好きな本、好きな映画、おもろい人々、泣かずに遊ぼ!


by kateido2000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

じゃかいよっ!

いつも何かとお世話になっているjijiの口癖
「限界だね」
例えば「近頃の野田総理ってさ~」、とか「橋下徹って~」にたった一言
「限界だね」
これには、その後の議論の展開を許さない、ってゆうかミもフタもないままその話しは終わり、にする力強さ?がある。
いいかそれで、jijiよ!
「限界だね」

息子の歳がアラサーからアラフォーに変わりました。
同い歳のnobe子もだからあらふぉー。
キャバ頭に天高く盛った髪を見上げながら私は問う。
「どんげ?」
nobe子は答える。
「じゃかいよ」
この二言で近況全てがわかるという、恐ろしくも便利な言葉
「どんげ」と「じゃかいよ」
わっかるかな~、わかんね~だろ~なぁ~。
by kateido2000 | 2012-10-30 23:48 | つれづれ日記
カネを詰まれても使いたくない言葉

以前にも書いたけど、内館牧子さんのエッセーです。
司馬遼太郎の「カネを詰まれても使いたくない言葉」は「生きざま」
NHKがバンバン使っていたから、もう立派に言葉として成り立っているの?
そうしたら先日高倉健さんがNHKスペシアルで
なにかの質問に
「生き方」と答えていて、ほっとひと安心。やっぱり高倉健はそこらへんの青っちょろい役者とは違うわ、と感心。

ところで内館牧子さんのエッセーを受けて朝日新聞が「カネを詰まれても使いたくない言葉があったらお知らせください」と募集したんだって。回答が2561通来たらしい。

常連の言葉は
「ヤバイ」「マジ」「~じゃないですか」「~でよろしかったですか」「~みたいな」etc・・・
「~じゃないですか~」はかなりの頻度でバカなゲーノー人がインタビュー番組で使っている。

以下、「そうそうあたしも嫌い!」とヒザを叩く人がいる反面、以外?と思う人は悔い改めたほうがいいかも。

自分をほめてあげたい」
「自分にご褒美」
「尊敬する人は両親です」
「自分探し」
「思い出作り」
居酒屋などで「いらっしゃい」の代わりに「お帰りなさい」
「目線
」(これ私も使うな~、上から目線、とか。まぁ、正しくは視線なんだけど、やっぱニュアンスが違うような)
「Eテレ」というのがあった。回答者たちは「なぜNHK教育テレビといわないのか。Eテレにゾッとする」と書いている
因みに私は「Eテレ」に変わったことさえ知らなかったの。いつ変えたの?ちょうど朝日新聞記者のオカピーが来てたから「Eってな~に?」「エデュケーションでしょ」
ほ~、さ~すが~朝日新聞。
ところで今年のミスインターナショナルの世界一は日本人。インタビューに答えて
「お父さんとお母さんに感謝します」
そこは「父と母」だろう!と心でつっこむあたし。そんな常識さえ教えなかった「お父さんとお母さん」って・・・。日常会話では許されても(あたしは許さないけど)、公の電波に乗せるとき「くらい、とイラッとするのは私だけ?「そうあなただけ」・・・・と息子。039.gif

そして、「カネを積まれてもイヤ」と圧倒的多数が回答したのは「中高年の若者言葉」。
65歳の姑が宝石店で「メッチャかわいい!」と叫んだとき、嫁は他人の顔をしたそうな。
・・・ウッ・・009.gif

<北海道からジャガイモ届く>
芥川仁ちゃんの奥様K子さまから「北海道から送ってきた」と言って、ジャガイモのおすそ分け。
早速コロッケ制作にとりかかる、手間は同じだからたくさん作って皆にふるまおう。
以下↓

d0073646_15242182.jpg


<秋のつか野>
季節ごとに行く都城の「つか野」
器がいつも凝っている。今日は秋の入り日を浴びている民家がモチーフ?
d0073646_15292436.jpg

by kateido2000 | 2012-10-27 15:30 | つれづれ日記

しあわせの物差し

幸せの物差しは人それぞれだし、日によっても目まぐるしく変わる。
最近のあたしの幸せは快適なお通じ。
事後顔がほにゃらら~と緩む。
ところで殿方の下半身の悩みには当店の薬「活腎」がおすすめ。難しくく言えば「臍下不仁」に効きます。
「臍下不仁」とはおへその下諸々のこと。
おへその下諸々の中には
便秘も含まれます。ほんとにいいです。もちろんほか諸々も。はい、諸々です。
by kateido2000 | 2012-10-23 03:53 | つれづれ日記

徒然つれづれ・・・・

<東京土産>
ちょっと前姫だるまが親戚さんの結婚式帰省で来店。
「これお土産、東京バナナだよ」
「え~っ?!」
「うそだよ~ん」ともらったマカロン。
これがめっちゃおいしかった。どこのだろ?ピエールエルメでも、ラデュレでもなかったぞ。
でも今まで食べた中でサイコーの味でした。姫、あれどこで買った?

<不審尋問?>
駅前交番の前で信号待ちしてた。なぜかそこにおまわりさんが。
あたしぼ~っと三日月に見とれていたら(真上を見上げてたのね、よだれたらしそうな勢いで)、
一人のおまわりさんが
おまわりさん「あのちょっとお聞きします」
私「(驚きつつ)ハイ、何ですか?」
おまわりさん「(今度は戸惑いつつ)あなたの自転車の鍵は変わっていますね」
・・・え?どう変わっている?
私「え、と~、これ暗証番号式になっています。しょっちゅう鍵なくしちゃうもんで」
おまわりさん「あ~そうですか、初めて見ました」
信号青になる。それじゃ~失礼しま~す。
おまわりさん、若くてイケメンだったからまぁいいや。

<どう書きますか?>
商売している関係上、何はともあれ領収書。
うちの屋号は「○○○堂」。
領収書の宛名を書いてもらう時、○○○のとこはカタカナだから一語づつ区切って発音して理解していただく。
問題は「堂」なの。
普通「○○○どう」って言ったら「堂」じゃない。
他に思いつく?「xxどう」って・・・。
「お堂の堂です」って言うと若い女の店員は100パーセント「はっ?」と聞き返す。
今日もTUTAYAで本買った後聞き返された。
しょうがないから「堂本くんの堂ですよ」って言うと
「あ~っ」て「堂」と書いてくれる。
「お堂の堂」でなぜ伝わらない?
あんまり「堂本くん」て言いたくないのよね。ちかごろ彼らもめっきり露出が少ないし。
「大阪の堂島の堂」はもっとだめだわね。

<あんまり聞かないでほしいの>

サービス業だからしょうがないんだとは思うけど、回りの人の質問が多くて。
どういう質問かというと、もちろん薬に関することで私にわかることだったら喜んでお答えさせていただく。
でも質問は多岐にわたり、例えば今だったら
「秋の七草って・・」「つきづきにっていう俳句の全て・・」
「よく手品のときにかかるあ音楽の題名は・・・」
「ナントカって建築士の名前って・・」
「この携帯かなが出ない」
「PCが変」
etcetc・・・・
手短にあたしに電話すればすむ、と思っているフシがある。
電話する暇があったら他に調べる方法はあるでしょ?と言いたくなるけど、この質問の数々は皆女性の方。女性に弱いのあたし。
なので私は知りうる限りのお答えをいたします。
だもんで質問はなくならないね、きっと・・・。

<ドーピング>
うちの店に数多くのスポーツ選手が見える。もちろん薬を買ってくんだけど気になるのは「ドーピング」
風邪の薬には殆どその種のものが入っているので「葛根湯」さえ飲むこともままならない。
昨夜サッカーの選手が「ユンケル」を買いにきて
「これドーピング大丈夫?」
ユンケルが大丈夫なワケ無いと思って調べたら、全ての「ユンケル」がOKでした。
それもそのはず、あの「イチロー」が
「試合の前の1本」てCMしているもんね。
わたし的には「ユンケル」って結構興奮剤とかも入っているから??だったけど、
だったら「葛根湯」も許しておあげ。
by kateido2000 | 2012-10-22 00:14 | つれづれ日記
我が家からお店まで、駅前の大通りを突っ切って自転車びゅんびゅん。
山形屋デパート前で信号待ちすることになるんだけど、ここ、しょっちゅうナンダカンダ配っていたり「募金お願いしま~す」とやってたり、「笑笑」や「サラ金」やエステなどのティッシュをもらったり、ま、色々毎日のようにやってるわけです。
今日も年配のおじさんたちが署名運動をしてる。急ぐのでかなり遠~い場所で信号待ち。でも目ざとく見つけられて署名を頼まれる。
オスプレー導入反対運動でした。
「これを許すと第九条も守れなくなる危険があります!さぁ署名を」
なんですが、あたし正直オスプレーの何たるかを知らない。ホントに危険?
それに憲法第九条も、そこまで死守しようとも思わない。
大体誰がこさえたかわかんない憲法は、そろそろ見直したほうがいいんじゃないの?とさえ思っているのね。
だから困った。なんか今「いや~、オスプレーってそこまで危険っすか?」などと言おうものなら、
「なんてコイツは無知なんだ」、憲法改正などと言ったら「頭は大丈夫か?」って言われかねない雰囲気。

だから、「あの・・、エ~ト、エ~トちょ、ちょっと考えてから来ます」などとワケのわからんこと言って
ピューって逃げてった。
いや~、イカンよ思い込みは。みんなそれぞれ何かしらポリシーつうもんがあるから、遮二無二署名活動はもう少し穏やかに行おうよさ。

税理士のS先生が「わかりやすい般若心経」の本を持てきてくださった。
「色即是空 空即是色」
先生曰く「めっちゃ面白い」そうだけど、ん~・・・・・・・。

TUTAYAで何気に借りた「関正生の世界一わかりやすい英語」のあれこれにはまっている。
Uチューブでもやってるよ。うさ子、ミフィに絶対見せてよ!!!

" target="_blank">
by kateido2000 | 2012-10-15 00:26 | つれづれ日記

まほろばを夢見て

暇すぎて、座りすぎて、椅子(よくある事務椅子、くるくる回り縦横に動くあれ)のお尻のあたるところが擦り切れて、お尻が痛い、よく見れば地肌の木が露わになってる。
思い切って新しい椅子を買うことに。
ネットで注文した。
この椅子ゴミで持ってくかな?聞いたら1メートル以内に分解したら持ってくって。
えっらいがんばって分解に成功。無事ゴミとしても認知された。
だが注文した椅子が今日現在来ない。ブツブツ・・・・・。

過日NHKの番組で<エノキタケ>を天日に干してお茶にして飲むと体脂肪が燃える、と。
あみんちゃんが試す。「飲んでみて」と私に持ってきてくれた。
「うつ・・・」
「ごめん、あみんちゃん、これよう飲まん。あたしこのまま死んでもいい・・・・」
以下↓レシピ
干しえのき5g
湯 500ml

作り方
(1)水を沸騰させた後数分置いて95度程度になるのを待つ
(2)ポットに干しエノキとお湯を入れてフタをし、なるべく95度を保ち30分待つ
(4)30分経ったら出来上がり

※干しエノキは1日5グラム!食べ過ぎない

エノキタケを取ることによって、エノキタケリノール酸は消化器から脂肪細胞に入っていく。脂肪細胞に入ると体内にあるアドレナリンが脂肪細胞に寄ってくる。脂肪細胞とアドレナリンがくっつくことによって脂肪の代謝が活発化する。そうすることのいよって内臓脂肪が減ってくる。また内臓脂肪だけではなく、皮下脂肪にも効く。
またえエノキタケに含まれるキノコキトサンは脂肪の吸収を抑える働きがある。


さだまさしの「まほろば」という歌が気になる。心に響く。こんな歌詞を作詞するさだまさしはうちの店に来たことがある。普通の人だったけど、言葉を操る作詞家といえば他に中島みゆき、谷村新司だろうかしら。

まほろば
春日山から飛火野辺り
ゆらゆらと影ばかり泥む夕暮れ
馬酔木の森の馬酔木に
たずねたずねた帰り道


題名からして「奈良」を歌ってますが、「飛火野」をあたしは知らなかった(不覚)
泥むを「なずむ」と読むのね、前後の歌詞がなかったら読めない。
馬酔木はあしびだけど、この歌の場合
「あしびの森のまよいぎに・・・」後の馬酔木は「まよいぎ」なのです・・、ふむふむ。

例えば君は待つと
黒髪に霜の降るまで
待てると云ったがそれは
まるで宛てのない手紙

素晴らしい!!

寝ぐらを捜して鳴く鹿の
後を追う黒い鳥 鐘の音ひとつ 馬酔の枝に引き結ぶ

馬酔(まよい)の枝・・・なんだそうです。うまい!

例えば此処で死ねると
叫んだ君の言葉は
必ず嘘でない
けれど必ず本当でもない


そう、そうなの!!あれは全部ホントのことだったの。でも結果がウソだっただけ。

日は昇り 日は沈み 振り向けば
何もかも移ろい去って
青丹よし平城山の空に満月


奈良の枕詞の「あおによし」は「青丹よし」と書くの?うさ子よ・・・、
「まほろば」とは、美しい日本の国土とそこに住む人々の心をたたえた古語だそうで、奈良に限ったことではないのでしょうが、奈良を歌うと、こんなにゆかしき歌が作れるんですね。
さだまさしさんはきっと古典や古語、百人一首とかに精通していらっしゃるのでしょうね。
こういう作詞は、昨今の「ゆとり教育」世代には書けないでしょうね。

" target="_blank">
by kateido2000 | 2012-10-06 20:56 | つれづれ日記