好きな本、好きな映画、おもろい人々、泣かずに遊ぼ!


by kateido2000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

<ライフ・オブ・パイ>
「3D」って、この1本のためにある、といっても過言ではありません。「アバター」も「アリス」その他色々3D鑑賞しましたが、3Dじゃなくっても・・・、の感想を持ち500円余分に払ったのが悔しいって思ったことも。
本作は3Dがオススメ!!
どう猛なトラと一緒に救命ボートで大海原を漂流することになった16歳の少年のサバイバルを描く。
一緒に漂流するのはトラだけではありません。シマウマとハイエナも同船なのです。
ハイエナもかなりおっかないけど、トラの怖さったら!!
3Dの効果が如何なく発揮され、一人で見に行っているのに「お~っ!(恐怖の)」と叫んでしまったあたし。
3Dは恐怖の効果だけじゃなく、様々な顔を見せる(荒々しいのや凪)海を少年の目線から観せてくれます。
そりゃもう、すご~く幻想的。立体水族館みたい。
なんせ大海原を227日もの長い間をトラと過ごすわけだから、イルカだの鯨だの、トビウオだのが画面いっぱいに映しだされます。
食料が尽きそうになったとき、トビウオがピョンピョン船の中に飛び込んできたりします。
子供から大人までこの映画は観るべき映画だと思います。
命を教えてくれる映画。お・す・す・め!
d0073646_22113426.jpg



<テッド>
最悪な映画でした。途中で席をたつ観客を始めて見ました。私も席を立って帰りたかったけど、ナイトショーで、もうバスも無い(イオンモール内のシネコン)し、眠ってもラストまで居てやろう、と席は立ちませんでしたが、本当に途中寝ちゃいました。
「命が宿ったテディベアのテッドと自立しきれていない中年男のコンビが巻き起こす騒動」
とありましたけど、下品の極み。全く笑えない。R指定ってこんな小学生並み(それ以)のバカバカしい、
セリフを借りて言えば「クソの役にも立たない」映画を作っていいってことじゃない!!それ専門の映画館で上映しろ!って話しです。時間とお金を無駄にしたけど、ま、見なきゃわかんないしね。
d0073646_22195471.jpg

by kateido2000 | 2013-01-28 22:20 | 好きな本好きな映画

低温やけど

一昨日、Mのママが足の踝(くるぶし)が痛い、と来店。
見せてね。あららこれって火傷ですけど~。
「うんにゃ、火傷なんかした覚えない」
でも火傷だけど、しかも低温火傷と私は診断。
「だとするとなかなか治らないよ。いくらうちの赤ワグラスが効くっていっても、低温火傷は手ごわいの。」
でもMママは断固火傷説を拒否。
でもまぁ黄色ワグラスで消毒と治療してね、とお願いして、少し治ったら赤に変えてくださいね。

でもって今日「あのねやっぱり心配だったから皮膚科に行ったの。そうしたら低温火傷って言われた」
そうでしょ。一応行ってくれて良かったわ。

あたしの弟、小学校のときにやっぱり同んなじ場所、くるぶしを低温火傷して、未だに治らないもん。ぐじゅぐじゅしてるもん。
低温火傷って45度とか46度の「あ~暖ったかくて気持ちいい~、なんていう温度で深~く火傷する。
表皮だけじゃなくて真皮や皮下組織までジワジワ焼いて壊してくもんだから、ホンット時間(年数)がかかるんです。
ガスストーブの傍よかホットカーペットをお使いの方、充分気をつけてね。

そうそう、そのママは皮膚科の医者に
「低温火傷した覚えがないってのは、あなたが歳だということよ」ってダメ押しされたんだって。
言えないわ、あたしだったら・・・・・・。
by kateido2000 | 2013-01-26 02:29 | つれづれ日記

紙兎ロペ

息子K郎も娘うさ子も「やめてよ~っ」って言うんだけど、あたしと5歳の孫とがはまっている「紙兎ロペ」
言葉が「ちょ~」とか「やばくね?」とか使うからなんだけど、
今週見に行こうと思っている映画「テッド」もテディイベアがめっちゃガサツな言葉喋りだすという設定、なんとR指定の映画になっちゃっているの。R指定まではいかないから「紙兎」
葛飾に住んでいる兎とリス。リス、本当にがら悪い。
でも面白いんですけど~。だめ?うさ子・・・・・。





うさ子用のめっけたんだけど、あたしってどんだけ暇?

by kateido2000 | 2013-01-23 21:10 | 好きな本好きな映画
<夜明け前>

例えば川端康成の「雪国」は
「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」・・・で、
「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかく人の世は住みにくい。」・・・は夏目漱石の「草枕」

・・・で、私はこの2冊をどちらも読んではいない。ついでにいうと
「吾輩は猫である」だってちゃんとは読んでいない。

であるから、「木曾路はすべて山の中である。」で始まる島崎藤村の「夜明け前」だって、もちろん読んでいないのであります。なのに何故冒頭の一文が頭の中に入っているかというと、ただこれは受験や試験のために覚えたにすぎません。
そしてそれらの書物を読み返そうという気にも全くならないまま現在に至る、です。

それでも「橋本治」は読むわけで、彼の近著によると、彼は入院生活を余儀なくされ、この際と「夜明け前」を読みふぃけったんだそうです。
以下↓彼の文。

「尊王攘夷」という言葉は四文字熟語化してしまうが、なぜ「尊皇Lと「攘夷」が一体化していなけれぱならないのかということが、まともに問われることもない。結局は「尊皇開国」というところで日本の近代はやって来るが、そうなる前の時に「尊皇で、開国つていうのはどうだろう?」なんてことを言ったら、「天誅!」と叫ぱれて刃が降って来る。そもまず、「尊皇Lというあり方が分からない。開国派の将軍の側近が「私は尊皇ですよ」と言ったって、「嘘つけ!」の声が飛んで来て、駕籠に刀が突っ込まれる。将軍というものが天皇の朝廷から任命されるものである以上、将軍を擁するものが「尊呈」の態度を取らざるをえないのは当たり前なのだが、体制は幕府を嫌って『我こそ尊皇!」の名乗りを上げる人間達からすれぱ、将軍を擁する者が「尊王]と言うのは、欺鴎的もいいところになってしまう。どこかに重大な「ボタンの掛け違い」はあるのだけれど、誰もそれに気がつかないのか、問題にしょうとする気がないのか、ただ騒々しく、流れる方向にだけ流れて行く。問菌は、その「流れる方向」がどこなのかということだが、その落ち着き方は、「1.まず流される。2.その逆に流れる.3.最初の流れの方向に戻るように見えて戻らず、新しい流れのようなものが出来る・4.その他いろいろあって、とどのつまり、なんとなく決定的な流れが出来てしまう」
「距離を置いてみると、幕末は騒々しいだけで、実りがあるんだかないんだか分からない。そもそも、日本人に議論なんか向かないんじゃないのか?」と思う。『夜明け前』を読みながら、「幕末って、騒々しいだけのドタバタ劇じゃないか」と思い直す私は、四十年ぱかり前の学生時代の騒々しさを思い、「政権交代後」の民主党政権の騒々しさを思う。「どうしたらいいのか分からない」という点でうろたえまくる民主党は、崩壊聞近の徳川幕町みたいだが、そんな比喩を持ち出したって意味はない。中心から遠く離れたところにいる青山半藏を主人公にした『夜明け前』は、「日本人に議論は向いているのか?そもそも人類に議論が向いているのかどうか、よく分からないぞ」と考えさせるような小説ではあります。


イマイチ「尊王」だの「攘夷」だのが理解できないでいた私。目からウロコの1冊。
橋本治はゲイだとカミングアウト(このアウトって差別じゃね?)したけど、ゲイの人って本当に頭がいいよね。
橋本治は芸者置屋だかなんだかの息子で、なんだか東大に入っちゃったという人で、卒論は「鶴屋南北」
鶴屋南北ってあの「東海道四谷怪談の作者ですよね。


それからこれはメッチャ有名な話しで(四十年ばかり前の学生時代の騒々しさと書いている)、橋本が東大在学中の昭和43年、まさに東大紛争が
ピークに達しようとしたときの駒場祭ポスターに打ったコピーが↓であります。
「とめてくれるな おっかさん 背中のいちょうが 泣いている 男東大どこへ行く」
で、そのイラストを描いたのが横尾忠則でした。
両名とも二十歳そこそこの若さで、凄い才能と才能がぶつかったものです。
この当時の東京大学はこういう知性で満ち溢れていたような気がします。ま、入試が中止にはなったけど。
d0073646_19504231.gif


ところで橋本治に触発されて「夜明け前」読んでみようかと・・・。う~ん、「夜明け前」、第4巻まであるぞ・・。
d0073646_2012511.jpg

by kateido2000 | 2013-01-22 19:49 | 好きな本好きな映画

おいしい袋麺

週間文春に掲載される「今週のBEST10」
最終回は「袋麺」です。
息子のイチオシ「マルちゃん製麺 醤油味」が堂々の1位。↓生麺のような食感が大ヒットの要因とか。
<<1位>>
d0073646_2332693.jpg

<<2位>> 日清ラ王 醤油味
d0073646_2351862.jpg

<<3位>> サッポロ一番 麺の力 中華そば 醤油味
d0073646_2361949.jpg

<<4位>> 辛ラーメン
d0073646_237562.jpg

<<5位>> 熊本もっこすラーメン
d0073646_2374091.jpg

<<6位>> サッポロ一番 塩ラーメン
d0073646_2381380.jpg

<<7位>> うまかっちゃん
d0073646_239114.jpg

<<8位>> サッポロ一番 みそラーメン
d0073646_2393778.jpg

<<9位>> チキンラーメン
d0073646_2310494.png

<<10位>> チャルメラ しょうゆラーメン
d0073646_23104117.jpg


どうですか。このランクに納得?
by kateido2000 | 2013-01-18 23:11 | おいしっちゃが!

あれから18年

6534人の方が亡くなられた阪神淡路大震災。
もうあれから18年の月日が流れたのね。

その日朝早く母の電話で起こされた。
「あんた!テレビつけてみて!神戸がえらいことになってるよ!」
いつも大げさな母だから、渋々テレビをつけたあたしは氷ついた。
前日、16日に娘のうさ子はあたしの車で当時住んでいた神戸に向かっていたのだ。
え?え?え?ナニ、コレ?
あのこは昨日の夜カーフェリーに乗って大阪南港に向かっていった。友人のさやかとさやかの妹も一緒に。
南港はどうなっているの?あのこは海の上?
携帯がまだ普及してない時代だから、安否の確かめようがなかった。
余談だが携帯の普及は有事の際には役立ちますね。
娘と連絡が取れたのはかなり夜もふけてからだった。
南港から神戸の自宅には戻れずにさやかちゃんちに随分長い間居候していたんだよね、うさ子。

今日の「ミヤネ屋」の中で見たんだけど、
震災後美智子皇后がお見舞いに行かれて、そのとき御所で自ら摘まれたスイセンの花をお持ちになって被災者の元へ届けられた、んですって。
時の総理やどんなえらい方が見えるより被災者の方には美智子皇后の慈母の言葉がうれしかったとのコメントがあった。
そしてその後その水仙の花をドライにしてガラスの中に保存した。一番ひどかったその跡地は今公園になっていて、水仙の花がたくさん咲いています。水仙の花言葉は「希望」。
「水仙に希望をもらいました」と、彼らは話す。
良かったなぁ、まだまだかもしれないが「希望」という言葉は捨てたもんじゃぁないよね。
宮城や福島の人たちもがんばってほしい。
そうそう神戸の人たちと別れた後、見送る人々に向けて皇后は、腕を折って「ガンバ!!ガンバ!!」とずっとその動作をやってらっしゃったけど、あれって「がんばって」の手話なんですって。
涙が出ました。
あの震災は本当に他人事ではなかったので・・・。
by kateido2000 | 2013-01-17 22:00 | つれづれ日記

卵丼

d0073646_12443616.jpg

d0073646_12443675.jpg

和久傳の卵丼を食す
by kateido2000 | 2013-01-08 12:44 | 好きな本好きな映画

チョコラBB記念日

d0073646_22153413.jpg

ぴよちゃんが 初めて飲んだ固形薬 1月7日は チョコラ記念日

得意満面の顔

more
by kateido2000 | 2013-01-07 22:15 | 好きな本好きな映画