好きな本、好きな映画、おもろい人々、泣かずに遊ぼ!


by kateido2000
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

・・・・・「有頂天ホテル」「マジックアワー」、んで本作「ステキな金縛り」です。
前回の「マジックアワー」もそうだったんですけど、主要なキャスト(深津絵里:西田敏行:中井貴一)以外のちょっと出演の配役がスゴイ。へ~、こんな人も出ているのね。
三谷ファミリー総出演?市村正親と篠原涼子は夫婦初共演ではないでしょうか。(絡みはありませんでしたが)

三谷幸喜は自作の映画の宣伝のためなら寸暇を惜しんでTVに出まくる。批判する人もいますが、これって当たり前のことでしょう。自分」が作った映画は1人でも多くの人に観てもらいたい。スポットCMをばんばん流すよりいいと思います。

あたしが観たのはレイトショーだったので少し空席もありましたが、昼間はどの回も満席だったみたいです。
面白いかと問われれば、面白い。

一番笑ったのは、生瀬勝久がタクシーの運転手で出るシーンでした。生瀬勝久はやっぱりホントに面白い。
そうそう「サラリーマンネオ・・・NHK」がムービー化されるそうです。生瀬勝久が観たいから行こかな。
オススメ度?う~ん、75点かな。
d0073646_19233652.jpg

by kateido2000 | 2011-10-31 19:05 | 好きな本好きな映画
今日は宮崎芸術劇場でクラシックコンサートがあったんだって。Yセンセから電話。
「何処にいるの?」「教え~ん・・・・・」
意味わからん!教えんなら電話してくんな!ほっとこっと・・・。
Yドクターとはこういった攻防を日々くりかえしている。子供か!?

数10分後、また電話。「んもう!何処!?」「あんたんとこのビルぅ~」
どーせビオトープじゃわい。スプモーニというカクテルがちょうど飲みたかったから、ビオトープに出向く。
わお!センセのタキシード姿、似合うじゃ~ん。馬子にもナントカ?
見たって、見たって・・・。
d0073646_1245739.jpgd0073646_125724.jpg

2人の女子に囲まれてご満悦。







 

夕方T社長から「天一」に食事に誘われる。あたしは基本的に外食が好きじゃない。自分ちでちまちまある物を食べるのが性にあっているのだ。だけど誘われれば行かなきゃ日本の経済は冷え込む、ってゆうか、あたしの回りのお店の経済のために、誘われたら断らない。これ、基本です。
T社長は今日すっごいシワシワの1万円札をたくさん持っている。「シワシワで恥ずかしい」と言う。
「シワがあろうがシミがあろうが1万円札に変わりはないでしょう。」
「実は今日貯金箱から出してきたんよ。1万円札と5千円札だけを気が向いたときにヘソクリ貯金してて、今夜開けて見たら97万円あった」
そういうことなら伊勢海老のお造りと、湯がきと味噌汁と・・・・・とバンバン注文。
T社長は「天一」の豚足が大好物。ワシワシと食べる。よそから見える方たちに天一の豚足を教えると、ほとんどの人が豚足の虜になる。おいしいの?豚足。私ゃよう食わん。
d0073646_1345938.jpg

by kateido2000 | 2011-10-29 01:38 | つれづれ日記
本著は浅田次郎氏の「新撰組三部作」の3作目です。
1作目「壬生義士伝」は盛岡南部藩の吉村貫一郎、「輪違屋糸里」は島原遊郭の太夫の目から見た土方歳三や芹沢鴨がそれぞれの主役。
3作目の「一刀斎夢録」の主役斉藤一は新撰組の中でも、沖田総司、永倉新八に並ぶ強さだったといいます。
だからこそ昭和まで生き延びたと、浅田次郎氏が語っています。(注:永倉新八は明治まで)

前の2作に比べると物語はわりと平坦。斉藤一を逆さに詠んで「一刀斎」なのですが、これは浅田先生のお考えでしょうか。

斉藤一が昭和の時代の近衛将校に語って聞かせるという形態をとっています。
ところどころに吉村貫一郎も登場して、少し得した気分は浅田先生のサービスでしょうか。

「いやむなしくも(1867年)大政奉還」、そのあたりのゴタゴタぶりがこの本を読めばわかります。
鳥羽伏見の戦いに続く戊辰戦争はそんなに遠い昔のことではないのですが・・・。

まぁそんなこんなのたいそう面白いこの1冊。浅田次郎の腕はイヤ、筆は冴えわたります。

ところで吉村貫一郎が新撰組に入隊した年端もいかない少年にコンコンと諭す場面があります。年端もいかずに壬生狼と恐れられる新撰組に入隊するのだから、それなりの可哀相な深い事情があります。それを吉村貫一郎は全てを聞いた後2人に向かいこう言います。

「一つだけ約せよ。苦労は男子の本懐だが、その苦労をけっして看板にしてはならぬ。君たちの苦労はこの吉村がすぺて承知したゆえ、二度と口にするな。苦労は口に出したとたん身につかずに水の泡となってしまう。」
うんうんいい言葉です。心が洗われるとゆうか、反省っ!とゆうか・・・。

ところで斉藤一はこう言います。

おのれの欲せざるところは、人に施すなかれ、か。
おのれを先にして人を後(のち)にすることなかれ、か。
いちいちもっともであるな。武士道なるものは無私の精神にほかならぬであろう。
軍人であり、政治家であり、あらゆる法を司る立場にあった武士は、まずおのれを滅して民草に仕えよ、ということがすなわち武士道であった」・・・・・

武士道を以って政治にあたる政治家がいなくなったのが今の日本の原因なんですね。
無私?そんな言葉があったのよね。

「おぬしも帝國軍人ならば、武士道をわきまえよ。お国のために死するが誉れではない。滅私奉公の結果として、生くるも死ぬるも可とするが軍人の本分である」
この本に書かれている内容が事実に基づいているのが半分としても、斉藤一って一体何人の人を斬り殺したんだろう。晩年警察官になっているもんね。「勝てば官軍負ければ賊軍」の混沌とした時世だから許されたことなんでしょうね。

d0073646_252157.jpg


先だって京都に行ったことは書きました。 「どこへ行ったの」「壬生寺、と八木家」
ほとんどの人が「あんだって???」なもんだから、もう教えたくないよ~。
清水寺や金閣寺だけが京都じゃないぞ~っ。色んなお寺は観光客も少なくひっそりと楽しめるよ。
阿舎利餅よか屯所餅のほうがうまかった。「屯所餅」は八木家十五代当主八木喜久男が営まれる「鶴屋」というお菓子やさんのお餅。今度は屯所餅買いに行きたいくらいです。
d0073646_214466.jpg

by kateido2000 | 2011-10-28 02:05 | 浅田次郎

八代花火大会

「やつしろ競技花火大会」に行って参りました。
お昼12時に宮崎駅前から出発のバスツアー。添乗員さんもつきます。50歳くらいの女性で、多分昔は宮交のバスガイドだった方だとお見受けします。

あみんちゃんと2人で遠足気分でるんるん♪バスツアー。駅で椎茸弁当を買って車中で食。
18時半から始まるのだけど、なんだかあっちこっちが混みこみになるらしい。なるだけ早く着くように皆が揃うとサクサク出発。八代インターを降りるとさすがに車が渋滞。
d0073646_21282055.jpg


それ以外はスムースに運行。2時間で到着。陽も高いので、八代の物産品の出店を歩く。あるお店に長~い行列が。
「シュードナツ」とある。こんなのよ、知ってた?↓ミカエルパンらしい。・・・って宮崎じゃ~ん・・・。
d0073646_21353193.jpgd0073646_2241576.jpg








あちこちに仮設トイレ。400台あるトイレなのに、この後あみんちゃんはすご~くトイレに並ぶことになる。飲むはずのビールは取りやめにした。あたしはおしっこが遠いので大丈夫。
d0073646_2264515.jpg


     テントを張っている人多数。
d0073646_2273669.jpg

見物人は30万人もいるという。宮交ツアー(「また旅ツアー」というネーミングです)のシート↓あたしもここにいます。
d0073646_2210392.jpg

お弁当とお茶、それとお土産のお茶葉と、花火の打ち上げ前後に振るペンライトも付いて8000円です。豚汁を買ったはいいが、自分の陣地まで持ってくのに一苦労。
d0073646_22131138.jpg

花火13000発が音楽にのって打ち上げられる。圧巻はやはり仕掛け花火。打ち上げと仕掛けと音楽のコラボに感動!!あ~、なのに無情の雨が。こんなこともあろうかと雨合羽と傘持参。
d0073646_22161128.jpg

北は秋田、南は鹿児島まで全国各地から30の有名花火師が集まり、その技と華麗さを競う西日本唯一の花火競技大会。「

はぁ~、きれいだったね~・・・・・、帰りは皆きちんと集合したにもかかわらず、100台を越えるバスの先頭が出ないと身動きとれないんだよね。花火は8時半に終了したけど、宮崎駅に到着したのは午前0時を回っておりました。はぁ~くたびれた。
by kateido2000 | 2011-10-24 22:20 | つれづれ日記

女子会

女子会といっても同窓会です。「女子会」というネーミングはちと図々しいような気もしますけで、ま、いいじゃない。一次会は息子の店<ボンターブル>で。二次会は<ビオトープ>で。6時半からはじめて、気がつけば夜中の12時。私以外は全員主婦。しかし外見はともかく、中身は変わんないなぁ~、みんな。
東京からy子がたまたま帰省していた。「来る?」って聞いたら「来る」って。そうこなくっちゃ。

d0073646_193236100.jpg

そうしたらちょうどこの日がY子の誕生日だって。y子がK郎(息子)に「あたし誕生日」
「知らんよ」って言われたけど、宴もたけなわの頃サプライズバースデイケーキ!!067.gif
d0073646_19375290.jpg

ボンターブル
[カウンターイタリアン]
ボンターブル
JR宮崎駅西口 徒歩14分
宮崎交通橘通三丁目 徒歩7分
〒880-0002 宮崎県宮崎市中央通2-28 カテイ堂ビル5F(地図
ぐるなびで ボンターブル の詳細情報を見る
※2011年10月13日現在の情報です
ぐるなびぐるなび

by kateido2000 | 2011-10-11 19:37 | おいしっちゃが!
今回の上洛で「へぇ~」と感じたことと、「それは?」と思ったことがあった。

「へぇ~」と思ったのは下鴨神社の参内をそぞろ歩いているときです。ゆかしき風情の↓こんな灯篭がありました。「献灯 下鴨 一老女」と記されています。ほ~、さすが京都と思いました。一老女ですよ、あなた。
d0073646_18163896.jpg


八木邸に行ったことは書きました。
※「京都はどこを回ったの?」と聞かれ「壬生寺と八木邸」と言うと、ど~も「八木邸って何?」となるようです。
NHKの大河ドラマ「新撰組」ってあたしも見なかったけど、八木邸は出てこなかったのかな。「八木邸」の認知度の低さにビックリしています。

浅田次郎の著書「壬生義士伝」「輪違屋糸里」の中では要所で「八木家」での新撰組が出てきます。

「八木家」で起こった芹沢鴨惨殺事件の顛末を切符を売ってるおばさんがガイドも勤めます。
「この時隣の部屋では吉栄という人と糸里さんというお方が寝ていました。事件の後は2人ともどこかに逃げていきました・・・・・」という説明に「糸里たちは島原の輪違屋に戻ったんじゃないんですか?」と質問したら、「は?輪違屋?」とその存在すらご存知なかった。
「芹沢鴨が襲撃かけられたときふみづくえ(文机)に足をとられまし。、転んでそのまま斬られて死にました」
の説明は正しいのだけど、文机はふみづくえではなくふづくえと言うのが正しいんでは・・・。ま、どっちでもいいみたいだけど、ちょっとがっかり。

歴女(ギャル)とおぼしき3~4人は熱心に拝聴していた。

入場料1000円の中に、おうすとお菓子がついている。
お菓子は屯所餅という名でなかなかおいしかった。京都駅伊勢丹のデパ地下で行列して購入した阿舎利餅よりこっちのほうが好きかも。
d0073646_03479.jpgd0073646_0341823.jpg
by kateido2000 | 2011-10-08 00:34 | おいしっちゃが!

初秋の古都

今回の上洛の目的は、京都市美術館で行われているフェルメール展。題して「フェルメールからのラブレター展」 。3点が展示されています。≪手紙を読む青衣の女≫≪手紙を書く女≫、≪手紙を書く女と召使い≫
d0073646_21323989.jpg

この混雑の中に私もいます。中高年(もちろん自分も含む)が多いのは多分「冥土の土産」感ではないでしょうか・・・。それにしても秋日和のいいお天気。
京都市美術館は平安神宮と隣接しています。
d0073646_22484264.jpg


浅田次郎フェチの私がまだ行ってなかった「壬生寺」と「八木邸」。
d0073646_21381597.jpg


芹沢鴨と平山五郎<何れも八木邸で新撰組に惨殺された>のお墓にも参る。
d0073646_21451492.jpg


年配の方はご存知なのかな?「ああ 新撰組」という歌の碑があった。100円投入すると三橋美智也の歌が流れる仕掛け。もちろん100円投入して聞いた。
d0073646_21501112.jpg


ちょっとカルチャーショックだったのは京都の観光客に日本人がいないこと。殆どが中国か韓国とおぼしき言葉が四方から聞こえてくる。ちらっと見ただけだが清水寺へ向かう道は人と車でごったがえしている。壬生寺や上賀茂神社、南禅寺といったところには観光客はまばら。こっちのほうがいいんだけどな・・・。やっぱり皆清水?
・・・んで、下賀茂神社に行く。ここは「恋愛の最強パワースポット」なんだって。、縁結びの神様がまつられている『相生社』があるからですが、あたしやうさ子にもう用ない。けど2人の孫娘たちにはまだ早いよね。
下鴨神社に御手洗(みたらし)池がある。そうそう、ここはみたらし団子発祥の地なのでした。
「土用の丑の日に御手洗池の中に足をひたせば、罪、けがれを祓い、疫病、安産にも効き目があるといわれている。」だそうで、ここから例えば「ヤクザの足を洗う」とかいう言葉が生まれたのだとか。
ま、土用丑の日ではないけど、歩きすぎて汗ばんでもきたから皆で足を洗い、ウン、禊、ミソギ。
d0073646_2210537.jpg

下鴨神社のお向かいの「加茂みたらし茶屋」で本場みたらし団子を食す。
d0073646_22205397.jpg

何故か間違えて注文した「雑煮の味噌仕立て」。これが以外にいけたらしい。
d0073646_22325044.jpg

日を改めて子供たちは学校、幼稚園へ送り出し大人の京都をうさ子と満喫。
d0073646_22135972.jpg


外人さんも多いので表には英語で書かれたインフォメーション。曰く「うっとこは豆腐しかおへん。・・中略・・現金で払ておくれやす」
d0073646_22163120.jpg


デザートはもちろん「鍵善」の葛きりどすぅ~。
d0073646_22184865.jpg


d0073646_22502387.jpg
d0073646_22504066.jpg


以上秋の京都でした。
by kateido2000 | 2011-10-05 22:34 | つれづれ日記

結納終えた2人

幸せそうなこーたとMノ原。今日シェラトンでつつがなく結納を済ませたそうです。
「そか、そか、じゃーご馳走したげよう。おめでとう!」とボンターブルで乾杯。
この2人の最初からを見守っていたあたしにとっては、感慨深いものがあります。よく8年間も持ったもんだ。それはどちらがえらかったんだろ。何はともあれ末永く幸せにtね。
d0073646_1422484.jpg

by kateido2000 | 2011-10-05 01:42 | つれづれ日記

-

d0073646_18102552.jpg

暑さも一段落、久々の京都どすぅ〜。夜着いたので腹減った。
晩御飯は伊勢丹のデパ地下。和久傳の鯛飯と手鞠弁当などで済ませました。
by kateido2000 | 2011-10-04 18:10 | 好きな本好きな映画
あたしが住んでいるのは10階です。寝室からは真っぽす(この方言わかる?)宮崎駅が見下ろせる。
宮崎駅西口に複合施設の入るビルが明日オープンします。
長い間工事やってたけど、出来てしまうとあっけないもんです。
d0073646_216929.jpg

by kateido2000 | 2011-10-01 02:16 | つれづれ日記