好きな本、好きな映画、おもろい人々、泣かずに遊ぼ!


by kateido2000
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

イーストウッドの映画の良さが今ひとつわからない。「ミリオンダラーベービー」も若干理解に苦しんだ。だから「硫黄島・・」は見てもいない。で、今日「グラン・トリノ」 を見たわけは・・・。イーストウッドがもう老境に入っているし、この作品がもしかして最後?と思うから。わたし自身も今日やっと一人でまったり~の時間が持てたからでもあるが。携帯で上映時間を調べたら、書いてない!え?もう終わった?電話したら19時5分の1回きりの上映になっています、とのこと。押っ取り刀でシネコンへ。いつものようにコーラとポップコーンキャラメル味を買って入る。
予断を持たないように私はこの映画の予備知識を全く持たずに入った。だから「グラン・トリノ」が車の名前ということは、映画がはじまってしばらくしてわかった。イーストウッドは自動車工(フォード)の仕事を引退して一人住まい。息子は車(トヨタ)のセールスをやっている。
「米食い虫」の国の車(日本車のことですね)なんかを売るとは!と苦々しく思う父(イーストウッド)。
イーストウッドの妻の葬儀の場面から映画は始まるのだが、高校生の孫娘は耳と鼻とヘソにピアスしたまま参列。「おじいちゃんが死んだららグラン・トリノちょうだい」と言う。
映画の中にはどうしようもないワルな若者たちが出てくる(メッチャ憎憎しい!ってことはすごくウマイ?)が、この孫娘みたいな、ヤなやつが出てくる。そのヤなやつって息子だったり孫だったりその連れ合いだったりするワケで、もしかしたら自分も似たようなことやってるかも(やったかも)、と思わせる。
ところで日に1度の上映というのは何故?人気があるからまだやってる?人気が無いから日に1度?ん~ん・・。因みに「余命1ヶ月の花嫁」(実話にしたってこんなタイトル良く恥ずかしくないな)と「ルーキーズ」は満員御礼。等身大のルーキーズたちの写真の前で、記念撮影する女子高生多数。

映画の話しに戻る。この映画、いいです!素直にホントにいいです!イーストウッドの首のシワはタルンとたれさがっている。でも、あ~やっぱりカッコイイ~。「グラン・トリノ」はいいです。同じく自分も老境に入ったから?ラストのラストで泣きました。
d0073646_233075.jpg

by kateido2000 | 2009-05-31 23:37 | 好きな本好きな映画

叔母よさようなら・・・

葬式というものは、その家のカラーが色濃く出る最たるものではないだろうか。それともあのセレモニーの違いは、お坊さんが好きでやっている?んなわけない。何かの作法に則ってやっているんだろう。田野は宮崎市に合併されたけど、そんなもん名だけで、大根畑が広がる田舎には違いない。そこに住む亡き叔母をわたしたちは、こよなく愛していた。大量の喀血をしたと聞いた日からこの日の来るのは時間の問題だったが、なるべく楽にさせてほしいことだけを私も、多分家族も望んでいた。叔母は安らかに逝った(と思う)。
それにしても仰天したのは参列者の多さ。叔母の母親のときは1000人だったから今回は一応500用意したと、長男のTは言った。通夜の列は3時間たってもとぎれない。一介の主婦の享年77歳の叔母が、である。
そういえば・・、村八分も葬式だけは除外と聞いたことがあるような・・。
叔母は私の、両親、祖母、叔父、兄と皆の葬儀にも年忌にも来てくれた。愛と同時に私はこの叔母に恩を感じている。だから今まで自分の三親等以外の身内の葬儀が不本意な(私にとってだが・・)場所であろうものなら、○○葬儀社~?行かない!などとぬかしておった。が、今回は仮通夜、本通夜、葬式と3回も田野に足を運んだ。A葬儀社、普段の私だったらその葬儀社の名を聞いただけでキレかけたかも・・。なのに最後は骨まで拾ったのだった。(一つ一つ、ここはどこそこの骨です、と厳かに教えてくれる火葬場の職員。叔母の骨はキレイな白だった)
叔母の死の前後の1週間、家族は不眠不休に近い。疲れはてる。精も根も使いはたす。そして感覚が少し麻痺して、その分悲しみから逃れられる。葬式の所謂「お取り込み中・・」というのは、そのためのものじゃないのかとさえ思うのだが、違う・・・?


追; 父が死んだ際、母がつくった句を想いだした。
      紫陽花が 許せないほど 咲いて通夜    信子
叔母の通夜に行く道々にも、見事な紫陽花が・・・。
by kateido2000 | 2009-05-31 02:44 | つれづれ日記

同窓会・・・

夕方から夜に変わるころ同級生の網くんが久しぶりにひょっこりやって来る。ドキっとする。やはり同級生の一人が具合が良くなくて皆で心配しあっているからなのだが・・・。
「なんかあった?」
「下野くんとここで待ち合わせ」
「なんだそうか、珍しいね」
「うん、同窓会のことで打ち合わせ。こんなのは早め早めがいいやろ」
「え?じゃ、今年の夏くらい?」
「いや、来年1月」
というわけで、来年の1月には同窓会です。プチ同窓会はしばしばやってるけど、今度は大々的にやるんだってさ。ホラ、アラカンだから。これを読んでる姫だるまとりん子殿、遠い東京にお住まいですけどね、もう先もないから、来るのよ!またちゃんと決まったらお知らせするわ。
「キョーコ、ここんとこ俺見らんやろ」
「うん見ないね、なんで?その年で隠居?」
「いやいや、ジムに行ったりジョギングしたり、色々やってるよ。この年になったら、もうよだき~」
う~ん、ど~だろ?飲みまくってクダまいてるオヤジもいただけないけど、よだき~などと早々に自らリタイアするのもいかがなものかと・・。早く老けちゃうんじゃないかな?

話飛ぶ
たった今「息子が熱が出たからヒエピタください」と女性客。
「息子さんおいくつ?」
「二十歳です」
「じゃ、発熱外来に行かれたほうがいいですよ。」
「いえ、ただの風邪だと思います。急に熱が出て」
それがインフルエンザの特徴だと説明して、ヒエピタは気持ちいいけど決して良くならないことを得々と説明、病院に行かないならと一応「麻黄」を薦める。
「明日は仕事に行くものだら」
え~っ!それってメ~ワク~!!「あの、マスクは着用されたほうがいいですよ」

神戸高校の校医が生徒が新型インフルエンザだと疑った3つのワケ・・
①男子生徒が発病したのがGW明け(5月11日)だったから。成田空港の検疫で高校生が新型インフルエンザと確認されたが連休中に水際をすり抜けた人がいる可能性があった。
②この男子生徒は季節性のインフルエンザ予防接種をしていた。
③神戸高校のバレー部が内の何人かがインフルエンザにかかっていると言った。
この医師は保険所に検査を依頼したが「念のための検査は1回だけ」と言われたそうである。だからこの男子生徒が新型ではなく、他の生徒が新型だとしても、チャンス(?)は1度きりだった。運がいいのか悪いのか、検査した男子生徒は陽性だったというわけなのだが・・。

小倉千加子は書く。「本当の『水際作戦』とは空港での検疫などではなく、港町における医師の直観に負うものなのだろう。」
by kateido2000 | 2009-05-30 03:05 | つれづれ日記

よね様へ

店頭にマスクが帰ってきました。4月の下旬から品薄状態が続き、注文しても入荷のメドがたたないとのこと。とうとう連休明けてからは払底してしまいました。
それから何人「マスク」と言って来られるお客様をお断りしたでしょう。一人の人には私の使いかけマスクを差し上げたました。ヨネ様、うちの店にマスクが帰ってきたとこみると、もう大阪にもマスクはあるんじゃないでしょうか?先週の日曜伊丹からのフライトで着く娘を迎えに行った折、出てくる人のほとんどがマスク着用の中、娘と2人の孫ちゃんは不着用。とりあえずマスクがお手元にある方々は、来る秋冬に備えておくと良いかと思います。
d0073646_037652.jpg

by kateido2000 | 2009-05-29 00:37 | つれづれ日記
「本の本」で斉藤美奈子が書いている。
活字依存症の定義
①ひとの家に来て本を読む。
 ご機嫌うかがいと称して遊びにきたと思ったら、ちょっと目を離したすきに、椅子に座ってもう何かを読んでいる。そのへんに投げ出してある古雑誌だったり資料用の本だったり。活字乱読者は本の格好さえしていれば何でもよく、一度読み出したら、すぐ心ここにあらずになる。
②飲み屋で本の話をする。
  「あれ読んだ?」「読んだ」といえば「どう思った」といい、「読んでない」といえあばサワリの解説をして「どう  思う?」
③飯食いながら本を読む
 ラーメンやに漫画や週刊誌が置いてあると、注文もそこそこにしめしめとばかり、すぐ手にとってよみはじめる。こういう人はいよいよ読むものがなくなると、店の壁に張ってあるポスターから、備え付けのメニューまで活字を求めて視線が落ち着きなく泳ぎ始める。
④旅先の宿で本を読む。
せっかく風光明媚な場所に出かけても、部屋でごろごろ読書している。いつも本が手元にないと不安でたまらないのである。
⑤ビョーキであることを恥じない。
  指摘されてもまるでこたえず、いちおう「ゴメン」とすまなそうな顔はするものの、すぐ開き直った発言が出る。「私は活字中毒だから」。


アルコール依存症の場合「適量でやめようと思っても、つい酔いつぶれるまで飲んでしまう」「休日には、ほとんどいつも朝から酒を飲む」「商売や仕事上の必要で飲む」「酒を飲まないと寝付けない」などのチェック項目がある。これはそのまま活字依存症に摘要できそう。
 ただし、問題は、アルコール依存症には社会的不適応者のレッテルが張られるが、活字依存症にはなんおオトガメもない点である。


そうかそうか、両方とも似てるのね。
因みに斉藤自身は「活字中毒」のほうで、見渡す限り本・本・本・の大型書店に数分いたら、それだけで吐き気がし、一刻も早く逃げ出したくなるんだって。
by kateido2000 | 2009-05-21 00:04 | 好きな本好きな映画

異常事態

月曜、開店と同時にマスクを買い求めに見えるお客様。その大半が大阪や神戸に住む、友人や子供さんに頼まれてという。1時間もしないで品切れ。そして知人から「マスクはない?」の電話が相次ぐ。う~ん、マスクね~。あれって感染している人が他人に移さない効果はあると思います。だから職場や学校はマスクを義務づけるのは良いことです。だけど移されないための予防はあまり期待できないというのが、専門家の見解。

<西洋薬と漢方薬>・・・北海道漢方医学センター:本間行彦院長
西洋薬による風邪の治療は対症療法、つまり症状を抑える治療が中心だ。セキが出ればセキ止め、熱が出れば解熱剤が使われます。「風邪に使われる漢方薬はほとんどが体を温める作用を持つ」という。熱が出るのに、なぜさらに体を温めるのか。

 実は、ここにも漢方の知恵が働いていたのです。「風邪のウイルスは、熱に弱いのです。そこで、体は風邪をひくと体温を上げてウイルスを駆逐しようとします。漢方薬はその体のシステムをうまく利用して風邪を治すのです」。特にインフルエンザウイルスは熱に弱く、37度台になると時間単位で死滅していくといいます。これが38度台になると分単位、39度台になると秒単位で死んでいくそうです。「高熱が出るということは、それぐらい強いウイルスに感染したということなのです。

風邪をひいて4~5日たつと、急性期を過ぎて亜急性期に入る。(1)口の中がネバネバする、苦い感じがするなど口の中の不快症状が出てくる(2)セキが出る(3)食欲も低下する(4)全身がだるい、という4つの症状が出てくるのが、この時期の特徴。

 こういう時期に入ったら、もう葛根湯(かっこんとう)や麻黄湯(まおうとう)など急性期の薬は効かない。「小柴胡湯(しょうさいことう)を中心に、柴胡剤がよく効く時期」だという。柴胡剤は、現代医学的には、免疫を高めることが動物実験などで証明されているそうです。

  風邪の亜急性期の場合も、小柴胡湯は日ごろ割合、体力がある人に向く。高齢者など体力があまりない人の場合は、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)など、柴胡剤でももう少し弱いものが向くそうだ。「柴胡剤を服用すると普通は3~4日で治ります。もしそれでもよくならない、長引く風邪の場合は、風邪で落ちた体力を上げる漢方薬が必要になってきます」と本間院長。いつまでも同じ薬を続けず、時期によって変えるのが、漢方薬で風邪を治すコツなのです。

とにかく初期の風邪&インフルエンザは麻黄湯・葛根湯。
その時期が過ぎたら紫胡剤。紫胡にはサイトカイン・ストーム(体の免疫が過剰反応して致死的な循環器障害を引き起こす)を抑える作用があります。
☆身体は冷やさない。だから冷たいものは口にしない。良く寝る、食べる。
by kateido2000 | 2009-05-20 01:47 | つれづれ日記

星の空レストラン

都城の菓子野町というあんまりわかんない場所にあるレストラン「星の空」ここに来るのは2度目。でも道なんてぜんっぜん覚えてなくて・・・。私とA様と環ちゃんとT様で行くはずが、T様が突然行けなくなる。キャンセルは出来ないので急遽乳母が行くことに。乳母の分T様払い。
前行ったときもそうだったが、今回も4人で貸し切り。
  緑の中にこじんまりとあるレストラン星の空」 
d0073646_3174384.jpg


                    本日のメニュー↓
d0073646_17534239.jpg

   この日1番好きだと思った1品。上から順にウニ、ほたて、グリーンアスパラ&ホワイトアスパラ。↓
d0073646_17585260.jpg

余談ですが、この日5月17日(日曜日)は天気予報は雨のマーク。でも私は最強の晴れおんな。自分で言うのもナンなのですが、向かうところ敵(雨)なし!食事を終え帰ることには星空が見え、川のほとりでは蛍が飛びかっていました。普通に歩いていたら「あら、ホタル」という経験は初めてだったので、ちょ~感動!

・・・この日のために買った靴↓雨かもしれないとゆうので今日は履くのをやめたの。「デルコ」さんとこで特注したとってもプリティなピンクの靴。「SEX AND THE CITY」のキャリー・ブラッドショーは靴フェチ。キャリーの足元にも及ばないけど、靴大好き!
d0073646_19435452.jpg

by kateido2000 | 2009-05-18 18:32 | おいしっちゃが!
本買いに本屋へ出行く。何の不思議もなけれども・・・。、これがちょっと前までは当たり前だったのにね。今ネットで即行欲しい本買えるもんね。だから、週一本屋に行っていたのが、月二になり月一になりつつある。TAYAや明倫堂に行っても、お目当ての本が見つかったためしがないんだもの。だけど本屋に行くのは本を買うためだけじゃない。今を感じることが出来る。平積みになった本の中に決して欲しい本はないのだけど、そこに旬を感じることができる。手にとって立ち読みするのも本屋の醍醐味。(今はネットでも立ち読みできるけど)それにネットで好きな本ばっかり買ってると、読む本が偏向してしまうきらいがある。
そんな時に斎藤美奈子著「本の本」はすっごく役にたつのです。
斎藤美奈子を教えてくれたのは友人のライターリン子。彼女がくれた「冠婚葬祭の秘密」がめっちゃ面白くて、それから彼女の著書は網羅しちゃったのだ。斎藤の本業は書評家である。で、「本の本」もありとあらゆるジャンルの本を書評している。ちょっとずるい方法だけど、彼女が書評している内容を読んで「あ、これ読みたい!この作家面白そう!」と自分のジャンル以外に読む本をチョイスできるという便利な本。だって世の中にある面白そうな本を全て読むなんてできっこないから、感性が自分と似ている斎藤美奈子の書評を信じて本を選ぶというのはとっても合理的?なような気がするのですが・・・。
本の帯の惹句はこうだ。
斎藤美奈子<本領発揮>
「ときには伝道者の気分でその魅力を喧伝し、ときには著者になりかわってその意義を力説し、ときには読者の立場でちょっとした苦言や要望を呈する」

そうそう、この本図書館で1度借りたんですが、重くて膨大(なんせ厚さが6cm)な量。それに何かの都度に読みたい。TUTAYAにちょうど1冊あったので買っちゃった。2800円(税抜き)だった。
d0073646_21592328.jpg

by kateido2000 | 2009-05-16 22:01 | 好きな本好きな映画
上記の説が「週刊朝日」に掲載され、ホラ見たことか、とちょっと得意。以前にも書いたけど「タミフル」の代わりを「麻黄湯」がやってくれる。記事中に・・・・
森医師(横浜市立大学医学部)が診察したインフルエンザ患者のうち、「タミフル」で治療した13人と、「麻黄湯」を与えた11人を比較した。高熱で来院した患者が36.9度以下の体温になるまでの時間を計測したところ、タミフルが平均25.38時間に対し、麻黄湯は14.09時間だった。
【5歳の女児】
発熱の翌日に受診。38.5度の熱とせき、寒気があり、A型インフルエンザ陽性で、麻黄湯を服用すると午後に多量の尿が出て、翌朝解熱した。
【10歳の男児】
38度の発熱の翌日に受診。A型インフルエンザ陽性で、麻黄湯を服用すると夜中に発汗、翌朝解熱した。


タミフルがウイルスの増殖を直接阻害する薬なのに対し、漢方薬は人間が本来持つ免疫力を高めてウイルスを排除する点が根本的に異なる。このためウイルスがたとえタミフルに耐性を持ったとしても効果は続く。
タミフル自体「八角」と呼ばれる生薬の成分を抽出合成し、原料として作られたものなのだ。

それでも感染しても発病する人としない人がいる。しない人は「免疫力が高い」といわれているが、ではどうすれば免疫力を高められるのか。
皮膚や粘膜を丈夫にすること。体を冷やさないこと
外のウイルスがまず体にくっつくのは、のどや鼻の粘膜や皮膚。花粉症で鼻の粘膜が弱り、喫煙でのどの粘膜が傷んでいるとウイルスが増殖しやすくなる。
「日ごろから蒸気を吸ったりマスクをしたりして乾燥を防ぐことが大切です。体温を下げないように、冷たい飲みものを控え、お風呂で温まりましょう」

新型ウイルスの感染で心配されるのが「サイトカイン・ストーム」と呼ばれる現象だ。未知のウイルスに体の免疫が過剰反応してしまい、致死的な循環障害や多臓器不全を引き起こす。元気な若い人ほど現れやすい
「小柴胡湯(当店では【チキョウ錠】に配合されている、「柴胡」という生薬には、このサイトカイン・ストームを抑える作用があります。タミフルと一緒に処方するのも一つの方法です」

余談ですがこの「小柴胡湯」(うちではチキョウ錠です!)をインフルエンザが流行っている時期に限り飲んでいると、インフルエンザにかからないか、かかっても軽症で済むと、森先生は言っている。
                         チキョウ錠↓
d0073646_26017.jpg

もう一つ免疫力をつける強~い味方【パナパール】この薬のおかげでばび(私)はかろうじてがんばれると言っても過言ではありません。↓
d0073646_2121319.jpg


ご注文はいつでもど~ぞ。代引き対応・5000円以上は送料・代引き料共無料です!!
コメントに入れてくださ~い。(非公開でも公開でも)
by kateido2000 | 2009-05-15 02:12 | つれづれ日記
<CSI>は今シーズン6に突入している。過日、いつものよのうに真夜中にハードディスクに収録したヤツを見てると最初のシーンに見知った顔。「あっ!フェイ・ダナゥェイ!」。
私の年くらいで洋画フアンなら誰でも知っている大女優なのだ。名前は知らずともかの名作「俺たちに明日はない」といえばわかってもらえるよね。「ボニーとクライド」フェイ・ダナゥェイとウォーレン・ベイティ がそれぞれを演じて、ラストで2人が撃ちまくられるシーンが衝撃的な映画。フェイはこの後「タワーリング・インフェルノ」で去年亡くなった「ポール・ニューマン」と共演、「華麗なる賭け」ではあの「スティーブ・マックィーン」と共演。大女優の位置を不動のものにしたのだ。20年ほど前、やはりtvドラマ「コロンボ」でゲスト出演していたが、その時でさえシワを引っ張りあげて、様々な手を加えたであろう、磨いたリンゴの如き顔面だった。
今回<CSI>ではその顔面がキツネっぽくなっていたけど、そんなことはホンットどーでも良くってよ。
よくぞ出演してくださった!あ~、生きてて良かった!生きていてくれて良かった~!!
フェィ・ダナウェィのカッコよさは昔も今も変わらない。ただただカッコよさで売ってきたフェイ。その大女優ぶりがtv<CSI>の中でも如何なく発揮させられて、チョ~面白い1品になっている。
オススメ度100%の《CSI;シーズン6:ラストショー》
今回も往年の大女優という役どころ。ダンスを踊った後「こんなに息が上がったのはフランク・シナトラと踊って以来よ~」というとこらへんが、ウソのようでホントのようで・・・。

d0073646_2024920.jpg

d0073646_2062075.jpg

by kateido2000 | 2009-05-12 20:06 | 好きな本好きな映画