好きな本、好きな映画、おもろい人々、泣かずに遊ぼ!


by kateido2000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

恋せども、愛せども   by唯川恵

羽田空港のゲート前で選んだ1冊。フライト中に読み出し、止まらなくなる。かなり長いので買うときに躊躇ったんだが、他になかったのでしょうがない。唯川恵の小説に出てくる女たちは皆一様に強いが、どこか抜けている、みたいなキャラが多い。「恋せども・・」もそんな4人の女たちが登場する。祖母、母親、姉妹。この4人は誰一人血が繋がっていない。祖母と母が小料理屋を営む地が金沢ということで、金沢の風景やその土地の人々の暮らしぶりや、金沢のおいしい物まで観た気食べた気になるのは、唯川の筆力だと思う。娘二人はまだ独身なのに、祖母と母親が結婚する、と言い出す。こんな描写があるの。
恋なんて、大人になったらしないと思っていた。けれどもそうではないと知って、雪緒はため息をつく。自分もまた性懲りもなく誰かを好きになってゆくのだろうか。・・・中略・・ひとりで生きる覚悟を持ちたい。
私は自分を「ひとり上手」と思っている。そんな自分が幸せだとも思っている。だけど一人だから幸せなんじゃない。ヒト様から「気楽でいいわね~」などと良く言われるが、(もちろん敢えて否定はしないが)それは人生をポジティブに考えるかどうかの問題で、これだったら幸せで、あ~だったら不幸という方程式などない・・・と思う。回りに結構若いコが多いんだが(それってホントはかなり幸せなことなのに)、若さを無駄にしている。若さってみ~んなムダにしてるよね~。でもいいのだ。そんなことに気づくのは、私の歳になってなのさ!若いうちは若さをムダに使いするようにできてる。
でも唯川恵の小説ってホント、読み出したら止まらなくなる~ぅ。
これってドラマ化したら面白いだろうな~、と思っていたら、何とすでにもうDVDが!祖母が岸恵子、母が壇ふみ、姉が長谷川京子、妹が京野ことみ。長谷川京子だけがミスキャストだと思う。
恋せども、愛せども   by唯川恵_d0073646_335991.jpg

恋せども、愛せども   by唯川恵_d0073646_3511256.jpg

by kateido2000 | 2008-07-26 03:36 | 好きな本好きな映画