好きな本、好きな映画、おもろい人々、泣かずに遊ぼ!


by kateido2000
カレンダー

<   2010年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

バーゲンセールで・・・

デパートや専門店は夏のバーゲンですが、ネット上でもナンダカンダのセールが。
良く見るサイトに「Mikon Finland Shop」というのがあります。ここは北欧雑貨「マリメッコ」をはじめインテリア、ファブリック、ステーショナリーなどの雑貨が盛りだくさん。30%offの↓このショルダーバッグをゲット。
ちゃんと名前がついていて、「PALJON ILOA(パルヨンイロア)たくさんの幸せ)だそうで、持ってるだけで元気になれる?携帯もこないだマリメッコに替えたからマリメッコinマリメッコでご機嫌♪るんるん。
d0073646_18354363.jpg

バッグと一緒に手づくり見本帖も購入した。ハンドメードブックで簡単なクッションやカーテンやテーブルクロス、ワンピースなどの作り方もちゃんと載ってるの。
ミシン買おうかしらん。あ~、でもワンピースなんか結構難しそう。う~ん、ランチョンは簡単かな~??
なんせ生地は1メートル4~5000円はするから、間違った!なんて許されない。あ、そうだ!友人の姫だるまに頼もう。。。。。・・・ということで姫だるま様お願いできますか?
d0073646_18412925.jpgd0073646_18424538.jpg










めっちゃラブリーなこの生地で!!
d0073646_18445060.jpg

by kateido2000 | 2010-07-28 18:43 | つれづれ日記

百姓うどんのカキ氷

もうすぐお盆というのにお墓参りを滞っている。どうしても行かなきゃ、と息子K郎と弟とお昼過ぎの1番暑い時間に墓参。
あ~~、お父さんお母さんごめんなさい、こんなに草ボーボーで~・・・。
暑い・熱い・アツイ!こ一時間黙々と3人で草むしり。最後にK郎が「おじいちゃんおばあちゃん、もう少し店を忙しくしてよ」「お墓にそんなこと頼んじゃダメ!あっちで元気?に暮らしてね、しか言っちゃいけないの!」
それにしても暑いし、汗もかいたので3人で百姓うどんのカキ氷を食べにいくことに。ここのカキ氷は宮崎では有名。超背い高のっぽなの。↓食べるときには立ち上がらなければ食べられない。3人でこのカキ氷に挑戦したけど、半分食べたとこでK郎「頭いてぇ~」。3人ともそこで降参。半分残すことになったわ。
d0073646_136770.jpg
d0073646_1362643.jpg














夜はうーたんとお風呂で泡泡遊びに興じる。
d0073646_1373636.jpg
by kateido2000 | 2010-07-28 01:39 | つれづれ日記

祭り&鰻&環ちゃん

7月24日の今日は宮崎小戸神社のお祭り。ここのお祭りは3台の御輿が街中を練り歩く。子ども御輿と男御輿と女御輿だが今年は女の人の応募が少なかったみたいで、男女混合御輿に様変わっていた。↓
何にせよ小戸神社の祭りの今日が宮崎は1年中で1番暑い。毎年御輿を担ぐ人たちは息も絶え絶え・・・に見える。熱中症が毎年心配なわたし。そうそう、ここの御輿の掛け声は東京深川あたりの木遣り唄に似ている。唄の最後に「よ~いせ~、は~らせ~」の声が実にいい。

d0073646_23382194.jpgd0073646_23383687.jpg









T先輩が来たら必ず行くのが「織田薪」という釜揚げうどんやさん。
☆今日の夕ご飯はK郎(息子)が「鰻が食いて~っ」と何日も前から言うので土用の丑の日の2日前だけど鰻にする。青空市場の「尾方うなぎ」で二匹昨日のうちに予約しといた。後でもしかしたら嫁ちゃんたちも来るかもと思いうちの近くの魚屋「いおき鮮魚店」でもう1匹買っとくことに。どっちがおいしいか?「いおき鮮魚店」の鰻が厚さも味も勝っていたような気が・・・。☆
・・で先輩と一緒に行った「織田薪」。対面にうら若い女性が一人釜揚げうどんと稲荷2個を注文した。若い女のこにむちゃくちゃ弱いT先輩。黙って食べさせればいいのに色々オヤジギャグを飛ばしながら話しかける。イヤな顔をされると思いきや、ニッコリ微笑んで「仕事帰りなんです」と応えてくれた。聞くところによると彼女CA(キャビンアデンダント)なんだって。それでこの笑顔と受け答えなのね、流石!先輩に彼女の分まで支払わせて「スナック環」に。
環ちゃん今日も絶好調。歌を続けて5曲も歌ってくれた。
d0073646_032388.jpgd0073646_041168.jpg
d0073646_054087.jpg









今日環ちゃんが来ている着物はなんとジーパンの生地で作ったモノらしい。胸の部分に「tatumi」と刺繍したタグが縫い付けてある。後ろもこんなかんじ。↓

d0073646_0144819.jpgd0073646_0245895.jpg
by kateido2000 | 2010-07-24 23:25 | つれづれ日記

Mノ原の東京土産

妹分のMノ原が久しぶりにやって来た。虎屋の羊羹持参で。「東京から今帰ってきて、宮崎空港から来たんだよ~」ということらしい。
「お~っ、虎屋の羊羹。ありがと!」何種類かが詰め合わせになっている、一番好ましいヤツ(切らずにすむ)。
「カレシに会いに行ったのかい?」
「宮崎の仲間と富士山に登ってきた。K-タ(カレシね)も行くっていうから、一緒に登った。ご来光拝めました~。カンドーですぅ~」
「富士山ってどっから登るの?」
「新宿を出発して五合目まで行って、そこから自力で登るんです」
「すごい!」彼女自身が撮影した写真がこれです。↓」
d0073646_2331922.jpg


「そっか~、良かったね~、富士山に登ったなんて、あたしもみっち(うばちゃん)も経験ないよ。」
「でもね、・・・」
「何?」
「K-タと一緒に富士山のてっ辺に登ったんだから、あたしとしてはそこでプロポーズの言葉の一つも欲しかったんだよね・・」
あたしゃ死ぬほど驚いた。Mノ原にそんなロマンティックな乙女心がまだ残っていたなんて。
でもまぁ、いわれてみればもっともな話しだ。うん、そりゃK-タはここで一発かまさなきゃ、だわね。いってみればここでプロポーズって、めっちゃ思い出に残るだろうし、Mノ原史(そんなもんがあれば)に燦然と輝く記念日になったろうに。そ、か~、そういうパフォーマンスって、K-タ好きそうに見えるけどね~。
「それがね~、K-タ高山病にかかっちゃって、熱は出るは吐き気はするわで大変だったんですよよ~」
「え~っ!高山病!?」
「ツアーの中の2人は高山病で下山しました。K-タはなんとかがんばったんだけど。」
そりゃ~プロポーズどこじゃないかもね。
一方Mノ原の元気なことといったらどうだろう!たった今宮崎空港からうちまで直来たってゆったよな?彼女に疲労の色は微塵もない。
「富士山のてっ辺まで登るの結構しんどかったんですよ~。だからこりゃ痩せたわい、と思っていたら、太ってたんですよ~、どんだけ~!!」
やっぱMノ原は並みの女じゃないわ。あたしはMノ原を見上げながら改めて納得した。
by kateido2000 | 2010-07-24 02:46 | つれづれ日記

M子さんの話し

直接M子さんを知ってるわけでなく、友人の友人がM子です。M子さんは容姿端麗、才女(東京大学出身)、その上家庭と仕事を両立させ日々颯爽と生きているという人なのです。M子さんの話、蒸し暑い夜に愉しんでね。

ある日M子さんはバスに乗っていた。それから降りる前に口紅をつけておこうと思い、鏡と口紅を出した。麗しいお顔に鮮やかなルージュがひかれ、さらに美しくおなりだった次の瞬間、バスの前を子どもが横切った。キキーッ!!運転手は急ブレーキを踏む。バスの中は一時騒然となったが、子どもが無事だとわかりホッと一息。バスはまた平穏に走行を続けた。しかしM子さんの身には大変なことが起こっていたのである。さっきつけていた口紅が急ブレーキのせいで手元を狂わせ、なんと鼻の穴に入ってしまった。周りの人は事故の心配に気をとられ全然気づかない。おかげで鼻に口紅のつまったM子さんはそのことを誰にも見られずにすんだというわけだ。口紅は鼻に入ったままピッタリと収まって抜けなくなっていた。女というのはこんなとき咄嗟の判断がつく。Mこさんは口紅を根っこからボキッと折って本体だけを鼻の穴に残したまま、ハンカチで顔をおさえた。M子さんは人知れずこっそり手鏡を出して己の顔を見てみた。鼻の穴が真っ赤だ。「おっ、結構鼻血っぽい」と彼女は一安心した。まわりからは鼻血なのね?と思われるから。それから彼女はおおむろに鼻から口紅を抜こうとしたが抜けそうにもない。早く、い、家に帰らねば・・・。その途端に降りる停留所がきて、ベルを押すことができず(左手バッグ、右手鼻)「ピンポーン!!」と叫んだのだそうだ。
by kateido2000 | 2010-07-22 23:44 | つれづれ日記
昨日7月14日は娘うさこの誕生日。娘不在のまま「ととや」で祝った?
うさこは両親(私を含む)とその祖父母たちにとっては初めての赤ちゃん。今思い出してもあれは、狂喜乱舞阿鼻叫喚乾坤一擲の狂想曲だったわ。私の母は育児室に並ぶ赤ちゃんたちを見て、「うちのコが群を抜いてかわいい!」と言い切った。友人の洋子は冷静に「サルじゃ・・」と言ったけど。
うさこが産まれてから私が「乾燥機が欲しい」といえば乾燥機が、「電子レンジが欲しい」といえば電子レンジが翌日には届いた。37年前だからまだどちらもそれなりに高価だったはずだ。
うさこを生んだ私はまるで将軍さまの胤を生んだ御台所か側室かといった趣きだったのだ。
今思い起こせば、「K子(私)がまともに子どもを産むなんて奇跡だ。結婚すら奇跡だったのに」ということだったんだろうな。

うさこが1歳になるくらいのときのことです。(船塚町というとこに住んでいました)近くの八百屋さんに(あのころはそこかしこに個人商店がありました)買い物に行きました。うさこを乳母車に乗せて。バギーとかベビーカーとかいうんじゃなくあれはまさしく乳母車でした。青色で箱型で深さがありました。うさこは乳母車の縁(ヘリ)につかまって立っていました。うさこの年で計算すると、季節は6月か7月。買い物を済ませ家に向かっているとき、不意に目の前に小さ~い虫の大群が襲ってきました。慌てて乳母車を急に早めたものだから、立っていたうさこはそこからまっ逆さまに頭から落ちました。ギャーっ、火がついたみたいにうさこは泣きました。私はもパニクってしまい、どうやって家まで帰ったかおぼえていません。姑に電話してワーワー泣きました。姑はここぞとばかりに「大体あなたは・・・」とお説教されました。今おもえばこのときの姑も姑だと思います。だってこんなときに嫁の悪行た並べたってしょうがないっしょ。
この時のことを私はたまに思い出します。結果は、ギャーッと泣いたからどうもなかったということですけど、そもそもあの虫の大群は何なんだ?井上靖の小説「しろばんば」に出るしろばんばのことかと長年思ってましたが、どうも違うようです。調べてみたらそれは「ユスリカ」ではないかということがわかったけど・・・。
「しばしば川や池の近くで蚊柱をつくる」とあります。ついこないだも自転車で行く途中、この大群と遭遇、運転を誤りそうになりました。
まぁ色々なことがあったけど、無事に今までこられて良かった良かった。
         誕生日おめでと~
by kateido2000 | 2010-07-15 19:04 | つれづれ日記

ととやでだれやみ

良く働いた後に飲む酒を宮崎の方言で「だれやみ」という。語源は知らない。知っている人教えてください。
で、あたしとK郎(息子)の場合は今から働く、じ~じの場合はまさにだれやみ、を「ととや」で。いつも美味しい魚貝類をおいしく食べさせてくれる「ととや」。朝から何にも食べていない。ヒトのおごりだ!喰うぞ!の気合を込めて取りかかる。
お通しの「真子」のおいしいこと。程よい甘辛さが、う~んなんとも!お造りは赤貝と鯵のたたき。
新蓮根の天麩羅はシャキシャキとうまい!「あたしはいつものあなご丼お願い」
穴子丼はメニューにない。だから穴子丼をためらわずに注文する新規の客はあたしの紹介と、すぐわかるそうです。K郎は歯医者の帰りで口がまだ麻痺してる、とか何とかいってお刺身を持ち帰るための皿を持参してきた。じ~じが「皿が多きすぎる、皿が!」
d0073646_2171885.jpgd0073646_2173046.jpgd0073646_2174218.jpg











d0073646_21101765.jpg
by kateido2000 | 2010-07-14 21:08 | おいしっちゃが!
日曜日、ジム→滋泉庵(とろろざるそば)→slash(美容院)の順でこなし、映画に行こう、7時半のイオン行きのバスに乗ろう、今7時、うんちょうどいいわ、と思ったとき何か忘れていると気づく。何?ア~ッ、選挙~。宮崎小学校に全力で自転車こいで、候補者の名をささっと書いてマンションまで帰りチャリ置いて駅前のバス停へ。わりと余裕でセーフ。
<アデル/ファラオと復活の秘薬>はお気に入りの監督<リュック・ベッソン>が手掛けたファンタジー・アドベンチャー。この監督の代表作は何といっても「レオン」ね。彼の作品はシリアスなものでもどこかしらユーモラス。だけど「アデル」はほとんどコメディなので、安心して笑っていられる。じめじめした夏にすかっと爽やかな1本。見どころの一つはフランス。時代は1911年なのでそのころのパリのファッションと、背景、特にルーブル美術館の全景や内部の様子がふんだんに出てくるので、それを見るだけでも価値ある1本だと思うわ。あと、ミイラ。ミイラが5000年の眠りから蘇るんだけど、たまたまルーブルにそのミイラ達の展示会をやってたもんで、ルーブルで蘇るんだわ。そのミイラ達がとっても可愛いの。オチャメなの。言うこともエスプリに富んでいる。viva!リュック・ベッソン!おすすめ!

d0073646_2052959.jpg
d0073646_2073184.jpg

by kateido2000 | 2010-07-12 20:07 | 好きな本好きな映画

お相撲さんって

一昨年息子一家は博多場所に行き、観戦後うーたんは武蔵丸に抱っこされて写真を撮らせてもらった。20数年前息子も当時の大関(名前忘れた)に抱っこされている写真がある。お相撲さんに抱っこされると、子どもは丈夫に育つと言われている。
去年のことである。宮崎で巡業があった。市内ではなく宮崎でも地方のほうだったからあたしたちがお相撲さんの姿を見ることはない・・・のに、その日の真夜中午前2時くらいに3人のお相撲さん(というより、相撲取り)がやって来た。ちょん髷に着物姿はイヤでも人目を引く。全然見たこともない力士3人はかなり酔っていた。力士が酔っちゃいけないってことはないが、「今の時間させてくれるとこはないか?」の質問はあまりにもミもフタもない。これまた力士が女買うって(、一応日本では売春も買春も法律違反でしょ?)どうよ?
国技だ品格だ神事だっていっても相撲取りのレベルはそこらのあんちゃん以下である。
大相撲は崖っぷちどころか崖の先っぽをかろうじてつかまえている状態。風前の灯火。
大好きな内館牧子さんがかわいそうでならない。
by kateido2000 | 2010-07-08 17:26 | つれづれ日記

披露宴のドレスと靴

こたび行かなくなった(行けなくなった)ねこうしの結婚式。普段でも着られるドレスを購入。でも普段すぎてちょっとかな~と、嫁ちゃんに借りてみた。うん、なかなか。あ、靴がない!バーゲンのさ中靴を買った。普段ヒールは履かないのでうんと安い1足を「スーパーマルショク」で購入。↓どやさ~!・・・って、今回は必要なくなったよ・・シクシク・・・。
d0073646_159531.jpg


7月4日、そうだ、マリメッコの携帯が発売されているはず、とdocomoの前で思いつき入店。赤いマリメッコの柄が1台だけ残っていた。わ~い♪、購入~。どやさ~。
d0073646_211188.jpg
d0073646_23758.jpg
by kateido2000 | 2010-07-08 02:03 | つれづれ日記