好きな本、好きな映画、おもろい人々、泣かずに遊ぼ!


by kateido2000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2013年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

発熱との因果関係

近くのお店で働くA子ちゃんが、月に1~2度、多い時は週に1度やってきて、ガス抜きしていく。
A子ちゃんは普通に良い人で、お客さんからも好かれている。
だけど私はA子ちゃんが来て、小一時間過ごして帰った後、ぐったりと疲れる。
ちょ~ネガティブな話しを1時間も聞き役にまわると、身体に変調をきたすようだ。
今回は熱発してしまった。身体が熱くなり測ってみたら39度以上になっていて、わっ!。

余談だが熱が出たら下げないことだ。高齢になって体力がない人は熱も出ない。熱が出るのはある意味元気な証拠。今回あたしはオーエスワンを数本飲んで(トイレに立つ回数は増える)、1日で熱を下げた。

1日置いて忘れ物したってまたまたA子ちゃん登場。あら不思議、また熱発。
あ~そういえば・・・・、昔むか~し、夫の実家に帰省する度熱発していた私。
私って意外とナーバスなのね。ふむふむ。。。。ってゆーか、自由気ままじゃないと生きていけないのかもしれない。
因みに自分が毒吐くのは好き。
故にあたしから吐かれた人は熱発しているかもね・・・。
毒はシンプルなのがいい。芸能人とか、同級生のアケミとかの悪口。
だがしかし、A子ちゃんのネガティブ話しの内容は、身内やうんと身近な人のことが多い。まぁそれもアリだけどね。


んで、たった今来た30歳前後の2人の男のこ。
「兄弟です。ボクが弟」もう一方が「ボクが弟」
「仲いいのね」
「小さいころはケンカばかりしてましたが、今はショッピングも一緒に行きます」
「へ~ショッピングも?じゃあ大晦日は家族そろって紅白とか見ちゃうの?」
「妹2人もいますから、それ普通にやってます」

和むね、そんなフツーが。
by kateido2000 | 2013-09-28 22:57 | つれづれ日記

流れ橋流れた

台風18号で被害を受けた京都。TVのニュースでは嵐山ばかりが取りざたされていました。
「木津川にかかる流れ橋も流されたんだよ」と娘うさ子。
流れ橋は時代劇などで頻繁に使われる、木製の橋でとっても風情がある。↓いつもはこんな感じ。
d0073646_0223257.jpg

何度となく流されているから、今ではワイヤーをくくりつけていて水が引いたあとワイヤーをたぐり寄せて橋板を元に戻すんだそうです。
見物に行きました。きれいに橋板が流されていました。
d0073646_0265018.jpg

d0073646_029224.jpg

この後すぐ近くの松花堂庭園に行ってみることに。
「松花堂弁当の発祥の地」らしいです。拝園料100円。
 d0073646_0332855.jpg
d0073646_0334534.jpg











夜はうさ子次女と2人。「晩御飯は和久傳の卵どんぶりがいい」と譲らない。
卵どんぶりはいいけどさ~、ランチならともかく夜は高いんだよね。
ま、いいか2人だから。
「卵どんぶりと桔梗(税込2625円)を」とオーダーしたら、
「桔梗はランチのみになっています」
げっ!「じ、じゃぁ、XX(名前忘れたが5250円だ~)を」
だったらさ~、表のメニューから外してくれる~ぅ!!・・・心の声・・・・
次女子はたいそう満足で完食↓
d0073646_0563628.jpg

あたしのは、和久傳、やっぱ夜はおいしいわ。
これは何?「名残り鱧と菊のお吸い物です。後、鰹と茄子の炊いたのや、お造りなどシメの御飯は3通りから選べる。松茸と湯葉の雑炊をオーダーしました。
d0073646_111412.jpgd0073646_112943.jpg











京都駅ビルの大階段は季節毎にイルミネーションが変わる。今はこんな感じ↓(真ん中ほどに人がいます)
d0073646_1142100.jpg

この後「重陽の節句」という文字が浮かび上がる仕掛け。
てっぺんまでエスカレーターで登り、お月見をする。上が欠けているけど、京都タワーとの対比がいい。
d0073646_1153487.jpg

by kateido2000 | 2013-09-27 01:17 | つれづれ日記
息子の営んでいるイタリアンレストラン「ボンターブル」のスイーツ部門は彼の嫁ちゃんが作っている。
「スイーツはS(嫁ちゃん)のほうが断然おいしいとよね~」だそうです。
先日つまみ食いした「無花果のタルト」が本当においしい。
息子に言ったら、「4分の一カットして食べていいよ」と言われ、らっきー!!
d0073646_20164349.jpg


その嫁ちゃんが「栗の渋皮煮」を大量に作って「冷凍庫に入れさせて」と持ってきた。
つい先に「栗ご飯」の差し入れも。
あたしも挑戦したけど、栗の鬼皮むくのが大変で断念したのだ。
「くりくり坊主という栗剥き器があるよ」
「ん~・・、でも出来上がりをちょうだい」
d0073646_2020827.jpg

by kateido2000 | 2013-09-22 14:11 | おいしっちゃが!
知り合いに、若くして管理職になった女性がいる。最近、タクシーの運転手さんに厳しく叱られたと言う。それも別々の運転手さんに同じ理由で立て続けに、である。「ここまで叱られると、自分の性格が間違っているのかもしれないと思って」
年末には忘年会、年始には新年会と、冬の夜は連日「飲み会」がある。「飲み会」は職場の行事だし、管理職である以上、欠席するわけにはいかない。
「飲み会」はいつも終電がなくなる頃まで続く。その管理職はタクシーに部下を乗せて順番に自宅まで送り、最後に自分の家に戻るということをする。それを十回以上繰り返してきた。
管理職は女性だが、部下は全員男性である。前後不覚に酔っている男性たちを、ほとんだ酔っていなぃ上司が送っていくと、最後には部下と二人きりになる。
するとどんな男性でも彼女の身体を触ってくる。そして耳元で同じことを囁く。彼女の私生活への賢問である。家の近くに夕クシーが停車しても、部下は車から降りようとはせず、しつこく絡まりついてくる。
上司は部下を宥めたりすかしたりして、車からやっと降りてもらう。その時点で彼女は疲れきっている。
タクシーは彼女の自宅に向けてUターンする。運転手さんが叱りだすのはその時である。
「お客さん。なんでもっとちゃんと怒らないんですか!私がドアを開けた時に、男をドアから突き落とせぱよかったんだ。あんなに穏やか相手をしていたら、男はいつまでたっても止めないよ。お客さんには弱みにつけこまれところがある。銀座のホステスさんはもっと毅然としてるよ。これはセクハラだと怒鳴りつけないと男は目が覚めないんだ。なんでお客さんはそんなに性格が弱いんです?」
朝になると、部下から半泣きの声で長い言い訳の留守電が入っている。が、職場に行くと、いつも何もなかったような頗で対応してきた。
そういうことをする男性は普段は実におとなしく、仕事がとてもよくできる人物であるという。
その場にいる第三者、しかも男性が「これはセクハラだ」と言い、加害者も[セクハラをしてしまった]と侘びている。
叱責を四人の連転手さんからされてから、彼女は自分の性格について分析を始めた。「やめてください」と言えないのは上司であるせいだろうか。
一人の女性と二人の男性がいると、男性は女性を巡る他の男性のルール違反にとても敏惑になる。
男性運転手は立場上沈黙しながら、男性客をちゃんと監視している。
タクシーは女性にとって密室ではなく、教室であるのかもしれない。


アラサー女子とのおしゃべり中に私も暗澹とした気持ちになる。きちんとキャリアを積んでいこうと、志しのある女子に対してほどそういう気持ちになってく。
男はバカだ、といってしまえば簡単だけど、でもそれでも配偶者は見つけたい。それはゴビの砂漠みたいなとこから、あるかないかわからないいくばくかの砂金をさがすようなもんだ。
うっとりするようなダイアモンドはもうとっくに買い手がついてて、市場に出回っていないし、出回ってもどうゲットしていいかわからない。
ここまでくると、怖い話しだが「精子バンク」の提供が日本でも合法化されていくのかもしれない。
チョイスできるしね。顔よし、頭よし、性格よし。う~ん・・・・。
by kateido2000 | 2013-09-21 19:57 | 好きな本好きな映画

中秋の名月

昨日は十五夜でした。
スナックのママのAちゃんが
「今年は『仲秋の名月』だけど、毎年『仲秋の名月』があるわけではないんだって」
という。
お月見団子を少しおすそ分けしながらのおしゃべり。
だけど、
「仲秋の名月」が毎年ない、ってどーゆーこと?
因みに「仲秋」と「中秋」の違い↓
仲秋…《秋の三ヶ月(七・八・九)の中の意》陰暦八月の別称。なかのあき。
中秋…陰暦八月十五日。

・・・なのだから、毎年正月が来るように当然中秋も仲秋もやって来る。

ただ月の満ち欠けの周期の誤差で、来年の中秋の名月の日(陰暦八月十五日・・・つまり十五夜)には満月ではないのだそう。次回中秋と満月が重なるのはなんと、2021年だそうです。
d0073646_1521481.jpg

by kateido2000 | 2013-09-21 01:52 | つれづれ日記

ジュース屋さん

パチンコ屋さんと「東京庵蕎麦」などのはざまにこじゃれたジュース屋さんができました。
デパ地下などにあるあのフレッシュジュースね。
とりあえず行ってスムージーをテークアウト。
中を見せていただきました。
因みにノーゲストだった。
奥~のドアを開ければデッキがあって、あっちこっちのネオンが見えない仕掛け。
フーゾクもあるんだけど、それも見えない。
感じのいいスタッフの皆さん。パインのスムージーは420円でした。

d0073646_149533.jpgd0073646_150720.jpg
by kateido2000 | 2013-09-19 01:53 | おいしっちゃが!

天麩羅の江戸っ子 

うさこへ
心配していたようだけど、たっちゃん(店主)元気に天麩羅あげていたよ。
Tシャツの背中には相変わらず「ひたすら耐えております」の文字が・・・。
d0073646_22555919.jpg


ハエ(ハヤともウグイとも呼ばれて、漢字で鮠, 鯈, 芳養と書くみたい)の南蛮漬けが今日はあったから注文したんだけど、
「あれ?これってたっちゃんが釣ってきたの?」<そこまで元気になったのか?>
「うんにゃ、今は息子が釣ってくるとよ」
「へ~、よっ!二代目!!」
「じゃけんど、場所も教えたとん俺の半分も釣って来ん」
「ゼータク言っちゃいかんぞよ。釣ってきてくれるだけでありがたいよ」
ハエの南蛮漬けは多分宮崎ではここでしか食べられないと思う。本当においしい。
d0073646_22554370.jpg

by kateido2000 | 2013-09-17 23:11 | おいしっちゃが!
うさ子へ
「成田離婚」って、旅先で意見(その他)が合わないで即離婚、だけじゃぁなくって
「出国時成田離婚」てのがあるらしい。
女性から見て男性に「行動力」と決断力」がないことがその理由である。

出国手続きができない。外貨と円の交換ができない。税関が通れない。英会話が妻ほどできない。機内食をフィッシュにするかビーフにするかも妻を気遣ってか自分では決められない。

ところで「成田離婚」というフレーズはもう今は言わないね。
近頃の婚前男女は、結婚前に一度や二度は旅行を経験しているでしょうから、その時にもう「ああ、こいつとはムリ」とわかっちゃうから、速攻解散。
結婚前になんでも済ませちゃうから結婚率はどんどん下がる。

「成田離婚」にさえ到らない現在、やっぱり少子化に歯止めはかからないね。
by kateido2000 | 2013-09-14 10:10 | 好きな本好きな映画

オリンピック招致

そんなに嬉しいことか?東京オリンピック。
ま、そこは人それぞれだから置いとくとしても、ナニ?「お・も・て・な・し・」
おもてなし、されたことはあっても、決してやったことはないであろう、したり顔滝クリの口から聞きたくない!とイラついたのは、私だけ?
by kateido2000 | 2013-09-13 18:03 | つれづれ日記
うさ子へ
タイトルの「醤油と薔薇の日々」の持つ意味はメタファー。何のかといえば。。。読んでくれ。
ざっくり言うと、薔薇はハレ、醤油はケ。ハレとケ。飴とムチ?


少子化の隠れた原因として九〇年代の安田成芙のCM、そしてニO〇〇年代における檀れいの「金麦」のCMがあるということが考ええ過ぎであるとは思わない。この二つのCMには共通点があり過ぎる。・・・
理想の主婦はフレアースカートを履いて、拗ねたり怒ったり・ふくれたりしなけれぱならない。『理想の主婦はこういうもの」と、夫の視線で教えられると、主婦になっても自分との闘いは続くのかと暗澹たる想いいになるな女性も多かろう。《あとがきより》


以下↓姫野カオルコが雑誌「ダ・カーポ」に書いた一文。

「はじめて、安田成美が丸大豆醤油とかいうのを買ってきて家庭料理の並ぷテーブルの前で上目づかいに『なんか(顔に)ついてる?』と無垢な(無垢を装った)表情で尋ね『へんなの・・・・・・』とクスッとはにかむCMを見たとき、私は全身に鳥肌がたち胃液が逆琉してくるのを感じた」

姫野さんは、自身の感情をかくも逆撫でしたものの正体をこう書いている。「『なんかついてる?』と尋ねる顔がすでに『よく知つている』顔なのである。家庭料理を差し出された男が『あ、かわいい。抱きしめたい』と思ったことを知りぬいた、知りぬききった顔なのである」

丸大豆醤油の「薔薇っていう字、書ける?」バージョンに対しても、姫野さんは、「『薔薇っていう字が書けることぐらいを自慢しちゃったりするお茶目さ』を知りぬいてぃる。知りぬきながら、これまた本人は無自覚である」と非難している。
別の表現では「天性の媚に対する嫌悪感、いや媚ぴないでいようと一分たりとも発想しない厚かましさに対する嫌悪感」とも言っている。


何故女があのCMを嫌うのか?!

雇用機会均等法以後の、所詮みんな一般職のやけくそ時代にあっては媚でも何でも使える武器は全部使って経済的安定を手に入れるしかないじゃないか、と、応援とはいかないまでも、平然として女たちは媚ぴる女を眺めている。女が経済と割り切っている結婚に、まだロマンチックな幻想を被せて見ているのは男だけなのだ。要するに、女たちは他の女が媚ぴる程度のことに、いまさら動じない。
安田成美が、姫野さんの逆鱗に触れたのは、女たちが居直っている「媚ぴるしか武器がないなら、女は媚ぴてでも何でも男を利用するしかない時代」という認識をおちょくられたと感じたからだと思う。
それは、媚ぴることで手に入れた結婚生活の中にあって、安田成美が「結婚してもまだ媚ぴようとしている妻」を見せたからだ。
結婚してもなお、夫への媚というサーピスが控えているなんてうんざりする。それは、喜んで家事をやるというサーピスに加えて、性愛の領域において受身でありつつその気にその気にさせてあげるという、さらに面倒臭いサービスなのである。


男女雇用機会均等法などと「絵に描いた餅」のような法律ができて女の立場が良くなったと思っている女が何人いるだろう。
だったらいっそ、明治大正の時代の「食わしてやるからついて来い」式のほうが清々しい気がする。

安田成美と壇れいのCMに共通するファッションアイテムは
きれいな色のセーターと長めのフレアースカート。
ヘアスタイルはセミロングで、飾り気の無いウエーブ(これって結構難しい)またはボブっぽいショート、決してテクノカットではだめなのですよ。
こんなんもあったぞ・・・、んぎゃ~っ!

d0073646_22241466.jpg

by kateido2000 | 2013-09-12 21:02 | 好きな本好きな映画