけず「フェルメール」に会った。「レースを編む女」という小さい小さい絵画、なのにその絵だけガラスが囲ってあった。あきらかに他の絵よりも格上の待遇。後でパンフを見たら、たった1点しかないその絵が表紙になっていた。
d0073646_111841.jpg

・・<「レースを編む女に近づき、彼女の手元を見た。左手の人差し指の両側に挟まれた2本の糸巻き。そこからピンと張られた金色の糸。右手の内側は見えないが、おそらく細く尖った針のような道具を持っているのではないか。目は一点に注がれている。>・・こういう描写は上野の美術館の人ごみの中ではとても書けない。だってすごく小さい絵なのに、後から人が押し寄せてくるんだもん。これは帰りの飛行機の中にあった雑誌<翼の王国>の中から。
そしてもう1点見慣れた絵が!「あっ、<受胎告知>!」あまり観たことのない絵の中で、「受胎告知」はよく見知った絵の一つ。本や教科書で見たことのある絵を生で見せられると、なんかぐっと感激も一入。「受胎告知」は本当に多くの画家が描いており、これはカルロ・ドルチのそれである。
d0073646_1453513.jpg

見終わって外に出ると、あらラデュレのマカロンやさん。本店がパリにあるというここのマカロンは、孫ちゃんの大好物。銀座か日本橋の三越に行かないと買えないのに、ラッキーと2箱(1箱4個で1400円!)購入。一つはホテルで食べよう。
d0073646_157388.jpg
d0073646_1572624.jpg

後で孫ちゃんに「4個の中にうーたんの一番好きなバラのが入ってなかった」と、クレームが・・。
by kateido2000 | 2009-04-30 01:53 | 好きな本好きな映画

お上りさん

京都の友人が言うには、「お上りさん」は本来京都にやって来る田舎の人々を称してこう言うらしい。であるからして、江戸村くんだりから京都にやって来る人も「お上りさん」ということになるのだそうです。
有名な逸話に、東京で買った時計が故障した際、京都で修理を頼んだら時計屋の主人が「地方で買わはったもんは治せまへん」と断られた、というのがあるが、本当かどうか・・。でも京都人の気質はよく現している。
ところで今回はお江戸に行った私(お上りさん第4弾)の話。今回はまだ行ったことのない鎌倉に足を運ぼうと決めていたが、A様から国立東京博物館で今開催されている「阿修羅展」のチケットを頂いた。デルコのYさんもチョ~お薦めとおっしゃるので、うん、鎌倉は逃げないけど、奈良・興福寺まで行けるかどうかわからないからこの際阿修羅を選びました。でもって隣の美術館で開催されている「ルーブル展」にも行って参りました。
阿修羅像を見て、実は私泣きました。理由は申せませんがハラハラと涙がこぼれました。真正面のお顔より、左右のお顔で泣きました。まぁそうゆうことで、食べることとぶらぶらが本来の目的ですので、何を食べたか、携帯で撮った写真↓。
昼11時過ぎのフライト。羽田に着いて天丼ざるセット↓食べ始めて写真!と気付いたのでキタナイ。
d0073646_12139.jpg

阿修羅展。ヒト様に頼んで撮ってもらう。ちと恥ずかしい。↓
d0073646_1215686.jpg

ルーブル展
d0073646_1223132.jpg

晩ご飯 たいめいけんの「たんぽぽオムライス」。それとメ、インを注文すれば50円で食べられる「ボルシチ」「コールスロー」この2つ値段は少なくとも20年変わってない。↓
d0073646_1341419.jpg

d0073646_2153416.jpg

2日目六本木の「国立新美術館」。こっちもルーブル展。でもよ~こさん推薦のレストラン 「ポール・ボキューズ ミュゼ」のランチが目当て、朝食抜いてまっしぐらにここに。あらら長~い行列。まっいいか急がないし。
今は亡き黒川紀章さんの設計した美術館をとくと眺めながら待つランチタイム。かなり待つと覚悟していたのに、サクサクと人は流れ案外早く席につけた。1500円のランチはチキンとあるから、パス。2680円にするか5000円にするか悩んだけど、5000円を注文。何種類の中から選ぶ形式のこっちのほうが無難。
バケットにバターはつかない。「バターはエシレとゆうナンタラカンタラ・・・別料金になっております」とギャルソン が淀みなく語る。もう、頼むしかないっしょ!
d0073646_2163498.jpg

d0073646_2165722.jpg

d0073646_2255626.jpg

デザートは「クレームブュリュレ」。「わっ大きい!」って言ったらギャルソンくん「表面は大きいけど、浅いです」
パリパリが広いほうがいいよね。
d0073646_2172629.jpg

レストランから下のカフェを・・・。
d0073646_2301182.jpg

でラストは羽田空港「空弁工房」の空弁「八五郎弁当」。神田明神下銭形平次の子分の名前。ちょっとこの空弁お気に入り。
d0073646_2174978.jpg

by kateido2000 | 2009-04-28 01:53 | つれづれ日記
「世襲が・・・」という記事を4月25日付の朝日新聞で見つけました。う~ん、どう思います?ざっと見ても自民党衆議院議員の3分の1、民主党では役割を占めるそうです。
渡辺喜美衆議院が世襲の良さを訴えている。多分世襲の良さも多々あるだろう、元々親の仕事を子が継ぐのが日本という国の基本だった部分もあるし、それが今覆っているからダメになった部分もある。でもそれってどうなん?貴族で産まれたら代々貴族、平民は平民でそれ以下はそれ以下って・・。21世紀に入って歴代総理大臣が皆打ち揃ってじいちゃんや父ちゃんが大臣だったって、やっぱどっか変じゃない?
較べてゲーノージンの世襲はどうよ?今井舞は書く。
「特別扱いはイヤ」というスタンスで世に出てくる二世というのがとみに増えた。しかしである。むくんだ寝起きの加藤晴彦といった風貌の、見慣れない地味な若者が、いきなり大手食品会社のCMに登場するのは、彼が山口百恵の息子だからに他ならない。デビューしたてで、まだ顔も知られていないこの段階で、「街中の女のコにキャーキャー言われて追っかけられ、必死で逃げる」という、往年の石原裕次郎レベルの人気者という設定のCMに平然と出られるその感覚・・・・・。
慎重50cmしかないのに「モデルデビュー」、公の場でしゃべったこともないのに「ラジオパーソナリティ」
・・・とこき下ろされるのはさんまと大竹しのぶの娘「IMARU」
国会議員にしても、げいのう人にしても二世がとやかく言われるのは、普通の人がそこに到達できることは並大抵ではないからだ。楽して儲かるとは言わないが、楽々と普通の人なら得ることのできないポジションにつくから。それってずるい、ということなんだな。だから二世タレント及び議員が大麻や覚せい剤で捕まったり、議員の場合ドジったりすると、な~んとなく溜飲が下がるのだ。
でもやっぱ世襲総理大臣が四代続くって異常じゃない?もっとも投票する国民にも、問題大ありなんだけどね。
by kateido2000 | 2009-04-26 01:55 | つれづれ日記

草薙くんが

草薙くんを草薙容疑者と呼んだマスコミにまずビックリした、稲垣メンバーとワケわからん呼びかたしたのに今度はなぜ?しかも稲垣に較べりゃ真夜中の公園で素っ裸はぜんぜんアリでしょうに。xxメンバーorxx容疑者の線引きってどっからやるんだろ??スマップ含めてジャニタレに全く興味はないけど、草薙くんに対する仕打ちはあんまりだろ。
時を同じくしてうちの界隈でも一悶着あった。ヘルスの呼び込み数名と酔っ払い数名が乱闘。。原因がわからなかった私たちは、最初遠巻きに見ていたけど、「ど~もあの作業服の中の一人が看板におしっこかけたらしい」と聞いて一同俄然呼び込みの味方にまわるもんね。
ホンットにおしっこには数々恨みがある。今思い出しても新鮮に腹が立つ宮崎シヤクソの職員!
宮崎市役所勤務の:石村弘62歳:(個人情報ど~のこ~のというんなら、かかって来い!)がうちのビルのエレベーター前でおしっこした。時間は午後8時。今から店が始まるという時間である。そん時「あんたナニモン?」って問い詰めると「日雇いだ」と開き直った。その日は○○連合会の集まりで、昼から飲んでいたという事実を後で知った。うちらの税金で飲み食いしたあげく、んっとに!!! (後日2度市役所に抗議のメールを送るも音沙汰なし) とまぁこういうことはしょっちゅうあるわけで、一度なんか店の自動ドアが開くと同時に若い男が自分のイチモツをこっちに向けていた。派出所に駆け込んだがムダだった。
そんなこんなに較べると草薙くんがやったのは真っ暗な公園。私らからするとぜ~んぜんOK。家宅捜索までやったのは、ドラッグ疑惑でしょうけどね~。
追:
今しがた女の人から電話「くすもっちゃん、私南高校の同級生。泉っていうの。覚えてる?」「覚えてる、覚えてる泉K子さんだよね」同じ名前だからすぐ思い出した。「あ~、良かった~。実はね・・・」
高校が同級だとは覚えていたが、幼稚園もそうだったらしい。「今年教愛幼稚園が100周年なの。それでね、一部取り壊されることになったの。だから同窓会もかねて皆で幼稚園に集まろうかということになって。連絡つく人に連絡してくれない?」「わかった是非出席する」ということで、連絡誰にしよう?・・・誰も思い浮かばない私って・・・・、友だちいないな~・・グスン007.gif
そういうことで、どなたか教愛幼稚園の卒園生がいらっしゃいましたら、
6月6日午後4時に教愛幼稚園にお集まりください。取り壊される前にぜひ!
by kateido2000 | 2009-04-24 20:49 | つれづれ日記

駅弁を買う

椎茸弁当で有名なおべんとやさん。私の住家の殆ど隣。気になっていた日替わり弁当を買う。今夜はコレにしよ、とふと思い立ち2個注文。1個420円で千円札1枚を出しておつり。帰りかけて、あ、息子の分も買ってやるかと振り返ったら、お店の人1000円札を持って追いかけてきた。「1枚落としましたよ」「あらら、どうもすみません。おべんともう1個お願いします。」
お弁当3個持って出ようとしたら、今度は出入り口のガラスにガシャンと体ごとぶつかってしまった。
「大丈夫ですか?」「だ、大丈夫です」う・・・、おでこが痛い。それに、かなりそそっかしい人と思われたに違いない。このお店は昔ながらの佇まいで、もちろん自動ドアなぞない。だけど、ガラスに何か貼ってよ~007.gif
d0073646_056940.jpg

by kateido2000 | 2009-04-23 00:56 | つれづれ日記
劇場に足を運ぶつもりだったのに見そびれていた映画 「オリヲン座からの招待状」。短編(表題:鉄道員)を映画化している。作ったのはそれと同じ「東映」。主演は宮沢りえと加瀬亮。映画批評家からはお涙ちょうだいの駄作として片付けられ、ビデオレンタル店にも在庫は私が借りた1本だけ。確かにこの短編小説をここまで長い映画にするのには無理があったかもしれない。でもいいんだ。浅田次郎センセだもん。加瀬亮なんて、この留吉を演じるためにいるみたいな俳優で、宮沢りえは歳をとるというより、歳を重ねたという言い方がぴったりの女優さんだ。痛々しいくらいか細い手。ささやくような京都弁には少しも違和感がないのはさすがだと思うし。
加瀬亮は存在自体が素晴らしい!!ジャニーズ系かバカキャラばかりが跋扈するこのドラマ界に咲いた1輪のバラ?
私と乳母はこないだまでフジTVでやってた山田太一による「ありふれた奇跡」で、加瀬亮にどっぷりつかってしまったのだ。(風間杜夫と岸辺一徳の女装も見事だった)
「すんません、すんません」と謝る加瀬、その都度ペコンペコンと90度に折れる腰、これが秀逸。最初に登場したときは文無しで、屋台でうどんを食べているおっちゃんをぢっと眺める。「おばちゃんがご馳走しちゃる」って言いたくなる。
とにかく私はこの映画で、まんまと泣きました。映画評論家たちよ、悪いか!
d0073646_133520.jpg


4月17日の<私の嫌いなもの>を読んだAさんから苦言を呈される。「あれはいけません」。いや~、やっぱりAさんっていい人だ。毒を吐くあたしを知らない。それにこのくらい毒でもなんでもなく、おなかの中をずずず~っいっ、て切ったらそりゃあもう黒くて黒くてとてもヒト様には見せられません。息子があたしを「ぶりっ子」呼ばわりするけど、ふんだ!女だも~ん、ぶりっ子してナンボっしょ!A様ごめん、その代わりと言っちゃなんですけども、それ以上でも以下でもないです。おんなはコワイです。そのコワさを知らないで一生過ごせれば、それが一番です。でも「オリヲン座」のトヨさんに憧れます。いつも思うけど、浅田センセイの書くようなトヨさんみたいな女はいません。少なくとも私は会ったことはありません。「風と共に去りぬ」のレッド・バトラーがどこをさがしてもいないように。レッド・バトラーはいないけどスカーレット・オハラはゴマンといます。「すんません」
by kateido2000 | 2009-04-22 00:25

My Favorite Things

今日はMY birthday
先日Aさんと息子の店でおしゃべりしたの。たまたま居合わせたお客さんの知り合いが今日誕生日らしくて、
息子が「うちの母もです」とか何とか言っちゃったものだから、Aさん覚えていてくださって、今日彼からお花が届く。カスミソウとピンクのバラとシンプルでセンスがいい。さすがだな~、だけど知っちゃったばっかりに、と恐縮。忘れてほしいんだけど誕生日って一つ歳取るんだしさ。そうそう、歳はとるもんだよ、今女性誌では「としを重ねる」な~んていう、こじゃれた言い回しをするみたいだけど、・・・今井美樹は自分で歳を重ねてきて肩から力が抜けた・・な~んて、いかにもなコメントしてた・・・話はとぶけど、イヤですね~肩から力が抜けたとか、自分さがしの旅とか・・・まぁ、誕生日くらい毒は吐くまい。嫌いなthingsは数々あるけど、好きなthingsも数々。
昔昔観た「Sound of music」の中の
「My Favorite Things」・・・マリアが唄う 「わたしの好きなモノ」この唄が好きで、ふと今日思い出したから。。。

Raindrops on roses and whiskers on kittens (バラの花の雨露、子猫のひげ)
Bright copper kettles and warm woolen mittens(ピカピカしたやかん、毛織の手袋)
Brown paper packages tied up with strings(紐でしばった茶色い小包)
These are a few of my favorite things(みんな私の好きなもの)

Cream colored ponies and crisp apple streudels(クリーム色の子馬、サクサクした渦巻きパン)
Doorbells and sleigh bells and schnitzel with noodles(ドアベル、そりの鈴、ヌードル付きの子牛                                           のカツレツ)
Wild geese that fly with the moon on their wings(翼の上の月と飛んでいる野生のアヒル)
These are a few of my favorite things(みんな私の好きなもの)

Girls in white dresses with blue satin sashes(青いサテンの飾り帯がついた白いドレスの女のこ)
Snowflakes that stay on my nose and eyelashes(鼻の先や睫毛にくっついた雪のかけら)
Silver white winters that melt into springs(シルバーホワイトの冬が春にとけだすこと)
These are a few of my favorite things(みんな私の好きなもの)

When the dog bites(犬にかまれたとき)
When the bee stings(蜂に刺されたとき)
When I'm feeling sad(とても悲しいとき)
I simply remember my favorite things(好きなもを思い出せば)
And then I don't feel so bad(悲しみはとんでく)

自己流で訳したから多々間違いはあるかも。うさこ後は頼む。

あえて書かなくても(言わなくても)いいとは思うのですが、あたし<ベタ>なこと及び行為、言動が嫌いで、ってゆうか苦手。今でも忸怩たる思いを抱きながら思い出すのはうさこの結納の儀式の際のこと。
「本日はお日柄も良く・・・・幾久しくお納めください」にたった一言「幾久しくお受け取りします」が出てこなくて「えっと、なんだっけ?」
うさこよ、あのときはほんとにごめん。(もう時効だよね)

嫌いな言葉・・・
「・・・なんて雨でも降るかも~」という迷信の押し付け。
びしょぬれの人に「水もしたたるいい男」という根拠のないなぐさめ。「
ジムでエクササイズやった後の「も~、汗びっしょり」という独り言。(私に言っているの?私も汗びっしょりだし・・)
うちの店で
「こんげまでして、呑まんといかんと?」という投げかけ。呑まんで帰れば?
「これ飲んだらニシタチ(通り)を走りまわらにゃいかん」んなワケねぇだろっ!
「ウンコの力~(ウコンの力を持って)」このギャグ1000回は聞いた。1回死ね!
「良薬口に苦しだもんね」 これも聞きすぎてイヤになった。この言葉に罪はない。
「これタツの?」という直裁かつ卑猥な質問。おめぇ次第だよ!
好きなthingsはまた今度。
by kateido2000 | 2009-04-17 21:28 | つれづれ日記
             祝10さい!!
d0073646_19222088.gif

d0073646_19272521.jpg

by kateido2000 | 2009-04-16 19:23 | つれづれ日記

ウキウキでーと

Aさんとデート♪県立美術館で待ち合わせ。4月11日(土)から4月26日まで「日赤秘蔵名品展」が開催されている。600円なのでまだ観てない方はゼヒ!目玉はチケットに印刷されている「小磯良平」の「集い」。
かなり大きい作品。
Aさんはこの日サッカー観戦、その間あたしは図書館に。
週刊文春で浅田次郎氏連載中の「一刀斎夢録」のはじめの部分を読みそこなっている。
この際ここでバックナンバーを借りてコピーしてこ、と思って「週刊文春のバックナンバー貸してください」と頼んだら、2004年の4月から「週刊文春」は取ってません、との答え。
えっ!?どzど~して?週刊朝日もサンデー毎日もあるのに。第一市立図書館にはちゃんと週刊文春が置いてある。確かにかの週刊誌、くっだらな~い記事も多々あるけどさ、清濁合わせ飲むのが県立図書館じゃないのっ!心の中で毒づくも声には出せず(デート前だし)、引き下がった。う~ん、納得できない。

仕方なく別の本を読んでいるところに「どこにいますか?」とAさんからメール。→美術館では小磯良平の絵に圧倒されながら一緒に展示されている、花瓶やなんかも鑑賞。その中の一つ、備前焼きの壺はタマネギみたいな胴体に細~いエントツみたいな口。タマネギの部分は50cmくらいなのに口の部分は1cmくらい。↓こんな形(ヘタだけど)
d0073646_2322627.jpg

「一輪挿しにもなりませんね」と私が言うと、Aさん「あれは飾っておくだけなんです。花は挿さないんです。多分すごく高価なものです」「いくらくらいでしょう?」「わかりませんけど○○万円」「ひぇ~○○万円!」
そのプライスカードを付けてもらうと、ホントに助かるわっ!と思うのはわたしだけ?
Aさんは備前焼きのコーヒー茶碗をコレクションされるくらいの備前好き、この日備前が岡山だということを知った私とは10000光年くらいかけ離れていますね。でもAさんの噛んで含めるようなレクチャーでかなり知識を得る。後、未知の世界だったサッカーのことや野球のことも楽しく学ぶことができた。
この顛末を環ちゃんに話しているとこにAさんが見える。「わっ、噂をすればシャドー!!」
彼は今度の飲み会に息子の店を選んでくれたの。8人ですか?う~ん、行ってみますか?
でまたボンターブルで楽しくおしゃべり。そうそう、Aさんは「壬生義士伝」のTV版(を既に観たことがあるとおっしゃった。私が皆に薦めまくったこのドラマは10時間弱の長さもあるが、宮崎圏では放映されなかったのもあり、観たと言った人はAさんが初めてだった。もう、うれしくなって、即効親しくなっちゃったのだ。
Aさんはこのドラマで「いや~かなりティッシュ使いました」
そう、これって泣くんだよね~、Mノ原と二人で観て、ティッシュの取り合いしたもん。
Aさんの言葉に、2度うれしくなりました。
by kateido2000 | 2009-04-14 02:28 | つれづれ日記

映画ベスト10

生まれて初めて観た映画は「ノンちゃん雲に乗る」だった・・と思う。白黒映画だったけど、ノンちゃん役の鰐淵晴子がおそろしく可愛いかった。小学2年生であんなに可愛いコいるなんて!おまけにヴァイオリンを弾きバレーを踊っていたのだ。そういう意味でも忘れられないし、詳細を覚えていた。私と鰐淵晴子では何歳か私が若い。だからあの映画を観たのは小学校一年生くらいだったんだろうな。
今回日本映画チャンネルで放映され観たら、記憶とほとんど違ってなかった。
ただノンちゃんのお母さん役が伝説の大女優「原節子」というのは今回認識。
d0073646_3332888.jpg


<コーラス・ライン>を観た。何度目だろう。劇団四季の<コーラス・ライン>はそりゃナマで観るから臨場感はあるしメチャ面白い。・・・というものの、ダンスの上手さは映画の比ではない。映画のほうの黒人男性(「♪サプラ~イズ~」と歌う)は、うますぎる。あれはダレ?と思ってネットで調べたら40歳の若さで夭折していた。脳腫瘍なんだって。名前はグレッグ・バージ。かなりショック・・というよりもったいない、映画の中でもダンスの上手さは群を抜いていたのに。
d0073646_343398.jpg



夭折といえば、週刊文春のコラムニスト「清野徹」も亡くなっていた。毎週彼のTV批評「ドッキリTV語録」を楽しみにしていたのに、先月から掲載されなくなり心配していたらそういうことだったのだ。
こんな批評を彼は書いている。
●このままでは自民党は空中分解する●
「あのねぇ、あの人も”羞恥心”に入っちゃえばいいんだよ」・・・大竹まこと テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」
 大竹まことが言う「あの人」とは誰のことかといえば我等が宰相麻生太郎のことだ。
 おバカさんトリオ”羞恥心”の魅力はなんと言っても天真爛漫な明るさにある。 
しかし”太郎”は漢熟語が読めないだけでなく大ウソつきでもある。こんなヤツが羞恥心に入る資格などあるわけがない。

by kateido2000 | 2009-04-12 03:40 | 好きな本好きな映画