好きな本、好きな映画、おもろい人々、泣かずに遊ぼ!


by kateido2000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2012年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ずっと昔の青空市場はお店もぎっしり埋まっていて、いつ行っても活気あった。
京都の錦市場とまではいかなくても・・・・。
今は半分ほどのお店の戸板(シャッターなんか無かった時代からあるから)が閉まっている。
そんな中「稲口商店」は少しだけ高齢のおじさんが1人できりもりしているお店。
お正月前に丹波の黒豆を必ずここで購い、今の季節はらっきょうを買います。
おじさんのおかみさんが亡くなってからは、1人でらっきょうを作っています。
「1人は何倍も大変」だそうです。
「がんばって作っていただかないと困ります」と勝手なあたし。
だってらっきょう大大大好きなんですよ。それも漬けたての浅~いヤツ。
自分で作れば、ってゆう話しなんですが、
稲口商店の秘伝の味が好きでたまらんのですよ。
こんなに大変な思いで作ってらっしゃるのに、このお値段?なのです。
d0073646_1962633.jpg
d0073646_1963972.jpg

お店の前に駐輪している私の愛車。「ひまわり食堂」さんから以前いただいたモノ。
この自転車をくるくる乗り回して1年365日です。
by kateido2000 | 2012-05-29 19:08 | おいしっちゃが!

おうち蕎麦

嫁ちゃん頼みの蕎麦つゆでしたが、ここまで蕎麦が好きなのなら、自分で作ってみようじゃないの。
・・・んで参考文献<クックパッド>
かえしと出し汁で作るつゆだよ。つゆは出しで調節できる。

「鍋に昆布をひたして30分置く」・・・・タイマー30分かける。
ま、とにかくこのレシピに忠実に忠実に作った蕎麦つゆ。
鰹節60グラムもケッコーな量です。

でも、わ~お!!!おいし~~~っ!

ちょっと病みつきになっちゃいました。毎日毎日ざる蕎麦三昧。
で、今日はたまたまストックしてあった、讃岐の乾麺(細めん)をざるうどんに。
あたし宮崎のやわやわうどんよか、讃岐うどんの細めんのほうが好きかも~・・・。
うん絶対こっち(讃岐)だ。
高校生時代通いつめた「三角茶屋」(今は「豊吉」だの「きっちょううどん」だのに分散)だったけど、
本当にごめん非県民のそしりをあえてうけよう。
讃岐うどんのほうが断然おいしい~!!!
因みに今日あたしが食した讃岐うどんは<高原通り商店>の細めん。
ゆがき時間が8分と長いけど、これもタイマー通りにゆでるのです。
手持ちのうどんと蕎麦の麺がなくなったら、去年頂いた素麺がまだな数十束あるので、今度は素麺つゆに挑戦しよう。
d0073646_19135554.jpg


<あんかけ焼きそば  栗原はるみ>
日曜日ワコールのセールで下着とパジャマを買う。家に帰って去年のワコールセールで買ったパジャマがたくさんあったこと気づく。(バカバカバカ)
パジャマとタオルが異常に好き。これって病気?いや病気になったときに(災害時も?)役立つと意識下で思っているのかも。お腹すいてカレーが食べたくなる。
ワコールの店員さんに聞いたら、「栗原はるみのお店のあんかけ焼きそばがおいいしい」と聞いて、そっちに方向転換。おいしいようなそうでないような・・・・・・。
d0073646_1919531.jpg

by kateido2000 | 2012-05-28 19:24 | おいしっちゃが!

初夏の京都 Ⅱ

娘うさ子が「もっと違うとこ行こうよ」って言うけど、あたしはここがいいの!と譲らない食のお店が、南禅寺「奥丹」の湯豆腐と、「鍵善良房」の葛きりです。
ことに鍵善の葛きりは四条河原町あたりを散策した後の汗ばんだ喉にたまりません。
まずは奥丹で湯豆腐
d0073646_14104412.jpg

南禅寺から八坂神社を抜け四条の鍵善まで。葛きりつるつる。「はぁ~っ、たまらん~っ」
d0073646_1474280.jpg

以外に広~い南禅寺本堂。(お金いる)
d0073646_14144735.jpg


<ホテル グランヴイア>
京都駅に隣接するホテルグランヴィアに2泊したあたしたち。
今回の旅行、フライトは毎度おなじみのマイルを使ったから無料でした。ホテルも一見高そうですが、連休明けのこの時期はピーク時の半額くらい。
シティホテルとビジネスホテルの違いは料金設定。多分シティホテルの半分くらいの値段設定がビジネスかそれに準じるホテル。
でも泊まって思うグランヴィアなどのホテルの居心地の良さ、アメニティの充実具合、ルームサービスやフロントスタッフからベルボーイにいたるまでのの対応の良さ。
これは倍の金額を支払っても充分、いや余りあるものがあります。
ことに私のように、子供や孫を連れていると、ホテルの滞在時間が長いので、そう思うのかもしれません。

<いっしょにマイル割り>
今回従姉妹を同伴したのは、ANAのサービス(いっしょにマイル割り)なるものを見つけたから。
プロパーだと大阪←→宮崎は往復40000円。(いっしょにマイル割)は20000円です。
ピーク時は無理だから、ウイークデーだけね。

あたしのホテルライフに「ルームサービス」はあっても「朝食付き」はありません。
○○時から○○時まで、と時間を区切られるのがいやですから。
今回は京都駅の地下にある「イノダコーヒー」でサンドイッチとイノダ自慢の香り高い珈琲。
d0073646_14433386.jpg


京都についこないだ出来たという「水族館」に。
 d0073646_14455421.jpg
d0073646_14461420.jpg















ペンギンが小さくて可愛い~♪
d0073646_1454228.jpg


錦市場をぶらついた後、うさ子の希望で「サンチョ」という洋食屋さんへ。
めちゃめちゃ小さいお店。カウンターの後ろを通って奥まで行くのにファット体型は無理かも。
 d0073646_151261.jpg
d0073646_1531712.jpg












d0073646_155176.jpg


夜は次女だけ置いてうさ子は家に帰ったので、伊勢丹デパ地下でお弁当やワインや京都のおばんざいなどを買い求め、ホテルで部屋食。
d0073646_15105043.jpg


<荒井亭>
10年くらい前に友人の洋子と哲学の道をぶらぶら歩いて夕暮れてきた。お腹がすいたな~と思ったところにいいにおい。「わっ!コロッケ!!」倒れかけたようなお店でコロッケ、メンチカツ、トンカツと揚げている。
買い食いしちゃった。歩きながらあふあふ食べたこの味が忘れられず、京都に行くたびうさ子に無理を言っててここまで連れてきてもらいコロッケを買う。
「10個ください」と言ってから揚げはじめるので、少し時間がかかる。お腹ぐグゥ~。
お肉やさんなんだけど百年の歴史があるとおじぃ~さんの店主が胸をはる。一個53円という変な値段。
場所は三条蹴上、京都都ホテルの裏だと後でわかった。
d0073646_15241181.jpg
d0073646_15242621.jpg



















<斎造酢店(いつきぞうすてん)のうますぎるポン酢>

うさ子が今超お気に入りの花菱ポン酢。ほかではなかなか売ってなくて、わざわざ京都市内まで買いにくるんだって。うさ子のツレアイの本社の場所が嵐山で、豆腐といえば「もりか」の豆腐を買ってくるんだって。それにはここの花菱ポン酢がなくてはならないアイテムらしい。
私もこないだ鰹のタタキにかけて食べたけど、本当にまろやかでおいいしい~。
息子の子供うーたん(小学3年生のくせに、やたら食通)が
「こんなおいしいポン酢はじめて食べた~」
わたし的には、今まで「馬路村のポン酢」が一番だったけど、それを越えるおいしさです。なかなか購入できないのが難ですね。

・・・花菱酢醸造元 齋造酢店九代目、齋(いつき)正浩さんによると・・・
「基本的には料亭等のお店がお得意さま。長いおつきあいになっている、祇園の「いづう」さん。歴史あるこの店では、鯖寿司に当店の純米酢を水のように使っていただいています。味に惚れて、というから、こんな造酢店冥利(みょうり)に尽きることはありません」・・・・なんだそうです。
え?!「いづう」のあの鯖寿司もここのお酢どすか?! そ~どすか~!!!
一升瓶でしか買えません。
 d0073646_16223439.jpg
d0073646_16262738.jpg
                                         〒604-8243京都市中京区六角油小路東入ル

<一の傳の西京焼き>
ここはお取り寄せできます。よかったらど~ぞ。
d0073646_1654259.jpg

<おうすの里>
ここも取り寄せられます。
うさ子の友人が妊娠中、ここの「お茶事の梅」という梅干(スイーツかも)にはまったんですって。店頭で試食したら、「あらおいしい~」
とても夏向きな食べ物。
d0073646_17329.jpg

                      
                      おうすの里 祇園本店
                   京都市東山区四条通祇園町北側262番地
                          TEL 075-525-6222
                       
by kateido2000 | 2012-05-24 15:41 | つれづれ日記

京都の初夏

ディズニーランドやUSJよりも巨大なテーマパーク、それが京都である。
なんせ市内全域がそうなのだから、かなわないね。

今回あたしが行きたかったのは「六波羅蜜寺」
空也上人の像がおわします。山田太一の「空也上人がいた」を読んで、どうしても観たくなりました。


先に南禅寺の本堂をはじめて拝観してきました。
南禅寺山門までは何度となく行き、境内にある「奥丹」で湯豆腐を食すのに、本堂まで行くのははじめて。
なんという罰当たりな・・・。

本堂がたいそう立派でたいそう広いのに驚き!
それに比べ「六波羅蜜寺」は驚くほど小ぶり。
それなのに驚くほど仏像が素晴らしい!!!

実際会ってみたら、目の前におわす上人の目は哀しみと慈悲に溢れているように見えました。
おお、わたくしめの罪をお許しください、ってまじめに思います。

ところで六波羅蜜寺には空也上人のほかにもたくさんの像があります。教科書で見た平清盛像も本堂にあります。

薬師如来像や地蔵菩薩像などのほかに、閻魔大王の像も。閻魔様の前に置かれた三方はお賽銭が心なしか多いような気が・・・。このお寺はおばあさん率が異常に高い(己も含む)
閻魔様にお賽銭は、「近いうちにお邪魔しますが、その節はまぁ一つ手心くわえてねっ」という気持ちのあらわれか?あたしもここには100円お賽銭を置かせてもらう。

d0073646_1105282.jpg

念仏を唱える口から六体の阿弥陀が現れたという。

<東寺>
伊丹空港経由で京都に来る人は必ず東寺を左手に見る。
あたしも何十回もここを通ったけど、やって来たのははじめて。
「東寺」は弘法大師ゆかりのお寺で、毎月21日がお大師様の日にあたります。
私の父の命日が4月21日で、そのとき母が「良い日に死んだ」と何故か喜んでいたのだ。
後で聞くと「お大師さまの日だから、お父さんは極楽浄土に逝った」と。

で、ここ東寺では毎月21日に「弘法市」がたつの。
今度の上洛は従姉妹のミホと一緒だから、お上りさんコンビでお参りに。京都駅にあるホテルグランヴィアに宿泊したから、京都駅から近鉄でひと駅。「東寺」で下車。いつの間にか乗り合わせたおばあさんたちの群れと一緒にわらわらと一つの方向に向かう。
こんなのあり?東寺の前の歩道の半分を出店が出張って、押し合いへし合いしながらなかなか前に進まない人の群れにはこんな事情があったのでした。
それにしても「こんなの骨董市っ言っていいの?」とミホとあたし。
「う~ん、これってゴミだよね~」
「うんお金あげるからもらって、って言われてもいらないね~」正直そういう品の数々でした・・・・が、角度を変えるとステキな小物、となるのかも。あたし今「断捨離」って本読んでから、モノは捨てる、という方向だから、余計骨董がゴミに見えるのかも。
弘法大師の像は思ったより背が高く、「おとうさん、おかあさんをよろしく」と拝んできて、なんだかホツ。
d0073646_16182826.jpg

d0073646_16171479.jpg

d0073646_16162359.jpg


                                                続く
by kateido2000 | 2012-05-24 01:37 | つれづれ日記

市職員が入れ墨!?

さすが大阪でんなぁ~・・・・とゆう感慨しか持たない人は多いでしょう。

あたしのもちろん偏見なんですが、日本国の中で名古屋(愛知県ではなく)と大阪だけは、ヨソとは違った、まぁいわば「治外法権」のエリアという感じがしてならない。
普通無いよね、50人もの職員が入れ墨している役所なんて。
これは封建的とか保守とかという問題なんかじゃなく、両親からもらった身体に傷をつけるなどということは、
偶然でも必然でもやってはならない、と教えてこられませんでした?

だから「親に先立つ 不孝モノ」という言葉もあるし、

「身体髪膚 之親に受く、敢へて 毀損せざるは 孝のはじめなり」という言葉もあるのです。

身体髪膚・・・・五体も髪も皮膚の皮全部を怪我したり傷つけたりするのが、何よりの親不孝だと昔から言うんですね。
ですからあたしはピアスの穴もあけられなかったんだよね。
それ以外の親不孝はいっぱいしたから、せめて自分の身体に傷はつけずにおこうと。
それでもヒトは不可抗力の災害に見舞われて、己の身体に傷をつけずには生きていけない。
だから何もよりによって、自分で入れ墨を入れるというような愚をおかさずともいいじゃないか、
市職員だからというのではなく、人としてそれはどうかという話しです。
by kateido2000 | 2012-05-14 16:45 | つれづれ日記

リバウンドがコワい!

乳母ちゃんなき?後、嫁ちゃんのお弁当がおいしすぎるぅ~!!
某日・・そら豆ごはんときんぴら、、玉子焼き、蕗と高野豆腐などなど、写真見て↓
d0073646_1643399.jpg


嫁ちゃんの妹ちゃんが嫁いだのは福岡の大手の麺製造業。(とある、行列ができるラーメン屋さんもここの麺です
その妹ちゃんから大量のお蕎麦が、あ~っ、うれしすぎる!!!!
そのお蕎麦と共に嫁ちゃん手製のそばつゆや具材をK郎が持ってきて、2人で作って食べる。
「3人前湯がこう」
昨夜は温かい蕎麦、今日はぶっかけにして食す。ウマイ!うまいぞ!
d0073646_16484176.jpgd0073646_16485264.jpg
by kateido2000 | 2012-05-09 16:49 | おいしっちゃが!
乳母ちゃんがいなくなってさぞ不自由でしょう、と皆が思ってくれて「ビオトープ」のYちゃんも差し入れをしてくれる。
不自由かな~・・?
それがそうでもないんです。まぁ全然ナイといえば乳母にも申し訳ないし、ウソになるかもしれないけど。
元々ひとり好き。
乳母ちゃんがいるころお茶碗一つとっても、洗い方とか拭き方とかが気にくわなかった。
あたしは暑いお湯で(手が荒れるけどさ)すすいで、真新しい布巾できゅっきゅっと拭きあげるのが好きだったけど、乳母ちゃんは水で洗う、ゆえにきゅっきゅっと拭けず、なんだかお茶碗がビショビショ。
それから毎日「今日の夕食の献立」を聞いてくる。
カレーとかだったらいいけど、とんかつとかは食べる時間も聞いてくる。
そんなこんながめんどくさかった。(わがままですね)

ここんとこ好きな時間に一人分こさえて食べる。隣の駅の中の「アンテナショップ;串間」で大体の野菜は揃う。
今日の野菜スープは牛蒡と串間のさつまいもとニンジンだけの簡単スープ。余った牛蒡とニンジンでキンピラも作る。乳母だとムダに野菜を腐らせて、(だってあたしが冷蔵庫の中味を把握してなかったから)ムダが嫌いなあたしの神経はイライラしどおしでした。
そういう意味ではあたしも(多分乳母ちゃんも)今のほうがショウに合っているのかも。

<花魁道中!?>
何でかしら、夕方7時くらいに突然和太鼓の音。その後から「花魁道中」
宮崎は連休中たいそう良い天気が続いて、焼き鳥の「丸万」や「フルーツおおの」は恒例の行列ができてる。
※丸万の若社長に、「丸万の場所をしょっちゅう聞かれて何度も教えてあげたよ」って言ったら、とても美味しい手羽さきを持参してくれた。
花魁さんはクラブやお店の売れっ子さんかな。

d0073646_2311265.jpg

d0073646_2325555.jpg

by kateido2000 | 2012-05-05 00:26

ご飯ならつくれるっ!

乳母ちゃんがやめて皆が口々に心配するのは、あたしがどうやってご飯を食べるのか、とゆうことなのです。
あのねっ!あたし2人の子供のご飯つくってお弁当もこさえてたのよねっ。
つくるわい!ご飯くらい!
それに今はほとんどが野菜スープですませるからな~んも考えんでいいのよね。
でもって今日はお一人様2日目。
野菜スープもちょっとめんどくさいな~、と思っていたら、りんこから差し入れ。
<りんこは3月に東京からUターンしてきた、いわば引揚者なのです。>
それだけでは足らないから、ひぜん屋でお弁当1000円をテークアウト。

d0073646_117130.jpg


<しおやナンタラ~>
二股愛で世間を騒がせている彼はいったいナニモノ?
涙の記者会見ってあれ絶対ウソ泣きでしょう。
Y先生(産婦人科医)曰く、「あれはいかんよ、結婚詐欺だよ」
そうかな~、言っちゃうってことない?はずみってゆうか、ノリでってゆうか。
「結婚とかしない?」なんて。
下手な鉄砲も数打ちゃ当たる、ってなもんじゃないかな。
それに何か「結婚」って言わなきゃいけないようなムードになって、つい言ってしまった。リップサービスですね。
問題は言った相手が友達同士ってのがまずかった。
でもえらいですね。山路さんがエラソーにコメントしていたけど、彼らの三角関係は女の人どうしが険悪になっていたでしょ。
今回は友情が勝ったのね。さすがだね、という意見もあるかもしれないけど、こういう展開あたしは面白くないわ。
ここはやっぱり料理研究家とスーパーモデルの(キャラ濃い~ね)バトルが見たかった。
ふん、つまんね~の。
出来婚だの出産だのと、このごろの芸能ニュースに全く興味が持てなかったあたし。
やっと芸能ニュースっぽいわ~。
ところでリポーターに向かって謝っていたけど、あれがあたしには不思議・・・。
何であいつらに向かって「すみません」なんて言わなきゃいけないのよっ!
「オレのおかげでネタが出来たろ」っ!くらい言ってもいいと思うけど・・・・・。
by kateido2000 | 2012-05-03 01:31 | つれづれ日記