好きな本、好きな映画、おもろい人々、泣かずに遊ぼ!


by kateido2000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
古い金庫を整理していたら、私の祖父母のツーッショット写真が出てきた。
祖母は日本髪を結っている。
d0073646_23113971.jpg

息子K郎も娘うさ子も私の祖母については良く見知っていた。私の母を「おばあちゃん」と呼び、祖母を「大きいおばあちゃん」と呼び、祖母にあたる私の母より曾祖母の「大きいおばあちゃん」に面倒を見てもらっていた。
ところで私の祖母は鳥取県米子の出身で、祖父は宮崎の田野出身(多分)。
K郎が
「何で米子の大きいおばあちゃんと宮崎の人が出会ったんやろ」
私も今さら考えると不思議だが、今まであまり気にとめなかった。
小さいころからそう言われてたから、それはそうなんだ、と。
でも、そうだね~、なんでやろ?
大阪に住むおしゃれで、ちょ~インテリな母方の叔父(92歳)に聞いてみた。
かいつまんで言うと祖父はたまたま転勤で宮崎裁判所で裁判長をやっていた、ニシノという人に認められ、子供のいなかったニシノ氏が兄弟の多い(多分)祖父を養子にしようとした。
ニシノ氏は何でも米子藩の中老(家老の次だって)という名門で、祖父はニシノ氏に大学(今の明治大学)まで行かせてもらい、米子に帰り会計士をしていた。。
そこに乳母日傘のお嬢様の祖母がどうも祖父に惚れたんだってさ。
で、おじいちゃんはおばあちゃんの家に養子として入り婿になった。
察するに「どこの馬の骨ともわからん者に嫁には出せん」とゆうこと?
叔父が生きているうちに詳しい経緯を尋ねておかなきゃ。
↓の写真は
大正十二年三月四日 撮影
山陰米子  長谷川寫眞舘 
江藤様(祖父の旧姓だが字が間違っている。正しくは衛藤) 三葉 二円五十銭
今は米子市だが、昔は山陰米子で通っていたらしい。

#IMAGE|d0073646_23272857.jpg|201403/07/46/|left|150|200#]
d0073646_2327413.jpg
# by kateido2000 | 2014-03-08 00:50 | つれづれ日記

友の死

一つ年下の友が死んだ。彼女にとって私は晩年に出来た友ということになる。
電話が好きなひとで、頻繁にかかってくる電話をうざい、と思ったことも正直あった。
その彼女から毎年年末に送ってくる大小のお餅が届いた際、「ありがとう」の電話で話したのが最後の会話になった。
お礼に黒豆を送ったのに電話もメールも来ないことに、強い不安を感じていた。
1月の半ばに彼女の夢を見た。気になって気になって今までこちらからあんまりした事のない電話をしつこくやった。夢を見たこともメールした。
そうしたら1通だけメールが来た。「ただ今電話に出られません。後ほどこちらから連絡します」
私は不安でしかたがなかったが、「忙しいんだよね。待ってるねからね」と又返事を返して、彼女からの連絡を待っていた。
うちの息子と彼女の息子が友人だから、息子に頼んで近況を尋ねてもらったが、「大丈夫」よのことなのでそれ以上はしようがなかった。
それから2週間ほど後に息子から「Iさん亡くなったって」と電話があった。
それだけが心配で心配でしかたがなかった私は言葉もなく涙を流すだけだった。
家族でもない人の死でこんなに泣いたことははじめてだった。
「あなたにありがとうって伝えてほしいって」息子が言った。
その言葉にまた泣いた。「ありがとう」は私が彼女に言うべき言葉だった。

この年で友の死はこたえる。会わなくてもいいから、遠くでいいから、ただ元気でいてほしい。
わがままな私に友の数は少ない。私が友と思っているだけで、相手は思っていないかもしれない。それでもあえて言っておく。
洋子、姫だるま、りん子、連絡なんかどうでもいい。元気でいれさえくれれば。
# by kateido2000 | 2014-02-26 22:35 | つれづれ日記

子宝相談

不妊治療を続けても妊娠しない、という方々がうちの店にお見えになる。
イマの医学でも妊娠できない人でも、一縷の望みを抱いて来店される。数年前に相談に見えたHさん夫婦。
服薬相談にのって生活習慣にまで言及して半年後懐妊された。
そして可愛い女のこが産まれました。
それからまた3年後、第二子が欲しいと来店。もう40歳過ぎているのでちょっとどうかなと危惧もあったけど、とりあえずまた頑張ることに。
薬を買いに4回ほど来店されて、5回目はお見えにならない。無理だったかな~、といつも気にかかっていたら今夜ご主人のほうが子供の風邪薬を買いにみえた。
「2人目がもう一つになります。ここの風邪薬が効くので来ました」
1人目のときもそうだったけど、2人目もそうなのね。
妊娠した途端お見えにならない。なんとなく電話もかけづらい。
それでもほっと安心しました。
ホノミの漢方薬は本当によく効いてくれる。
不妊でお悩みの方はご一報くださいねっ。
# by kateido2000 | 2014-01-21 03:23 | つれづれ日記
「週刊現代」と「週刊ポスト」を総括して、上記のお題で批判記事を載っけた「週刊文春」ではあります。
メクソ、ハナクソとかトメがフを笑うとかのそしりなぞヘとも思わず。
でもホント気持ち悪い。文春記事によると、そのタイトルは・・・↓
「死ぬまでセックス」
「70歳を過ぎたらクスリを使って仁王立ち」
「まだできるもっとできる」
「60歳まだまだ現役」
もう!ホンット困るよね、こんなアホな記事。
こんな週刊誌読んだオヤジの一部が我が店にかけつけてくる。
入店するなり
「タツのっ!!くれっ」
なんじゃそりゃ!?マッタク、ミもフタもない。
こういうわたしですが、ちゃんとした身の下相談はいつでも受け付けます。
ただ日々店頭に立っていて思うのは
「そんなにやりたいか???」なのであります。タツ、タタないがそんなに大事か!?
大事みたいですね、それがさ。
女にはわからない事です。
またまた・・・好きなくせに・・・と、どうしても女を同じ土俵にあげたがります。
「古女房なんか前にするとぜんっぜんダメ」というおやじさん多数、あなたの奥様があなたにもうぜんっぜんダメなんだけどね~。

そんなオヤジたちには小倉千加子の「セックス神話解体新書」を読んでほしい。
男女の性愛は最終的にはスキンシップ(赤ちゃんが母親に抱かれるイメージ※男女とも)にいくという。


ところで、うちのビルに限らずビル内での立ち小便には手を焼いている。道路ならまだしもビルの中でオシッコなんて、ホンット男というヤツは。
で、こないだ衝撃のソレを目撃した。
3階の踊り場で男が小便しだしたと思ったら、そのままひっくり返って寝ながらおしっこしてる。当然自分も服も己の小便まみれ。30代後半の普通の男。
栴檀は双葉より芳し・・・・・じゃねぇな。オヤジは1日にして成らず・・・これも違うわ。
ま、若けりゃいいってもんでもないです。バカばっか。
# by kateido2000 | 2014-01-15 02:38 | つれづれ日記

環ちゃんの日本髪

環ちゃんは夜は「スナック環」、お昼はレストラン「風の庵」を全力でやってのけている、スーパーウーマン。
誰かにやらせているんじゃなく、ご自分が2つのお店を切り盛りしているからスゴい!
そんな彼女がお正月バージョンで現れた。夜は毎日和装、お昼はおさげ髪ですが、お正月はコレ↓!
d0073646_1445984.jpg
d0073646_1451058.jpg

うんと抜いた襟が、う~ん色っぽいネッ!!
# by kateido2000 | 2014-01-14 01:45 | つれづれ日記

宮崎ラブっ♪

諸般の事情で元日から福岡に2泊した。家族4人で、宮崎から福岡までのフライト。
空港から博多まで3駅で、できたばかりの阪急デパートへ到着。
狙いは「ディンタイフォン」という舌かみそうな名前の中華屋さんの小龍包。
ウマイっす、小龍包もうまいが、ナンタラ汁そばもめちゃウマイ。
d0073646_2124289.jpgd0073646_2124183.jpg















ところで、元日からやっている阪急デパート。どんげや!?なんでこんげ人がおっと?正月やじ、家におらんね、家に!も、阿鼻叫喚。しっちゃかめっちゃか。売り場は行列行列、喫茶店も行列。エスカレーター、エレベーター、人ぎっしり。

チェックイン出来る時間になったから、タクシーでホテルに向かう。
今回の宿泊先は、巡り巡って「ヒルトン」の傘下におさまった、「シーホークヒルトン」
ホテルのフロントまで行って、私ら家族、ぎょぎょぎょ、いやじぇじぇじぇじぇと大仰天!!
かなり広~いフロントは、百人ではきかないチェックインを待つ、長~い行列(4~5列だよ!)が出来ていた。
「なんじゃ!こりゃ!」
国内のあちこちのホテルを利用する私だが、こんな異様な光景は見たことがない。
何でも、あの関ジャニナンタラのライブが向かいの福岡ドームであるらしいのだ。
えっ?えっ?えっ?それでこれ?
でもってこの現象は今回の関ジャニのメーワクの前哨戦みたいなもんでした。
東京ドームを皮切りに、五大ドームをじゅんぐり回るツアーなんですって。
数万人の人がこの関ジャニを追いかけて、大移動しているみたい。
おかげで福岡の交通はドームの回りは完全にマヒ。
ホテルはどこも満員。ものすごい経済効果があるらしいのです。

ところでヒルトンですが、私以前は大阪ヒルトンによく宿泊していたもんで、「ヒルトンオーナーズ」というカードを持っているんですね。これは無料で作れるから持っておくと便利・・・、いらんか。でも今回は役立ったわ~。オーナーズ専用のチェックインカウンターは誰もいなくて、サクサクお部屋入り。バイキング朝食の場所も一段高い見晴らしの良い場所でした。
29階のお部屋から見下ろしたドーム。すっげ~人。ドームの回りを整然と並んでいる。

タクシーの運転手が
「今日載せたお客さんは、北海道と四国でした。最後の大阪ドームに行く相談をどちらもしてました。」
「12月は嵐が来たんですが、そん時はこんなもんじゃなかったですよ」
たまたま息子の店に見えた、福岡のお客様。ジャニーズが来たら「家から出ない」そうです。

次の日は「エルボラーチョ」というメキシコ料理のお店に。タコスを初めて食す。
d0073646_21373315.jpg


帰路につく機内で、息子と語り合う。
「福岡は都会やね~」「うん、やっぱ正月は宮崎やね~」

あくる日、山形屋デパートに買い物に行く。あ~、山形屋はいいっ!!宮崎はいいっ!!
しみじみ宮崎の良さとジャニーズの凄さをを実感したお正月ではありました。
# by kateido2000 | 2014-01-09 21:40 | つれづれ日記

クウ、ネル、アソブ♪

今年の正月は家族の希望で、ビーフシチューと黒豆だけこさえれば良いそうで、jijiと都城のJAアトムまですね肉を買いに走ってもらう。もちろんついでに大大大のお気に入り「つか野」で、いざランチ。
 d0073646_251830.jpg     おたふくの蓋を開けるとこうなります→d0073646_262472.jpg












牡蠣の土手焼きが美味すぎ!て、「これって、お味噌に味醂とお酒とを加えるんですよね」と、オーナーにダメ元で尋ねてみたら、「長いお付き合いですから、お教えしましょう」と、秘伝の味噌だれのつくり方を習った。あっと言う物が入っていたが、「し~っ」と人差し指を口に持ってったので、ここでは控えます。
d0073646_293487.jpg



ここんとこ我が家では冬恒例の「うどんすき」が週一で食卓にのぼる。(のけぞる位鰹節使って、まっ黄色になるくらい柚をまく例の鍋です)
ボンターブルのバイトの男の子にも温かい鍋は好評です。
d0073646_2171760.jpg


先週久しぶりに行った「石見うどん」
ここの魚鮨はめっちゃ私の好み。京都「いづう」の鯖鮨よりもわたし的には断然美味しい。薄い魚がたいそう良い。
d0073646_222544.jpg

東京のY子が帰省。
日曜日にちょっとカクテルでも、とうちのビルの3階の「ビオトープ」へ。
季節のカクテルがおいしいです。
d0073646_223399.jpg

# by kateido2000 | 2013-12-15 02:23 | おいしっちゃが!

かぐや姫

同じジブリでも、宮崎駿のほうは苦手で、高畑勲は「ホーホケキョ となりの山田くん」からフアンになってました。
んで、「かぐや姫」なんんですが、「ホーホケキョ・・」の時と同じで、パステルカラーの靄がかかったような背景が綺麗。
竹林や桜の描写に癒されます。

物語は意外や意外。
「やっぱり男はアホや!!」という話しでした。
5人の求婚者に
・龍の頸の玉
・仏の御石
・鉢蓬莱玉の枝
・火鼠の皮衣
・燕の子安貝
以上↑の品物をかぐや姫から強要したわけじゃなく(私が知っている限り、かぐや姫のほうから要求したってなってます)5人の男たちが己からそれらの品々を引き合いにかぐや姫を称えるのです。
なので、姫が「ではその品物を持参された方の元へ参ります」ということになるのです。

ここで重要な役割を果たすのが竹取の翁。今は昔、っても千年も前から変わってないのよ、ジェンダーの壁。
女は出来うる限り、高貴(金持ってんど~、地位持ってんど~)な男に迎えてもらうのがサイコーの幸せ、と信じて疑わず、どんどんかぐや姫を追い詰めていく。
そして最後には「帝」がかぐや姫を、あろうことか襲いかかるの。
もうかぐや姫、「いや~~~~~~っっ!!!!」と、翁に
「どうしてもというなら、帝の元に行きます。そしてその後私は死にます」と、涙で訴えるの。
それを月の神様?は聞き逃さず、「撤収じゃ~」と有無を言わさず、月に連れ帰ります。
翁がアホなばっかりに、男たちがバカなばっかりに、身も心も輝く「かぐや姫」は、天の羽衣を纏った瞬間、地球の諸々を一切忘れて、月に旅立ちます。
このようなお話ですが、やっぱり映画館で観てほしい作品です。なんたって、きれい~。。。。。
d0073646_0174614.jpg

# by kateido2000 | 2013-12-11 00:17 | 好きな本好きな映画

ダンロップトーナメント

また今年もこの季節がやって来た。
毎年当たり前みたいに平塚哲ちゃんや、矢野東くんなどのプロゴルファーが試合に挑んで勝ったり負けたり(あんまし知らない)して帰参するみたいで、そんな中毎年やって来て、バカ言っていく小山内プロは、予選日の前日「オレ明日帰るから」と挨拶に来た。
スポーツオンチの私には何故彼が予選にも出場しないで帰ってしまうのかわからない。
あのね~、と彼は言う。
「ダンロップトーナメントの予選に出場するためには、×××があって、オレは今年はダメで、だから帰るのよ」
「え?じゃあ来年また来てね」
「来年も来れない」
「え?なんで?」
「シード権がないから」
なんでも来年なんかで優勝しなければ、フェニックスの試合の予選すら出られないって。
「じゃ、来年優勝してよ」
・・・ん~・・。
彼は複雑な顔で帰っていった。
今回は多分哲ちゃんも矢野東くんも首位には届いてないみたい。
あたしは皆のおかんの心境でテレビは見られない。
d0073646_2463418.jpg

# by kateido2000 | 2013-11-26 02:46 | つれづれ日記

和久傳のおせち

尾崎牛の尾崎さんがお見えに。
いつものように「牛(ぎゅう)トーク」で盛り上がる。
「ところでね、今度和久傳とコラボっておせちを販売するよ」
和久傳!?一体ナンボのおせちが出来るんじゃ??
「ごじゅうにまんごせんえん」
へっ!ご、525000円!!!
「五段でね、一段は尾崎牛の最上牛。写真見る?」
d0073646_17203423.jpg

内容は
【商品紹介】
■内容:
[和の重]間人蟹、白髪海老(伊勢海老)、黒鮑旨煮、河豚煮こごり、車海老艶煮など51品[鍋]尾崎牛サーロイン、玄米餅、アワビ茸、キヌガサ茸、金針菜、巻き湯葉など11品


もう注文が殺到しているんですって。確かに「和久傳」の卵丼は孫ちゃんの大好物で、多分彼女の中では
「キング オブ 卵丼」ですけどね。
五十二万万千円ね~!!
# by kateido2000 | 2013-11-16 17:25 | つれづれ日記